スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きっと、また会えるから」・・・



あれから、フッと「断捨離しよう」と思い、以前の断捨離でも捨てられなかった
「過去」に関するものなど捨てまくっていました・・・

そんなある日、本棚の一か所にあった雑誌類何冊か捨てようと取り出したら
何年も前に買ったことも忘れていた一冊の本がコトンと倒れるように
目に入りました・・・

それは、「ペットたちは死後も生きている」という本・・・

その本を読んで、「また、必ずレオンくんに会える」と信じている私に
さらに、その事を確信させてくれるような内容でした・・・

私自身も「夫」もそれぞれに感じるいろいろな不思議なことがあり
レオンは肉体という服を脱ぎ、本体?に戻って「いる」のだなぁ~と
わかるのです・・・

それでも、やはり姿が見えないのはとってもさびしいです・・・

ただ、今回のことで、家族の絆をレオンが結び直してくれた気がしています・・・

レオンが大好きだった家族のみんな。

「じーちゃん(夫)」や「大きい兄ちゃん」「小さい兄ちゃん」の息子たち

そして「母」・・・

私はそれぞれから「愛と優しさ」をたくさん受け取りました・・・

この世で縁あって家族になったのだから、

これからは、みんなそれぞれを信じて仲良く生きていこうと、
改めて思いました・・・

レオンは家族みんなが仲良く楽しくしていることが大好きで、

ケンカしたり、大きな声で言い争ったりしていると、自分のお小屋の奥に
隠れて、「もう大丈夫だよ」と私が声をかけるまで出てこないような子
でしたから・・・

ホントにおりこうで優しい子でした・・・

そんなレオンがいてくれるだけで、私は最高に幸せだったんだと・・・

「幸せってなるものじゃない」

「幸せって気づくもの」だったんだね・・・

「たくさんの物やお金」を得たとしても私は「幸せを感じられる人」では
なかったんだとも気づかされました・・・

そんな私は、思い出しては涙が出てしまい、まだまだ「元気です」
とは言えませんが・・・

不思議と私の中の奥の奥?では「すべてわかっているような静かな私」が
いるようで、

なんだか二人の?私がいるみたいです・・・

そんな中、好きな手芸もちょっとやる気なくしてしまいましたが、
他にやってみようかなぁ~ってイメージしていることがあり・・・

この先、この世界にどれほどいるのかわかりませんが、

レオンくんに会える日を楽しみに生きていこうと思っています・・・

レオンのことは今回までにしたいと思っておりますが・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。


『あなたのペットは楽園に行ってじつに幸せでいるのに、あなたときたら
非常に悲しんでいる。じつを言うと、彼らはあなたが地上界で幸せにして
あげられる以上に幸せなのである。それでもあなた同様、ペットたちにも
記憶と忠実さが備わっている。だから、あなたが天国の玄関を通過した
その瞬間、彼らはあなたのもとにやってくる。いつもそうなのである。
あなたが例外になってしまうことはないのだ。・・・・・』
【ペットたちは死後も生きている ハロルド・シャープ著から】

 EVAのおすすめ

ペットたちは死後も生きている

新品価格
¥1,080から
(2016/2/7 00:40時点)



スポンサーサイト

愛のかたまり・・・



前回からのつづきになりますが、よろしければおつきあいください・・・

今日が、レオンくんの「初七日」・・・

先日、お寺でも思ったのですが、こういうことは、亡くなった方ではなく、

残された方のためのものなのだなぁ~と・・・

自分の気持ちを納得させるために・・・

そんな中で、ちょっとだけ私が納得し気持ちが上向いた出来事が
ありました・・・


まだ、レオンの「体」がいて、私は隣にお布団をひいたまま体を横たえ・・・

でも、眠れないし、食べられないし、つらくて、悲しくて、後悔ばかりして、

あの日の映像が、脳裏に浮かんで、泣いてばかりいました・・・

時には、「虹の橋」の絵本を何度もレオンに読み聞かせ(自分に言い聞かせ)
ては・・・

そして、22日のお昼すぎ・・・

レオンの横で、体を横たえていると、すこ~しだけ、ウトウトしたのか、

浅い眠りに落ちたようです・・・

眠っているのか、起きているのか、でも夢を見ているのではない・・・

そんな状態の時でした・・・

目を閉じている私のまぶたの裏?脳裏?に

何か丸い幾何学模様のようなものが、回転するように?浮かび上がってきて、

私は、意識的か、無意識的にかよくわからなかったのですが・・・

「あれっ?この模様見たことある(知ってる)・・・

フラワーオブ・・・なんとか・・・生命のなんとかだよね・・・」

と、思ったとき、薄い紫色のオーラ?丹光?のようなものがモヤモヤって、
あらわれ・・・

その中に・・・

まあるい大きな目が特徴のレオンの顔が浮かび上がりました・・・

まだ、起きているのか眠っているのかわからない状態の私は、

それでも、「あ~、レオン?レオンなのかな?・・・」
と、思いながらも、「?」となっていると・・・

レオンの正面の顔、横顔、体全体の姿が浮かび上がりました・・・

そんな姿を見た私は納得したのですね・・・

「レオンは私の中にいるのだ」と・・・

それは、レオンくんも含めて、すべての物が私の中にある・・・

つまり、自分の中にあるものがすべて外側に映しだされているのだと・・・

そんなことを、夢ではなく、半覚醒状態で納得しているのですね・・・

その後、すぐに目がハッキリ覚め、

私はすぐにパソコンを開き、「フラワーオブ・・・なんとか」を、
探索しました・・・

すると、浮かび上がっていた幾何学模様は、

「フラワー・オブ・ライフ(生命の花=神聖幾何学模様)」だったと、
わかりました・・・

ある動画を見て、さらに納得しました・・・

そこには、『全宇宙はこの神聖なる形から創造されたのです。

これは無条件の愛の聖なる象徴です。

私たちのDNA 、RNAはこのホログラムから生まれたのです。

私たちの原子細胞構造の光粒子はこの形になっています。

つまり、私たちの中にはこの無条件の愛の種が存在していると
いうことなのです。……………』とあり、

また、他の方のブログに詳しく記事があって、

『(フラワ・オブ・ライフとは)宇宙そのもの、あらゆる森羅万象の元となる
パターンであり、

無条件の愛の象徴である神聖な形、宇宙の共通言語、光であり
真理である・・・

人間や動物、木や惑星など宇宙の万物はすべてが
この「フラワー・オブ・ライフ」から成り立っていると言われています。』
とあったのですね。

詳しくは、【FORGIVING】さんのところにあります。

まるっと、「無条件の愛」つまり「愛のかたまり」のようだったレオンは、

私の中の中に?ある「無条件の愛」の象徴、それがレオンだったのだ、

と、ものすごく納得したのですね・・・

それから、少し気持ちが上を向き、泣いてばかりいてはレオンが
心配すると思えるようになり・・・

起きて、いつもの様にリビングの机のところで、刺繍を始めました・・・

すると、しばらくして・・・

いつもそんな時レオンはソファーの背の後ろ側の奥の方に、
寝ているのですが、

起きてくる時は体をぶるぶるってふるう音がして、

私は、「レオンが起きたのだな」とわかるのですが、

その時も、いつもと同じように「ぶるぶる」っていうレオンが体をふるわせる
音が聞こえてきました・・・

私は急いでソファーの後ろ側に行きましたが、残念ながら姿を見る
ことはできませんでしたが・・・
(それでよかったのですけれどね・・・)

やはり、レオンは「体という服?」を脱いだだけで、本体は「魂的なもの」
なのでしょうね・・・

「虹の橋」にレオンが行くときは近いかもですが、

また、会えると信じて私は元気を出そうと思います・・・

レオンに会った時、「よくがんばったね」ってほめて貰いたいから・・・。

それからもレオンのおかげでたくさんの「気づき」がありました・・・

また、書きたいと思っています・・・

読んでいただきありがとうございました。


 EVAのおすすめ

虹の橋―Rainbow Bridge

新品価格
¥1,512から
(2016/1/26 20:31時点)



チャーちゃんとお別れしてきました・・・



今日は、わたくしごとで少し長くなりますが、よかったら読んで下さい・・・

先日、雪の降り積もった20日、チャーちゃんことレオンくんが、
急なことで、びっくりするくらいの展開で、この世を去ってしまいました・・・

今日、お寺でお別れしてきて、少しホッとしたので、これを書いています・・・

15歳と二ヶ月、今日で三ヶ月でした・・・

高齢なので、いろいろお薬とかは飲んでいましたが・・・

「死につながる」というわけではありませんでした・・・

前々日まで元気で、私とかくれんぼ遊びもしていました・・・



10月頃、長年お世話になっていた病院では原因がわからず「〇〇アレルギー」
とか言われて治らなかった病気も、思い切って転院したら、
原因もわかり、最近ではすっかり良くなり、抜けてきていた毛もフサフサ
生えてきて、お口周りが切れて痛かった傷も治って、「病院変えてよかった」
と、喜んでいました・・・とっても犬思いの良い先生で・・・
後から、評判のいい病院だったと知りました・・・

私は、私の「ここだ!」っていう「条件と直感」で選んでたから・・・

そして、最近では「ウンチの出づらくなる会陰ヘルニア」になっていることも
わかり、高齢だし、心臓の薬のんでるし、それに、「手術・入院」なんて
レオンがきっと、逆に命縮めてしまいそうと・・・

「食事療法」がはじまりました・・・

それからは・・・

ウンチも出るととってもごきげんで、元気で、15歳とは思えないぐらいに・・・

でも、ウンチが出なくなるということで、大好きだったオヤツも何もかも

缶詰療法食以外、食べることができなくなり・・・

ごほうびオヤツもあげられなくて、「おりこう」しても、あげられなく
我慢する姿がとっても、かわいそうでした・・・

それでも、私はレオンが元気でいてくれ、一日でも長く一緒にいたかった・・・

そんな中、19日、またウンチの出が悪く、一日中力んだ姿で、ウロウロしていて、
ごはんも食べれなくて、夜はお腹が痛いのかブルブルふるっていたので、
いつも私と一緒に寝ているので、ずーっとお腹をさすってあげていたら、
眠っていきました・・・

そして、20日朝、会社を遅刻にしてくれた「夫」とともに、病院に連れて行く
ことにしました・・・

この頃は、そんな感じでよく病院に行って、治療してもらうと、
元気になるっていうこと繰り返していました・・・

その日の朝、いつもよりはちょっと元気の無いレオンは、お出かけする時、
リードを持ってくるといつもなら喜んでぴょんぴょんするのに、

具合が悪い時の様子で、お布団の上で伏せ姿勢でいたので、

私がレオンの顔に近づくと、私の鼻のあたりを二回「ペロペロ」しました・・・

私は、その時なんか「あれっ?」って思ったのですね・・・

(後で思えば、最近老人ホームに入った母のところへ連れて行くと、
帰り際には必ず母の鼻あたりを二回ペロペロして「さよなら」してた
こと、思い出したから・・・)

それでも、リードをつけると嬉しそうにお出かけするため歩いてついてきました。

そして、病院につくと雪のためすいていて、「ラッキーだね」って、
言ってたくらい・・・

それから、いつものように治療してもらい、「ウンチつまってた」って・・・

治療が終わり、車に戻るとレオンの様子がおかしくて、あわてて戻り、

ショック症状で麻酔覚めないかもしれない覚悟の上での緊急手術となって
しまい、考える間もありませんでした・・・

それでも、レオンはがんばり、麻酔から目を覚まし、手術は成功したと、
先生も喜んでくれ、私たちは預けて帰り「夫」は会社へ行きました・・・

でも、家に戻るとしばらくして連絡があり・・・

私たちはレオンの最後に間に合いませんでした・・・

私が、タクシーで向かっている時、後10分で着くぐらいの時だったようです・・・

先生たちは、一生懸命に「心臓マッサージ」をしていてくれたけれど・・・
ダメでした・・・

開腹したら、とってもひどいことになっていたようです・・・

だから、先生は、「こんな我慢強い子みたことない」って・・・

私は、悲しくて悲しくて、泣いて泣いて、後悔して・・・

でも、どっかで「あれでよかった」かもって・・・

ウンチが出ない時のレオンは本当にかわいそうで、

大好きだったもの何一つ食べられなくなって・・・

そんな様子を見る時、「夫」は、「食べたいもの食べれず、長生きさせるのは、
かわいそうだ」って言うのですが、

私は、認めたくないし受け入れられないしで、

レオンと寝る時いつも「ずーっと、一緒だよ」とか「一日でも長く長生きしてね」
って、レオンに言ってた・・・

今思えば、私の「エゴ」なんだよね・・・

そんな19日の夜、ウンチが出なくてつらそうなレオンみて、思わず・・・

はじめてレオンの横で、「こんなままで長生きさせるのかわいそうだな~」
って、つぶやいてしまった・・・

そうして、そんな展開になってしまった・・・

それに、夜中にレオンのお腹をさすりながら、

「見守ってくださる存在の方たち(父含めて)
レオンにとって最善の方法をお願いします」って、お願いしてしまって
いたから・・・

だけど、後で思えば、不思議なストーリーを追うようなことばかりで、
たまたま、待合室で声をかけてきたダックス犬連れた女性が、

レオンに「何歳ですか?」と聞いてきて、

「15歳です」って言ったら、

「うちの子(もう一匹の子)も15歳だったけど、この間亡くなったんですよ、
(同じ心臓の薬のんでいて、11歳の時会陰ヘルニアも手術したんだとか)
お葬式は「〇〇院」で行い、すごくよかった」とか、言ってきて、

私、何で「お葬式のこと言うのかな」って思いながらも、

そのお寺の名前覚えておこうって、頭の中で連呼しているの

まだその時は、レオンが急変とかしていないのにね・・・

そして、手術中、車の中で待っていると、病院で亡くなった
他のワンちゃんのお迎えに来た飼い主さんが、
泣きながら車で、駐車場から出て行くとこ目撃し、

「夫」と「あんなのはじめて見たね。」って・・・

逆に、「夫」は「だからレオンは大丈夫だ」って言っていたんだけどね・・・


そして、レオンの最後に少しの差で間に合わなかったことも・・・

私、タクシーの中で、先生から「後どれくらいで着きますか?・・・」
の電話受けて、少し覚悟してから、レオンのもとに行けた・・・

逆に、心臓とまる瞬間にその場にいたら「耐えられなかった」

レオンの優しさだって思った

そういう子だったから・・・


ちょうど、息子(兄)の健康上のことをきっかけに、
引っ越してきた時でもあり、犬を飼うことができるようにもなり

息子(弟)が高校に入ったばかりで、いろいろうまく行かなくて、
弟が「犬飼いたい」って言って、弟がペット屋さんで速攻選んだ子でした・・・

その時、お店の人の「この子とっても優しいいい子ですよ」って言ってたことも
思い出しました・・・

それからも家族にた~くさんのいろんなことが続き・・・

そんな家族に来てくれた「守護天使」みたいな子でした・・・

問題ばかり起きる我が家に、とっても「魂的に大人な犬」だったんだと、
わかりました・・・

この頃は「夫」との仲も良好で、レオンは安心したのかも知れないし、

私が、レオンとのお別れを覚悟するような流れで、

そういえば、過去にも、普通なら即入院かもの病気(急性すい炎)したことあって
でも、毎日の通院で、

「奇跡的完治」って言われたことあったなぁ~

もっと若かった頃も、様子が変で病院へ行ったら、

血液検査ですごい数値が出て、先生が「これまちがってる?この数値で
こんな状態ありえない」とか言ってたけど、なんかその時も入院することもなく
過ぎたなぁ~

そんなこと、あんなこと乗り越えてきた子だったことも思い出しました、・・・

それに、この頃、病院にいくたび、「夫」との「〇〇円もかかった」って言う会話も
レオン聞いていたしね・・・

だから、レオンは「もうそろそろ逝ってもいいかな?」って・・・

だから、あの日の朝、私にペロペロして「さよなら」ってしてくれたんだね・・・


この数日、レオンとのことで、不思議な体験もありました・・・

長くなるので、続きはまた書きます・・・

ちなみに、今日お別れしてきたお寺は、病院で声かけてきた方の
言っていたところへ行ってきました・・・

すごく手厚く弔って頂き、私はそれからホッとして、
これを書くことできました・・・

最後まで読んでくださりありがとうございました。

「たまーに晴れたらまるもうけ~」




この頃の私はといいますと・・・

なんと、「あみぐるみ」にまで手を広めてしまいました・・・

私が大好きな手芸もの(“ホビーラホビーレ”さんのもの)、今ネットでも、

お店でも“セール真っ最中”なので・・・

「ポチッ」しまくり、連日お店にも行ってしまいました・・・

で、「キティちゃんのあみぐるみ」「くまさんのあみぐるみ」、
他にも「くまさんシリーズ」いろいろ買いまくり・・・

ウキウキ、ワクワクの日々を過ごしております・・・

「あみぐるみ」はまったくの初心者なので、「よくわからん」

なので、本やネット動画を参考にして、すっごい集中力と何度も何度も
編み直す根性?でクリアーして行く・・・

そのおかげか、「過去や未来」を行ったり来たりする「うっとうしい思考」
に、かまってなんかいられないって感じでいい感じ・・・

そんな中、先日もホビーラさんのお店に寄った帰りに、本屋さんで、
ざっと立ち読みした本の中に・・・

『スピリチュアルで、「物に執着するな」みたいなこと言われているけれど、

してもいいのだよ。

例えば、「お母さん」が欲しかった服買って、とってもごきげんになれて、

その日のおかずが豪華?で、お父さんも子どもも家族とも笑顔でハッピー』

みたいなこと(だいたいそんなようなこと)が書かれていて・・・

そこのところを読んだ私は、「おー、そうそう!そのとおり!」

と、「たくさん買いすぎてしまったかな」という「後悔と罪悪感」を、

持ちそうだったけれど、おかげで「いい気分」を続行できました・・・

そういえば、数年前の私は「ホビーラ」さんのものが欲しくても、

「(その頃の私にとっては値段が)高いなぁ~」「もったいないなぁ~」と、

買わなかった・・・ある時、どうしても何か欲しくて、
一つだけ一番欲しいものではなく、ちょっとだけ欲しい「値段の安いもの」を
買いました・・・そして・・・その後すぐに作ることもなくなんか買ってしまった事、
後悔していたこと、思い出しました・・・

それからは、あんまりお店に行かなくなりました・・・

欲しくても買ってはいけないし、「私にはもったいないから」と・・・

ようするに、「自分の存在給(価値)」が超低いって思っていたってことかな・・・

でも、今の私は欲しいなら「欲しい」と言って?、買っていますよ・・・

ただ、その代わり?以前のように、そんなに欲しくないものを「ただ安いから」
という理由だけで、いろいろ買わなくなりました・・・

そんな感じで買ったものは、着なかったり、持たなかったり、すぐいらなくなり
ムダに捨てることが多かったような・・・

そんな風に、この頃の私は「ホントに欲しいもの」を手に入れるためには、

すっごい「集中力」と「行動力」を発揮して手に入れようとしますからね~

「この世界の現実」では、まだまだ?イメージして唱えるだけでは、
手に入れることはムズカシイですからね・・・

スピリチュアルで、「この世は幻想だ、マトリックスだ、ホログラムだ」

と言われても、そうかもしれないけれど、「現実は現実」

「その現実を体験している私」っていうのがいるのも「現実」で・・・

それに、いくらスピリチュアルなこと学んでも、

日々、いろんなことが起きるのは、変わらないわけで・・・

「誰も訪れることもない無人島で一人で暮らしてる」なら、別?ですけどね・・・

そうそう、

あのとってもいい感じの三太郎シリーズの某ケータイのCM・・・

今、流れている「みんながみんな英雄編」のCMソング・・・

『雨の日もある

風の日もある

たまに晴れたらまるもうけ~』

『走って転んで寝そべって、新しい明日が待っている~

悩んでは忘れて、忘れては悩んで、明日あさって、新しい未来がやって来る~』


「生きる」ってそういうことなのかもしれないね・・・

ちなみにこの歌 「AI」さんが歌っていて

元曲はあのフォークダンスの「オクラホマミキサー」なんだって。

こんな風にテレビのCMでも、本でも他の人のブログでも、

その中のほんの一部分でも、自分に「グッときて」「ズキューン」ときたら、

「まるもうけ~」ですよね・・・。

余談ですが・・・

何十年?も前に、ほんのすこーしだけ「編み物教室」に通ったこと
思い出しました・・・

あみぐるみ編むためのかぎ針探してたら、編みかけセーターらしきもの
が出てきました・・・

が、そのおかげで?「あみぐるみ」もなんとか作ることができている?

やっぱ、「人生にムダなことはないわぁ~」な~んて思っております・・・。

 EVAのおすすめ

宇宙が教えてくれた 幸せになるお告げ

新品価格
¥1,404から
(2016/1/13 17:07時点)



好きなことして過ごしていると・・・



この頃の私はと言いますと・・・

時間があれば?ひたすら「好きなこと」に夢中になっております・・・

私の場合は・・「手芸系」ですけどね・・・

最近では・・・「クリスマスのタピストリー」「ラビットのぬいぐるみ」
「(来年の干支の)おさるのぬいぐるみ」「同じくおさるのフレーム」などなど、
作りました・・・

そして、今は「赤ずきんちゃん」と「シンデレラ」のモチーフクロスをチクチク中
です・・・

動物の顔の表情を作るときなどは、気に入るまで何度も何度もやり直し、

時にはイラッとして、投げ出したくなったりしながらも、

一つずつ少しずつ仕上げていきました・・・

メンドクサイことキライ!と言いながら、「メンドクサイこと」に夢中な私・・・

うん?なんかこの現実に「生きる」ってことに・・・似ている?みたい・・・

オモシロイね・・・

でもね・・・「好きなことに夢中」になっているとね・・・

「そのこと」に集中しているから、思考に翻弄されている時間が少なくなるし、

たまーに、思考が「シーン」としてくるような「瞑想状態」になっちゃうことも
あるしね(時々うつらうつら眠ってしまうことあるけど)・・・

私にとっての「好きなこと」っていうのは・・・

たぶん・・・「お金になるからとか」「仕事に結びつくから」とか、

そーいうことじゃあないんだね・・・

(今の)自分の波動、周波数に見合ったものが引き寄せられ?

自分の現実となるのだから・・・ね?

そんなチクチクの合間に、ちょっと夢中になって読んでいた本があります。


「22を超えてゆけ(宇宙図書館アカシック・レコードをめぐる大冒険」
という本です

この本の著者の「辻麻里子」さんが臨死体験したときの体験から
書かれているようで、ファンタジーな物語のようで、ノンフィクションのお話
のようで・・・

私が今まで得た知識や智慧も含まれているような、
新たに「へぇ~、そういうことか」と言うようなことがたくさん書かれていて・・・

ただ、不思議な事に、どこかで「知っているよーな」懐かしい記憶?のよう
でもあったり・・・

そんなこの本は「太陽の国へ」「宇宙の羅針盤 上・下」へと続きますが、

現在、絶版本のようで、手に入りづらいようです・・・

なので、私は二冊目からは図書館で借りて読み終えましたよ。

この本の中に頻繁に出てくる図形(幾何学模様)、数字のことは、
ちょっと難しかったけど・・・

これらの本の中に出てくる「22を超えてゆく」ということ・・・

zeraniumのブログ】さんのところに、本の抜粋記事ありましたよ。

私は、これらの本に書かれていること・・・

自分の目に見えるた~くさんの光の粒子

今では当たり前のように、頻繁に目にするゾロ目の数字

自分の耳に聞こえてくる生活音とは、別の領域から聞こえてくるような
超音波?のような音

そして、時々見える?幾何学模様のようなもの・・・

などの・・・光・音・図形(幾何学模様)が・・・

私にとっては、自然に受け入れられることだから・・・です。

そんな風に?

好きなことに夢中になれる時間を過ごしていると・・・

心が満たされてくるから・・・

現実は現実として受け止め、向き合いながらも・・・

「外側に」いろいろ求めなくなってくるのだなぁ~と・・・

そんなことにも気づいたこの頃の私なのであります・・・。


 EVAのおすすめ

22を超えてゆけ―宇宙図書館(アカシック・レコード)をめぐる大冒険

中古価格
¥1,729から
(2015/11/23 15:24時点)




太陽の国へ―22を超えてゆけ〈2〉

中古価格
¥1,361から
(2015/11/23 15:29時点)




宇宙の羅針盤<上> (22を超えてゆけ・3)

中古価格
¥5,180から
(2015/11/23 15:29時点)




宇宙の羅針盤<下> (22を超えてゆけ・3)

中古価格
¥2,821から
(2015/11/23 15:30時点)



プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。