スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おきてほしくないこと」を現実化させないためには・・・

illust2139_thumb.gif

強く思ったことが、潜在意識に反映し、現実に投影されるという「思考の現実化」とか
知ってしまうと、つい、「おきてほしくないこと」が頭に浮かんでしまう時、
すごくあせったりします。

「ダメだ!このままでは現実化してしまう!どうしよう!」と思考を切り替えようと
思えば思うほど、その思考がイメージ映像化されて追っかけてくる・・・

なぜか「おきてほしい未来のイメージ映像」より、「おきてほしくない未来のイメージ映像」
の方が、イメージングしやすいのは、なぜ?・・・

「ちょっと、波動アップしたかも~!いいぞ~!」と思っていると、波動が「ガッっと!」
下がるような出来事が起きたり、起きそうな気がしたり・・・

私は、そんな時、やっぱりひょっとして、この世界は「波動アップしそうな人」に、
波動が上がらないように、ネガティブエネルギーを受信させるような仕組みになっている
のではないだろうか・・・と思ったりすることがあります。

最近、ネットでもよく、そんなような情報を見かけます。

私たちが目覚めないように、「恐れ、不安」の感情を持たせ、波動を下げる・・・

私たちが目覚めてしまうと、支配、コントロールすることができなくなるかららしいです。

でも、そこのところにあまりこだわるより、どうしたら自分の思考、感情が切り替えられるか
ということに、意識を持ってきた方がいいかなっと、いくつかの助けになりそうなものを
見つけました。(いろいろなところからちょっとお借りしました。)

● アメリカの統計で、不安の8割は現実に起らない。起こった2割も8割の確率で
回避できる。

● ネガティブな思考とポジティブな思考ではポジティブな思考の方が現実化しやすい。

● この世の仕組みは、最終的にはすべてうまく行くようになっている。
(逆境をバネに成功したとか、振り返ってみれば、必要な出来事だったそのおかげで
今の自分があるとか・・・)

● 「引き寄せの法則」は心の底で認めているものが現実化する。

などなどいろいろありました。

私も、振り返ってみれば、「あの時はすごく辛かったけど、そのおかげで今の私がある」
ということが、たくさんあります!

そして、「心の底で認めているものが現実化する」

つまり、本当に本当に自分が乗り越えられないことは、ギリギリで回避されたりする
のかもしれません・・・。

そういえば、私もそんな経験をしていました・・・。

それでも、「おきてほしくないこと」の思考がグルグルしていたら・・・

「来るならこ~い!」「負けはせぬ~!」ですね~

私もこれを書いているうちに「大丈夫!絶対大丈夫!」って思えるようになりました!











 

 






関連記事
スポンサーサイト

“運命”の分かれ道・・・

illust2133_thumb.gif

(「スイッチが切り替わったような私」は“行動”も変わってきたかもしれません・・・)

目の前にいつもと同じような「あらら~またですか~」というようなことが起きる。

そんな時・・・

「さあ、どうする?」

いつもと同じような思考から、同じようなリアクションを取り、いつもと同じコースを
行くか、思い切って、未知なるコースを選んで行ってみるか・・・

それは・・・「自分次第!」ですよね。

いつもと同じコースの行き先が、相変わらずの風景であっても、同じコースを行けば、
なぜかどこかで安心している自分がいたりして・・・

そしてその時、「思考(エゴ)」さんは「いつもの通りこっちにしなよ!慣れてるほうが
安心だよ~!」とささやきかける・・・

それでついつい、慣れたコースを選んでしまう・・・。

未知なるコースに行くには、ちょっとした勇気?と踏ん切りがいるから・・・

そこで、「本体の自分」を信じ、宇宙に委(ゆだ)ねてみようと、思い切って、
「エイッ!」と未知なるコースへ一歩踏み出してみる!

すると・・・

意外な展開が待っていてくれるかもしれない・・・

それには、今まで「ギュッと!」握りしめていたものを「手放す」ことが必要かも
しれないけれど・・・

そんな私も、分かれ道に来た時、思い切って、「未知なるコース」を選んでみました。

「あ~、こういう展開もありなんだ!これでよかったのかもしれない・・・」と思い、
そして、思い切って、一歩踏み出してみた自分が、「ひとつの恐れ」を克服したような
気がして、自分を褒(ほ)めてやりたくなりました。

でもね・・・

「フッと!」思ったのですが、どんなコースを選んだとしても「なんとかなる!」のですね~

今までもずっ~と何とかなって、ここまでこれたのだと、感慨(かんがい)深くなりました。

これまで私を助けてくれた方々、多分守ってくれている見えない存在?の方々に、
本当に「感謝!感謝!」の気持ちになります!

どんな人も自分で気づいていないだけで、助けられ、守られ、たくさんの「幸運」にも、
恵まれているのかもしれませんね~

ただ、やっぱり分かれ道に来たときは「自分が行きたい道」を選んだ方がいいようですよ~


【宇宙からの手紙3】マイク・ドゥーリー著から抜粋

『常に、別の道があります。

常に、かならず。』


『人生の分かれ道にはほとんどの場合、
選択肢として二つの道があります………一方はあなたが行くべき道、
もう一方はあなたが行きたい道だとしたら。

二番目の道を行きなさい。
いつも好きな道を選びなさい。

私はそうしました。

これ以上、素晴らしいことってありますか?』
(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

宇宙からの手紙3

新品価格
¥1,785から
(2013/5/29 21:09時点)







関連記事

スイッチが切り替わったようです・・・。

illust1241_thumb.gif

私は、この3月くらいに「自分の中」で何か一区切りついたという感じがしています。

何がどうと言うより感覚的なものですが・・・。

4月は、ポッカリ空白期間だったかのように、「直感」からくるひらめきも
お休み中のような感じでした。

5月に入ってから、「自分の中のスイッチ」が切り替わったような気がしています。
(5月からエネルギーが変わったとか、色々なサイトに書いてありましたが?・・・。)

以前書いた、連休中に「おへそのあたりがムズムズする」感じがした頃からでしょうか・・・。

「目の前の同じような現実」でも、リアルっぽさが以前に比べてなくなってきているような
・・・・。

「腹が据(す)わった」というか「目の前に起きる出来事」に、今までのように、
「感情」によって、振り回されなくなったという感じがしています。

たまに、「思考(エゴ)」さんが「どうしよう!、どうする?」とか言ってきますけどね~

「ア、ハイハイ、そうですか~、心配してくれてありがとね~、ごくろうさん!」と言って
やったりしています。

そして、「今」に意識を集中していると・・・

「目の前の現実」は、よく言われているように、
「スクリーンに映しだされている映画」のようだと、ちょっとだけですが感じられるように
なりました・・・。

「今」の私が「何の悩みもない人」になったわけではなく、「その映像(現実)」に、
入り込みすぎて、感情移入し過ぎないってことでしょうか・・・。

「さあ、次はどうなる?」

「そう来たか!」って感じで見られるようになったってことかな・・・。

もう「ジタバタするのはやめた~!」ってところでしょうか・・・。

そして、「答え」を見つけようと、頭(マインド)で考えているより、
「本体の私」に委(ゆだ)ねてしまう!

「もう、お手上げです!どうすればいいか教えてくださ~い!」と
時々、「私」が「私」に聞いたりしています・・・。

そうしたら、後は・・・

「宇宙はこだまする!」ですね・・・

「あ~、今日も幸せ!素晴らしい~!」と言えば、

「今日も幸せ!素晴らしい~!一日をどうぞ~!」と宇宙が返してくれますからね~

な~んてね・・・。


【宇宙からの手紙 3】マイク・ドゥーリー著から抜粋

『愛』を見つける最も良い方法は、
お金を見つける方法によく似ています。愛もお金もそれを見つけるには、
それに焦点を当てるのではなく、人生をよく生きることに焦点を当てるのです。
すると愛もお金もその副産物としてやってきます。

シンプルにやれば、必ずうまくゆくのです。

人生のダンスを今日、何も準備しないで踊りましょう。
(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

宇宙からの手紙3

新品価格
¥1,785から
(2013/5/28 00:21時点)












関連記事

「昔貼られたラベル」はひっぱがしてやりましょう!

illust4652_thumb.gif

朝、「宇宙はこだまする~!」と宣言?した後、「元気!元気!」「感謝!感謝!」
「運がいい!運がいい!」「ツイてる!ツイてる!」「大金持ち~!大金持ち~!」
とか言いながら、洗濯物を干していた時のことです・・・。

「フッと!」その切れ間に・・・

『自分に見合ったものが、手に入る物』と降りて?来ました・・・。

以前書いた「自分の価値を高めましょう!」に一部抜粋した
「バシャールの動画(お金について 豊かになるために)」にもありましたね。

『あなたが財政的に豊かになるには、自分に価値をおいてください。
より高い波動は、自分を尊重し、自分に価値をおいているんです。
そして、銀行口座残高も、大きくなっていくんです。』と・・・

「お金」以外の豊かさも同じですね・・・。

そのことが、「なるほど!そういうことだよね!」と急にさらに「ズドン!」と腑に落ちました。

逆に言えば、自分で自分の価値を下げていたら「その自分に見合った物しか手に入らない」
ということですね~。

「自分の価値は自分で決める!」

誰かに「あなたの価値はこれくらい」とラベルを貼られる必要はない!ですよね・・・。

特に、ずっ~と昔に親に貼られたラベルを大事そうに貼ったままにしておくことはない!

「自分は無価値」というラベルを自分で貼っているのは、
だいたいが、「親に貼られたラベル」をはがせないまま来てしまったから・・・。

「親のせい!」にしているよりも、

もう、「今!思いっきり、昔貼られたラベル」をひっぱがしてやりましょう!

はがす時、ちょっと痛くても、思いっきりはがしてみたら、

「気分は爽快(そうかい)!」

「イヤはイヤ!」「ムリはムリ!」「好きは好き!」って言っていいんだ!

親に認めてもらう必要なんかなかったんだ!

子供に否定的な親は、「自分の恐れ」から、自分より弱い立場の子供に、
「自分より価値の無い人」というラベルを貼って、安心したかっただけ!かもしれない・・・

だからもう、そんな役目はおしまい!

『いままでとっても頑張ってきたすごく価値のある自分!』

どうせ貼るなら、そんなラベルに貼り替えてしまいましょう!


【心屋仁之助の「奇跡の言葉」】心屋仁之助著から抜粋

「自分のラベル 何だろう」

私たちは知らず知らずに、自分に「ラベル」を貼っています。
素晴らしい人、優秀な人、かけがえのない人、ならいいのですが、
大したことない奴、面白くない奴、いてもいなくてもいい奴
邪魔な奴、価値のない奴、魅力のない奴、役に立たない奴・・・。
こんなラベルを貼っていると、当然ですがいいことはありません。
自分のラベルはなんだろう、一度考えてみてください。
「自分が、自分に貼っているラベル」
そのラベルのとおりに、まわりの人はあなたを扱ってくれます。
「いてもいなくてもいい奴」というラベルを貼っていれば、
まわりの人は、あなたのことを無視してくれます。
自分のまわりを見れば、自分のラベルがよくわかります。
ただ、勘違いしているケースもたくさんあります。
親が貼ったラベルを、そのままにしている人がいるのです。
肯定的な親は、子供に肯定的なラベルを貼りますが、
否定的な親は、子供に否定的なラベルを貼ります。
でもそれは、親が勝手に貼ったラベルです。
親が「劣悪商品です」というラベルを貼ったら、
本当に味が落ちていくんです。
そのラベルを貼ったままにするかどうかは、
貼られた本人が決めること。
あなたの個性は、あなた自身が、
自分の思ったように生きること、行動することです。
思ったまま、感じたまま、好き嫌いで行動する。
損得ではなく、好き嫌いでいい。
嫌なら嫌と言えばいい。
好きなら好きと言って飛びつけばいい。
「自分を認めてもらうようにする」
「自分の居場所を守ろうとする」
こうすると、どんどん恐れのループに入っていきます。
そんなことをしなくてもあなたには、
「個性」という素晴らしいお宝がある。
昔貼られたラベルに振りまわされないで。
自分の中身を出してもいいんだよ。
(抜粋ここまで)

この本は「何度も読みたい本」の一冊になりました・・・。

 EVAのおすすめ

心屋仁之助の「奇跡の言葉」

新品価格
¥1,050から
(2013/5/24 18:57時点)







関連記事

「本当の自分」ってどんな自分?

illust4881thumb.gif

この数日、眠くて眠くて、寝ても寝ても眠たい毎日です・・・。

今、同じような人が、多いようですね。

眠っている間に「魂」が4次元(霊界)に充電のため帰っているらしいですよ・・・。
(以前、次元上昇説の中には霊界がなくなるっていうのもありましたね・・・
まだ、あるのかな~?)

そうだとしたら、充電中の時間がとてもたくさん必要な時なのでしょうか・・・?

そんな私がこの頃思うこと・・・

それは・・・

「本当の自分」に戻ること・・・

そのためには、今まで向き合うことを避けていた「自分」に向き合うことも必要かも
しれません。

それは「自分の中にある恐れ」かもしれませんが・・・。

でも、もう「自分に無理をしていた自分」に「サヨナラしてもいい時が来た!」のでは
と思います・・・。

そこからが「新しい世界の始まり」のような気がしています・・・。

私たちは、ずっと「~でなければならない!」という世界で生きて来ました。

それは、今までの世界がよく言われているように「目覚めないように」仕組まれて
いたからかもしれませんが・・・そこにあんまり意識を持ってくるより、

自分で「そんな世界」から「脱出しよう!」と決めるだけでいいような気がします。

そして、先日「シンクロ」するかのように、本屋さんで、「フッと!」
見つけた本には、「ありのままの自分で生きていいんだよ!」と、一冊まるごと、
「グッと!」来る言葉が詰まっていました。

読んでいて、ちょっと、「うるっと」なりましたよ~。

【心屋仁之助の「奇跡の言葉」】心屋仁之助著から抜粋

『本当の自分』

「見たくないから逃げまわっていたら、自分の生きる道がわからなくなっていた」

ダメだと言われた。受け入れてもらえなかった。
だから、受け入れられる自分になろうとした。
いい子になろうとした。明るい子になろうとした。
手のかからない丈夫な子になろうとした。
痛みを感じない子になろうとした。
しっかりしたお姉ちゃんになろうとした。
自分じゃない子になって、いままで生きてきた。
そしたら、自分がわからなくなっていた。
でもいま、生まれ変わりのときが来た。
安全な場所から、巣立つときが来た。
さなぎから蝶へ。自分らしく羽ばたくときが来た。
(抜粋ここまで)

やっぱり、「さなぎから蝶」へ変わるときが来たのですね~・・・。

 EVAのおすすめ

心屋仁之助の「奇跡の言葉」

新品価格
¥1,050から
(2013/5/22 22:29時点)





関連記事

「小さな引き寄せ」はいつもかも?・・・

illust2806_thumb.gif

私は、持病のため今も月に一度は、病院に行っています。

もう10年以上になります・・・。

最初の頃は、病院の待合室に座っている間「どうしてこんな病気になってしまったんだろう、
あの時、あーしていれば、こーしていれば」と後悔ばかりで、落ち込んで憂鬱になって
いました。

そんな私は、ある時から病院の帰りに「デパート」に寄るようになりました。

デパ地下が大好きで、デパート内には大型書店もあり、ウロウロしていると、憂鬱な気分も
吹き飛び、いつしか月に一回「病院に行く日」ではなく、月に一回「デパートに行く日」と
思うようになりました。

そして、以前は、病院に行く道中も、思考がグルグルいろんな事を考えていましたが、
(だいたいがネガティブなことですね・・・)この頃は、思いつくまま、
「ポジティブワード」を頭のなかで連発しています。

「運がいい!」「ツイてる!」「ラッキー!」「最高!」「元気!」「感謝!」とか・・・

そんな先日も、病院に行った時・・・

帰りにデパ地下などでお買い物したものを、まとめて入れるエコバッグを忘れたことに
気づきました。

でも、すぐに「まぁ、いいか~」と忘れてしまいました。

その後、今月から“薬”が「院外処方」になったとかで、病院の前に何軒も並んでいた
薬局の一軒に、「なんとなく、ここ!」と思ったお店に入りました。

そしたら、なんと粗品を入れた「大きなエコバッグ」がもらえました!

「これって、引き寄せかも~、ツイてる!」と思いました。

外出時、「思考の中身」を「ポジティブワードを連発」するようになってから、
「小さなラッキー!ツイてること!」が結構あるような気がします。

例えば、満車の駐車場に一台分だけ空いていたり、すぐ前に一台分だけ空いたりとか・・・

そんな時は、すぐに「ツイてる!」とか「ラッキー!」とか声に出して言います。

ただ、「引き寄せ」って「期待してる」と引き寄せられないようです。

「忘れている、意識していない状態」つまり「手放す!」ことがポイントのようですね。

そして、「小さなラッキー」は気づかなければ、「引き寄せた!」と思わず、
「なんてことはないこと」で過ぎてしまう・・・

「視点を変えてみる!」ことも必要なようです。

ちなみに、「ツイてる!」は「運がつく!」こと、
「疲(つか)れた!」は「取り憑(つ)かれた!」ということとか、
だからあんまり「疲れた~!疲れた~!」と言わない方がいいのだとどこかで
読んだことがあります。

だから、ちっちゃな事にも「ツイてる!ツイてる!」と言った方がいいですね~

気づいたら「大きなラッキー!」を引き寄せているかも~・・・。







関連記事

目覚め始めて・・・“蝶”になる?

illust1921_thumb.gif

昨日、「目覚める」とか、ブログに書いたからか、その夜、眠りに入る前のまどろみ状態
の時に、体が不思議な感覚になりました。

「具合が悪い症状」とは、明らかに違いました・・・。

“心臓”がとても強く「ドクドク」動いている感じで、ほとんど無意識に、胸に手を当てた
ようですが、半分眠っていたので、はっきりしませんが、「動悸が早い」という
症状とも違ったような・・・

そして、体の中というより体が外側の器という感じでその中を「グワーッと!」何かが
駆けめぐっているような感覚がありました。

「気」とか「エネルギー」が駆けめぐっていた感じかな~

うまく言葉で書けませんが・・・。

ほとんど眠りそうになりながら「何?これ~」みたいに思いながら、眠りに落ちていった
ようです・・・。

今朝、「フッと!」昨日の夜のことを思い出し、「眠っていたジャンクDNA」が目覚め
始めたのか?

よく言われている「さなぎから蝶」に変態(ヘンタイ!ではないですよ・・)するのか?
なんて、思ってしまいました・・・。

ちょっと調べてみたら、『真夜中、心臓が“ドンドン”動くのは、開いている証拠
ハートがある感情を放出した後、再度バランスをとっている、ハートチャクラが開いた状態』
とあり、「ムズムズ感」についてなども書かれてありました。
詳しくは【目覚の徴候と症状 by Annarita】にあります。

ちなみに、リラックスしている時の脳波は“アルファ波”、まどろみ状態の時は“シータ波”
になっていて、そんな時は、“潜在能力”が開花しやすいようですよ~

自分の波動(周波数)に合わせるかのように、気づかないだけで、すこ~しずつ“変態”
していっているのかもしれませんね・・・。

少しずつじゃないと、「さなぎ」が「蝶々」になるように、ある日起きたら別の姿に
なっていたら、ちょっとビックリ!しますからね~

そういえば、昔読んだ「変身」(カフカ著)という小説を思い出しました。

ある日、目覚めたら巨大な虫になっていた男の人の話ですね・・・。









関連記事

「波動=周波数」の同調で目覚めていくようです・・・

illust3373_thumb.gif

昨日書いた「インディゴ親子?・・・・」の補足のようなことですが・・・

記事をアップしてから、「フッと!」思い出したのですが、息子は何ヶ月か前までは、
超目覚めている人のことを「オレの考えていることがわかるんだよ!だから嘘がつけない!」
とか、よく「すごい人だよ!波動が高いって感じ!」みたいなことを言っていました。

それが今は、息子自身が「テレパれる!」くらいに進化しているようです。

特に、お酒の席では、リラックスしてエネルギーが解放される?のか、
「無言のまま会話をしている状態」になるそうです。

多分、「波動=周波数」の高い人といると、同調して、一緒にいることの多い息子も
目覚めが加速してきたのかもしれない・・・と思っていたら、今朝見た他の人のブログに、
そんなようなことが書かれていました。

楽しいアセンション・次元上昇~5次元への旅~】さんから一部転載

かって「3次元領域」に「周波数」を固定させていた「アンカー」はすでに外されています
ので・・・「物質」として安定していた「物質に対する認識」は、安定をさらに失って
いきます・・・

各個人の「波動=周波数」は、一日中でもアップダウンしていますが、その変化の中で
「4次元、5次元領域の周波数」に近づくと「物体」を「3次元物質」としてではなく
「4次元」「5次元的」な「エネルギー体」として「認識」しはじめます・・・

個人より「波動の近い複数」で行動を共にしている時が「波動の共振」が起こりやすく、
より安定した「波動の同調」が起こりやすくなります・・・

3次元領域に縛られなくなっている中で、高次元に同調しやすくなっていて、
それは「個人的意識」より「プチ集合意識」の方が安定して「具現化=体験」しやすいって
ことです・・・

この先「波動の近い魂同士」の間で、これまでより強く「引き寄せの法則」が働き
「プチ集合意識」の融合が起こり「波動の近い魂の集合意識」で「パラレルワールド」を
「具現化」していくようです・・・(転載ここまで)


他のところのコメント欄なども読んでいると、いろいろな体験をしだしている人が、
増えてきているようですね・・・。

みんなそれぞれ個人差があって、今は「何も変わらない」という人も、何かのきっかけや
人との出会いで、「一気に目覚めました!」ってこともあるかもしれませんね・・・。

私も別に何も変わらないですが、一日のうち、急にテンションが上がって、
わけもなく楽しくなる瞬間があり、何かおかしくって笑い出したりするので、
チャーちゃんが不思議顔で見ています。

「波動=周波数」が、一日のうちで、アップダウンしているのですね!

「波動=周波数」が一定して、高く固定できればそれが「アセンションすること」
言うのも、読んだことがあります・・・。

思考のおしゃべりに惑わされず、「今」に生きれば、そんな日も近いかも・・・ですね!








関連記事

“インディゴ親子?”の会話です・・・



最近、よく見させてもらっているブログなどを読んでいると、私が今思う事と同じような
事が書かれていたり、コメントされていることが多いなぁ~と感じています。

「今の自分のままでいいんだと気づき、今の自分を受け入れる」
「ありままの世界を受け入れたところに新しい世界がある」みたいなことでしょうか・・・。

目覚め(気づき)始めた人が増えてきたのか、そんな集合エネルギーで創られたパラレルの
地球に“今”いるのか・・・。

以前書いた、一年くらい前から急に目覚め始めた“インディゴ(チルドレン)らしき息子
のことですが、別に住んでいるので、時々帰ってきて話をしていると、会うたびに私より
一歩も二歩も先に進んでいっているような・・・・
私が長年かけて、一段ずつあがってきた階段を、超スピードで駆け上がって行く感じが
してます。

先日も、「もう頭で考えているより、行動でしょ!」と言っていました。

『今、目の前の自分ができることやっていくだけ』ということですね。

息子が帰った後、「なるほど、そうだよね!」と思いました。

そんな息子は、前にも書いたかもですが、この一年くらいで知り会った人が、
超?目覚めているらしく、仕事上一緒にいることが多くかなり影響を受けているようです。

その人と息子の間では、よく言葉を発せず会話をしているのだそうです。

要するに、「テレパっている」ということですね。

息子は私に「信じてないでしょ!」と言いましたが、もちろん私は、「信じるよ!」と
答えました。

そんなインディゴ親子?です・・・。


【宇宙からの手紙2】マイク・ドゥーリー著から抜粋

望んだり、期待したり、祈ったりすることをdoing(行動すること)と混同しては
なりません。

私の言おうとしていることがわかりますか?

たとえば、行動するとは、「あなたが今いる場所からはじめて、今もっているものを
使って、あなたができることをすべてやってみる」ということです。(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

宇宙からの手紙2

新品価格
¥1,785から
(2013/5/13 14:48時点)






関連記事

今の一瞬一瞬をお気楽に!

illust2600_thumb.gif

「続・今日をお気楽に!」です・・・。

いろいろな体験を重ねて、喜怒哀楽の感動を味あうために、この三次元地球に
生まれてきたのだとかよく言われていますね。

でももう、そこにとどまっている必要はないわけで、これからどのように生きるかは
自分で決めればいいのだと思います。

いつまでも過去に囚(とら)われていたり、未来への恐れや不安ばかりの思考に
翻弄(ほんろう)されていては、人生がもったいない!ですよね・・・。

「今」に意識を集中すれば、思考のおしゃべりもわりと静かになります。

例えば、「今、歯を磨いているだけ、他には何も起きてはいない!」とか、
「今」の行動に意識を持ってくることをしていると結構いいようです。

そんな中で、連休中でしたか・・・おへそのあたりがムズムズしだして、変な感じで、
「何これ?」と思い、ネットで調べてみたら、ありました!

それは・・・「腹が目覚める」兆候(ちょうこう)らしいです。

「腹が据(す)わる」「腹をくくる」「腹を決める」とか言いますよね。

「そうかも!」と思いました。

私はこの頃、目の前の現実を、「ただ、受け入れる」というようになった・・・。

つまり、「腹をくくる」「腹が据わっている」ような感じがしているからです。

「来るなら、来~い!」ってやつですね!

「まぁ、なるようになるでしょう!」って感じですね。

そして、目の前に起きることは、一つずつクリアーして行く・・・。

同じような現実でも、以前に比べれば、随分、平常心でいられるようになりましたね。

それと、「イヤなことは、イヤ!」「ムリは、ムリ!」と、自分に正直に生きるよう
にもなりました。

潜在意識に落とし込むより、その場で対処するほうが、自分を大切にできるから・・・。

もう、「喜怒哀楽」の「怒り」や「哀しみ」の感情に囚われて、「不幸に生きる私」を
演じる必要もない!ことも決めました。

「今の一瞬一瞬を楽しくお気楽に!」生きたいからです。

そういえば、昨日見ていた“武侠ドラマ”のセリフに、
「運命は向き合ってこそ変えられる!」というのがありました。

「そのとおり!」ですね!

ただ、運命に立ち向かうとか、力まずに「それは、それでいいんじゃな~い」みたいな
感じがいいのだと思います・・・。

【宇宙からの手紙2】マイク・ドゥーリー著から抜粋

どんな問題でもそれが完璧だということは、君にはとても理解できないだろう。
まどわされてはいけないよ。君は間違ったことなど、一度もしていないのだ。
今、君が直面している問題の裏側の世界は、君の夢を実現するために必要な知恵と
洞察を届けるために、実に巧妙に作られているのだ。

今日、しなければならないことをしなさい。自分を何が困らせているのか、知りなさい。
今日できることをしなさい。そうすれば、あとのことはずっとやさしくなるだろう。

次から次へと困難にぶつかるために君はここに来たわけではない。
そんな風にはできていないのだ。今日問題を克服したとしても、明日はまた新しい問題が
出てくる、というわけではないのだ。ただし、今日、その問題を見ないふりをしていると、
さらに大きな問題になってしまう。今日、その問題を解決しなさい。そうすれば君は自由
になれるのだ。

ほんの少しのことで、多くのことを生み出すことができる。新しいものの見方をする
こと、許すこと、真理を受け入れること、時にはとてもつらいことではあっても、
この三つがすべてを変えてしまうのだよ。(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

「宇宙からのメッセージ」がいっぱい!詰まっています。
「宇宙からの手紙シリーズ」の本は、どの本も読んでいると、
宇宙からのパワーをもらえるような気がします。


宇宙からの手紙2

新品価格
¥1,785から
(2013/5/11 14:41時点)













関連記事

今日をお気楽に!

illust3385_thumb.gif

この間の連休は、とても充実して過ごすことができました。
どこかに旅行に行ったとか、特別何かをした訳ではありませんけど・・・

おもいっきりDVDレンタルして(特に中国武侠ドラマでした~)見たり、いつもの公園に
チャーちゃんと行ったりしていただけですが・・・

そんな中で、水族館へ行った帰り、女性日本画家の“上村松園(うえむらしょうえん)”
という人の展覧会に行って来ました。

その人が生きた時代は、明治、大正、昭和20年代(昭和24年没)だったため、まだ女性が
画家としても活躍するには、嫉妬からの嫌がらせなど大変な苦労があったようです。

”上村松園”の言葉で、「じっと押し耐えて、今に見ろ、思い知らせてやると涙と一緒に
歯を食いしばらされたことが幾度あったかしれません」とか
「人生には雨があり、風があり、沈むばかりに船が傾くことがありますように、私も
さまざまな艱難辛苦(かんなんしんく)の経てまいりました」
「これほど苦しむなら生きているより死んだ方が楽に違いないと本気で思ったことが
幾度もございました。そんな所を、幾度も通り抜けますと、強く強く生きられるもので
ございます」なども展示されていました。

そんな苦労を糧(かて)にして、素晴らしい作品が生まれたようです。

また、好きな絵を書いている時は、“無心”になれるともありました。

私も好きなクロスステッチを、プレゼント用に目標を持ってやっているときは、結構“無心”
になっているようです。

ただ、この頃思うのですが、「苦労を乗り越えて」とか「学びのため」とか
「喜怒哀楽の感動を味あうため」とか・・・

「もう、いいんじゃないの~」って感じがしています。

「喜怒哀楽(きどあいらく)」の「怒」と「哀」をとったら、
「喜楽(きらく)」になりますね!書いてて気づきましたが「お気楽!」と同じ
「おきらく!」になりますね!

今まで私たちは、周りの環境からとか、植え付けられた観念や思い込み、DNAの記憶?
からか、不安、心配、恐れをベースに生きることが、当たり前と思って生きてきたのでは・・・
と思うからです。

これからの世界は、楽しく、自分が喜ぶことをして「お気楽に!」生きていきたいものですね。

つづく・・・かも~です。

上村松園 Wikipediaから一部抜粋

上村松園(うえむらしょうえん、1875年(明治8年)4月23日ー1949
(昭和24年)8月27日)は、日本画家。
明治の京都下京(しもぎょう)に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。
1948年(昭和23年)に女性として初めて文化勲章を受賞。(抜粋ここまで)

小説「序の舞」(宮尾登美子著)は、“上村松園”をモデルにした作品だそうです。
ドラマ化もされているようですね。








関連記事

夢で見るビジョンは故郷の星かも・・・・

illust2143_thumb.gif

昨日の朝、まだ半分眠っているような起きているような、ボーっとしている時に、
「フッと!」ずっと前に見た夢を思い出しました。

前回「イルカ」のことを書いたからかもしれませんが・・・。

『夫とチャーちゃんを連れて散歩をしているとき、ある建物の中にいました。
建物(スーパー?)の奥にゲートのような通路がありそこをドンドン歩いて行くと
ものすごく明るい広い空間に出て、そこはカフェテリアのような感じで、テーブルがあり
そこにいる人たちは、みんなとても楽しそうでした。

そこのテーブルのところに私が座ったのか、もともとそこにいたのが私だったのか、
わかりませんが、そこの空間のまわりはすべてガラス張りで、外の景色が見えました。
その景色は自然な感じでとても美しく、色彩がとても不思議な感じでした。

その後、気づくと水辺に立っていて、すぐ足元には「イルカ」が数匹顔を出して
何かコミュニケーションしていたような・・・・

その時も夫とチャーちゃんと一緒にいました。』

そんな夢を見たことを思い出しました。

以前読んだどの本か忘れましたが、犬もプレアデスから来た?とか書いてあったような・・・
(後でネットでちょっと調べてみたら、イルカ、犬はシリウスから来たと書いてある
のもありましたが・・・どうなんでしょうね~)

その夢の話をその時「すごくいい夢見たよ~」と夫にも話した覚えがあります。

夫も「そんな夢みたいなぁ~」と言っていましたが、夫もその夢の中にいたということは、
同じ星から来たのでしょうかね~

たまに見る夢で、まったく知らない景色や知らない人は、
「故郷の星の景色、故郷の星の住人」かもしれませんね・・・。

【あなたはどの星から来たのか?】ファルス著から抜粋

夢に現れるシンボルやサイン、ビジョンは大切な情報です

意識が肉体から離れて、アストラル領域以上へと帰っていく「睡眠」を利用して、
教えてもらうやり方です。
寝る前に、「自らの出身星を教えてください」と祈りながら、よい気分で眠りにつきます。
“よい気分で”というのは大切です。……………

さて、“よい気分で”眠りにつき、目が覚めた後、夢の中の内容をぼんやりと思い出して、
自らの出身星についてハッと気づくことがあります。
あるいは、目覚めたらすぐに、再び「自分の出身星を教えてください」と自らのスピリット
に頼み、眠りと目覚めのあいまいな時間の中で、心をゆったりと開放してください。
そうすると、何らかのシンボルやサイン、ビジョンが脳裏に浮かんだり、
言葉のヴァイブレーションや独自の感覚を伴って、あなたに必要な情報を提供してくれる
ことになるでしょう。(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

あなたはどの星から来たのか? あなたの出身星がわかる本

新品価格
¥1,470から
(2013/5/6 18:40時点)













関連記事

イルカはプレアデスから来たようです・・・

illust3121_thumb.gif

ゴールデンウィークも明日で終わりですね。
(訂正です!6日も休日ですね!)

この頃、以前より、時間があっという間に過ぎていくように感じます・・・。

先日、地元の水族館に始めて行って来ました。

ベルーガの芸やイルカショーを見られて、とても楽しく過ごせました。

イルカは、プレアデス(星)から連れてきたと言われているようですが・・・。

私は、自分の出身星?がなんとなくプレアデスかも~と思っているので、イルカを見て、
懐かしいような?感じがして、心が癒され、とてもハッピーな一日でした。

最近、いろいろな所で、地球人である私たちは、宇宙人のDNAを元に創られたと、
書かれているのを見かけます。

ジャンクDNAと呼ばれているDNAが目覚め、12条螺旋(らせん)に戻り、
DNAを切断されたため?封印されてしまったという能力を取り戻したら、どこの星から
来たのかも含めてすべてを思い出すのかもしれませんね。

そんな日が来るのかどうかは・・・?ですが、私は、来るかも~と思っていたほうが、
ワクワクするので、このような話題が結構好きです。

【あなたはどの星から来たのか?】ファルス著から抜粋

プレアデス星系はプレアデス評議会というテレパシックなネットワークで繋がっており、
共通した性質としては、慈悲深く愛に満ちた明るいヴァイブレーションを放っています。

プレアデスから持ってきた植物に、竹や麻、マコモなどがあります。
これは地球人類に対する贈り物であり、パワフルな万能植物です。

イルカはプレアデスから連れてきました。

……………

チャクラは体内に7つ。体外に5つあります。……
12のチャクラを活性化させることにより、人間という種が本来持っていた、
12本のDNAを再編し直すことができます。
今までジャンクDNAと呼ばれていたものは、実は残りの10本のことだったのです。
それは切断されてただ山のように積まれていただけで、決して壊されていたわけでは
ありません。

現在、その残りのDNAが目覚めつつあります。これをDNAの再編と呼びますが、
再編を促す方法は、宇宙にある法則性である「愛の実践」を敢行することが一番安全で
確実な方法です。

愛というのは、陽子や中性子のスピン、および原子配列が整っている、高周波で安定した
状態のことを指しています。
(抜粋ここまで)

【この本の著者の「ファルス」さんは、銀河同盟に所属する6.2次元の知性体で、
シリウスBを拠点にしているシリウス人と、本の著者紹介のところに、
書いてありました。宇宙人?】

 EVAのおすすめ

あなたはどの星から来たのか? あなたの出身星がわかる本

新品価格
¥1,470から
(2013/5/4 22:57時点)






関連記事

やっぱりパラレル・ワールドかもしれない・・・?

illust2647_thumb.gif

以前、テレビドラマで「JINー仁」を見ていたのですが、何話目かで、リアルな治療場面
に、「ダメかも~」と、見るのをやめてしまいました。

先日「たまたま」新聞のテレビ欄で再放送の最終話をやるのを見て、最後はどうなったか
気になっていたので、見てみました。

最後のオチ?は、「パラレル・ワールド」の世界を描いていたようですね。

なかなか面白かったです。

「パラレル・ワールド」といえば、バシャールさんですよね!

「フッと!」バシャールが、今の自分と、パラレル・ワールドの地球にいる自分の違いは、
「ある日、黒い靴の代わりに赤い靴を履いただけの違いかもしれない」と、言っていたこと
を思い出しました。

私たちは、気づいていないだけで、「あっちこっちの世界」を、移動しているのかも
しれませんね・・・。

夢で見る世界も「パラレル・ワールド」を、意識だけが旅をしているように思って
しまいます・・・。

これからの世界がどんな世界になるのか・・・

それは、それぞれの自分の意識(波動=エネルギー)によって、分かれていくのだと、
バシャールが言っていることに、私は、本能的に?きっとそうなのだろうな~と
思っています。

だから、今のこの現実の日本を含めて世界のくら~い情報も、あんまり気にしないように
しています。

でも、それも、みんなそれぞれの選択何でしょうけどね~

いつも書いてるかも~ですけどね・・・。

【BASHAR バシャールペーパーバック5】 ダリル・アンカ バシャール
関野直行 喜多見龍一著から抜粋

無限個の地球があると思ってください。
そして、その無限個ある地球のひとつひとつに、あなたがいます。
それぞれの地球に存在する台本は、今、あなたがこの地球で持っている台本とは違います。
非常に広範囲にわたってさまざまな違いがあります。
あるものは、とても違いが見出だせないくらいの些細な違いかもしれません。
もしかすると、その地球と今のあなたの地球の人生との違いは、三年前のある日、黒い靴の
代わりに赤い靴を履いたことだけかも知れません。そのくらいの小さな違いかもしれません。
そして、反対に考えられる限りの異なる生き方をしているあなたもいます。
人生を、まったく異なる他人として送っているかも知れません。
違う身体に生まれたり、違う性に生まれたり、このようにして並行している
あなたすべてが、並行している地球に、今存在しています。
こうして並行して、あなたと人生を歩んでいることになります。…………

どんな人生でも、自分がイメージできるものはすべて、並行する「あなたの人生」として
存在しているのです。
なぜならば、存在していないものを想像することはできないからです。
みなさんが想像できることは、どこかの場所に、どこかの時間に、何らかの形で存在して
います。
基本的には過去世や来世は、実は「いまのあなたの人生と同時進行し、並行して存在している」
ということができます。(抜粋ここまで)

 EVAのおすすめ

バシャール・ペーパーバック5―望む現実を創る最良の方法はワクワク行動をすること (VOICE新書)

新品価格
¥1,050から
(2013/5/1 16:26時点)












関連記事
プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。