スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝くじの一等に当たることよりも・・・



先日、テレビで「以前の記事でも書いたことのあるお掃除好きで有名な某女優さん」が、
「アベノ〇〇」のお陰で、投資で推定10億くらい儲かったという話題をやっていました。

この人は、すでに年収が10億とも言われているようですので、現金でないにしても、
すごい額の「お金」を持っているということですね・・・

以前の記事も書いたように、お金をとても大切に扱っていることは見習うべきことかも
しれませんが、今回、私は「へぇ~~」の後、うらやましいと思うより、

「この人、私とそんなに歳(とし)変わらない(?)のに、残りの人生で、
使い切れないほどのそんなにたくさんのお金を持っていてどうするのだろう?」と・・・

めちゃめちゃ余計なお世話ですが、思ってしまいました・・・。

肉体を脱いでか、着たままかはわからないけれど、次のステージに行く時に、
持ってはいけない?少なくともあの世には・・・

もちろん、今の現実の世界では、お金は大切で必要なもので、あればあるほど助かることも
多いとわかっています・・・。

私もずいぶん「お金」というものによって、崖っぷちに立たされたというより、
何度も崖から落ちちゃったりして、必死に這い上がろうとしている途中にまた落ちた!
みたいな経験を幾度もしてきたので、「清貧主義?」のようなキレイごと?は
とても言えないのです・・・。

その現実から抜け出ようと、運が良くなるための事や「引き寄せ!引き寄せ!」と
夢中になっていた時もありました・・・。

今はそこを通り抜けたようで・・・

とか言いながらも、時々、〇〇ジャンボ宝くじを買い、一等当たったら、

「豪華客船クルーズで世界一周!」を夢見たりしていますけどね・・・。

でも、先日「前世からの旅立ち・遙かなる再会」さんのブログのコメント欄だったかな・・・

ハイヤーセルフ?からのメッセージで「宝くじの一等当たるより良い物をあげましょう」
とか言われた・・・みたいなことが書いてあったので、

私にとって、「宝くじの一等当たることより良いことってなんだろう?」と・・・

ある朝、チャーちゃんとお陽(ひ)さまの光の中で、おひなたぼっこ
しながら、ゴロゴロしていたその時・・・

「あー!こういうことなんだ!」ってわかったのです・・・

感覚的なことなので、言葉で表現しにくいのですが、

大好きなチャーちゃんと過ごすこの時は、

「宝くじの一等当たることよりしあわせで、一等の賞金すべて当てても買えないもの」
なんだなぁ~と思ったわけです・・・。

それと・・・

「お金」って「お金!、お金!」と追えば追うほど逃げていくものなんですね~

人間だって血相変えて追っかけられたら逃げたくなりますもんね・・・

この頃の私は、お陰様で不思議と、思いがけないお金が通帳に振り込まれていたり、
思ってもみなかったお金がもらえることになったり・・・

もちろん、何億、何千万・・・なんてことではないですが、

〇〇を思い切って買ってしまった!

そんな後、不思議と同じくらいの金額が戻ってきたりするのです・・・。

だからって、過度な期待もしていないですが・・・

ただ、「夫」といつも「これからはドンドンお金が入ってくる!」と言いあっています。

なんの根拠もなく、なんだか知らないけれど!ってやつです!

お金もエネルギー!

本当は必要な分入ってきて、また出て行き、また必要な分入って来るみたいに、
エネルギーとして循環することが、宇宙の流れに沿っているのだと思います・・・。

そんなことが、以前の記事にも載せた足立幸子さんの「あるがままに生きる」の
本に書いてあります。

その記事に「お金編」として抜粋していますので、良かったら見てくださいね・・・。













関連記事
スポンサーサイト

未来は自分で決められる!と思うから・・・



この間の記事に載せた「アマテラス」の作者「美内すずえ」さんの「宇宙神霊記」という
本について「天下泰平」さんのブログにありました。

この本は「美内すずえ」さんが夢の中で霊界に行き、「宇宙神霊」からメッセージを
受け書いたそうです。

「アマテラス」もそんな流れで書かれているようです。

この本は今では手に入りづらいようですが、今のこの時に、ふさわしい?からか
「天下泰平」さん以外のブログにも探索すると内容が載せられていたりしていました。

ただ、この本に書かれている「未来」は、上から巨大な世界地図を見せられ?
その地図には日本がなかったとか、外国の誰かの予言みたいなことが書かれているよう
ですが、それは、回避できるとも書かれていて、「ニュータイプの人(覚醒した人)」
のパワーで新しい世界が創られる。

「ニュータイプの人」とは、特別な人ではなく、自分を開放することで、
なれるのだとも書いてあるみたいです・・・。

「アマテラス」の続きが書かれていないのも、「ニュータイプの覚醒した人」が、
たくさん増えることによって、未来が変わるからではないのかなぁ~と・・・

私たち次第で・・・みたいなことかな・・・

どこかで見たのですが、一人の覚醒した人のパワーは1000人分の威力があるそうですよ。

私たちが目覚めて、私たちが出す波動(エネルギー)で、新しい世界が創られるのか、

もしくは、その波動(周波数)にあった世界に行くのか・・・

わかりませんが・・・

未来は無数に並行世界(パラレルワールド)にあり、自分で選んで決められる!と
私は信じています・・・。

だから、「美内すずえ」さんが見せられた未来は、私たちの目覚めを促すための
「警告」としてだったのではと、ワタシ的には思っています・・・。


【未来はえらべる!】 バシャール・本田健著から抜粋

2010年から2015年の5年間が、パラレル・ワールドへのシフトにおいて
非常に重要な時期です。
パラレル・ワールドへの分化は、その人がどの周波数にいるか、またそのシフトを
どのように解釈するかによって、ポジティブ、ネガティブ、さまざまな形で体験
されることになります。


2010年からの5年間には、体験可能なすべての世界がつくられます。
たとえば、大勢の人が亡くなるレベルから、大勢の人が自分の最高の夢を叶える
レベルまで。


ちょうど2012年あたりを境にして、いまは1本でしかないエネルギーの光線が、
人間の集合意識を象徴する、ある特殊なクリスタルに当たるのです。
この光線がそのクリスタルに当たると、さまざまなパラレル・ワールドに分化
していくことになります。
そして、それぞれのパラレル・ワールドが、ますます、その世界を構成する人々の
意識を反映し、特徴をおびたものになっていきます。
こうしてつくられる独特の周波数を持った、たくさんのパラレル・ワールドは
2015年から年を追うごとに加速しながら、おたがいから離れていきます。
ついには、自分の波動が選んだひとつのパラレル・ワールドだけしか体験できなく
なるでしょう。
(ここまで)

バシャールは、分化のスピードが速まる2010-2015年の5年間の早い段階から
「自分の乗りたい列車」に、乗るようにと言っています。

なぜなら、すべての列車が駅から出発してしまったら、乗り換えは難しくなる
からだそうです。

そのためには?・・・「自分自身を許すこと」だそうですよー

そんなようなことや、「ワクワク!」するようなことが、たくさん書かれています。


 EVAのおすすめ

未来は、えらべる! (VOICE新書)

新品価格
¥840から
(2014/1/28 13:57時点)
















関連記事

眠っている時は宇宙に帰っているのかも・・・



以前も書いていますが、眠りに落ちていく、または目覚めかけている、
眠っているような起きているような半覚醒状態中に、私はよくいろいろな情報を、
宇宙?からダウンロードしているみたいです・・・

今回のテーマ?は、「今、この瞬間、瞬間を生きる」ということのようでした・・・。

私は、眠りの中で、「あー、そういうことか!わかった!」すごく腑に落ちている
のですが、起きてしまうと内容を忘れていることも多く・・・

でも、その間は、メッセージ?として言葉ではなく、イメージが体全体に染みこんでいく?
広がっていく感覚です・・・

ひょっとしたら、よく言われている[DNAの書き換え」ワタシ的には「DNAの記憶」
の書き換えが行われているのではないのかなぁ・・・と・・・

そういえば、今これを書いていて「フッと!」、
その時に「過去のさまざまな出来事」が消去されていくイメージを感じていたことも
思い出しました・・・。

しかし、どんな事も頭の中で知識として得ているだけではなかなか身につかないけれど、
その知識を腹の底まで落とし込んだ時に初めて「ハッと!」目覚めることができる・・・

「自動車学校」で例えれば、
教科は修了したけど、実技はまだ終わっていない、だから卒業はまだですよーみたいな感じ?

それと、またまた「フッと!」・・・

前記事の「ねばーランド」の「ねばねば星人」にならないようにするには、

「今、この瞬間、瞬間に生きること」

それが、今回メッセージとして「答え」をもらったのかもしれません・・・

「~すべき」「~やらねば」と思考の中を「ねばねば」でいっぱいにしているよりは、

「今、この瞬間、瞬間に集中!すること」

「でも、そうは言ってもやらねばならないこともたくさんある!」と思考は反論してくる
かもしれないけれど・・・

目の前の「やらねば」を一つずつクリアーしていく時に、
思考の中を「ねばねば」でいっぱいにするよりは、思考の中身をすこ~し違うところへ
シフトしてみる・・・

私にとっての「ねばねば」は日常の雑多な事すべて!

そんな時「めんどうなこと、いやなこと(キライなこと)はひとつずつ、ひとつずつ」
と言い聞かせながら?やっている時の思考の中では・・・

「これ終わったら、お茶タイム~!、おいしいおやつも食べましょう!」

「これやったら、お気楽タイム~!、大好きな刺繍をやりましょう!」

とか、次の「ワクワク!」にシフトさせて、思考は「たいランド」へGO!です。

あっ、私は今「お気楽星人」なので、あんまり参考にならないかもですが・・・

でも、まだこの世界では好きじゃないこともしなければならないことも多くあり、
そんな世界でガンバっている自分を時々「すごいね!エライね~!」と、
ほめてやりたくなりますよね~


宇宙からいろいろな情報をダウンロードするには・・・

以前も紹介した【「足立幸子」さんの「あるがままに生きる」】から抜粋します。

では情報を得る時は、どうすればいいかということをお話します。
今まで直観をあまり使っていなかったので鈍くなっていますが、直観は使えば使うだけ
冴えてきます。
私は宇宙というのはすごく良く出来たコンピュータで、《真我》の部分が大型コンピュータ、
一人一人の脳は端末機だと思っています。
脳がハードウェア、意識がソフトウェアという感じですね。
それで、「今からこういう情報がほしい」と思って、《真我》にインプットすると、
閃きという形で端末機に返ってきます。
そのことだけを考えて一瞬強烈に思えば、誰でも意識が《真我》に行きますから、
あとは閃きで情報が入るのを待つだけなのですね。………………


意識が全てをつくっているので、自分が思った通りになりますから、
「来ないんじゃないか」と思ったら本当に来なくなります。
ですからプログラムしてインプットしたら、あとは忘れていて下さい。
答えはどういう時に返って来るかと言いますと、頭がボーッとしてリラックスしている
時に返って来ます。
ですからなるべく、頭をカラにしておいていただきたいのです。(ここまで)

それと・・・

ひょっとしたら、眠っている時、私たちは、それぞれ故郷の惑星(ほし)の宇宙船に
帰っているのかもしれません・・・

そこで、いろいろな情報をもらったり、答えのヒントを教えてもらったり、
癒してもらったり・・・
これからのため?の準備をしているのかも・・・

そんなようなことが書かれている記事が、

ハートの贈り物」さんのところにありました。


足立幸子さんはもうすでに肉体を脱いで、自分の故郷の惑星(ほし)、
プレアデス星団のタイゲタ星へ帰って、別のお役目をしているそーですが、

この世界でのお役目(ミッション)を果たし終えたので、
早々に帰っていかれたのだなぁ~と、ちょっぴり羨ましくもあります・・・。

追加・・・

今日の夕暮れ時も、以前も見たような飛行機?でも太陽の反射にしては、
すっごく発光している飛行体が何機も飛び交っていました・・・

そして、2-3日前の夜も、たっくさんの飛行機?が音もさせず縦横無尽に、
東に西に北から南へとニアミスしそうな感じで飛び交っていました・・・

またまたモーソーにどっぷりになりそうなのでこのへんでまた・・・

 EVAのおすすめ

あるがままに生きる

新品価格
¥1,260から
(2014/1/24 17:50時点)





関連記事

目覚め始める時が来た!ようですね・・・



以前にも紹介した心屋仁之助さんの本にもあるように、「~すべき」「~やらねば」の
「ねばねば星人」がいる「ねばーランド」の世界がまだまだ周りには存在している・・・

集合意識やDNAには過去からの「ねばねば」の記憶がどんだけつまっているのだろう・・・

私は、昔から今もなお「オヤ」の使う「人様、世間様?」「常識、普通」という言葉に、
若い頃からずーっと、違和感があり・・・

「人様ってだれ?、世間ってどこのだれ?」

「常識って誰が決めたの?、普通って何に対して?」

っていつも心の中で叫んでいました・・・。

それに、「オヤ」や世間的に言う「肩書という名のステータス?」のようなものに対しても、
なぜそんなもので人が人を評価するのか不思議で「???・・・」状態!

昔の私は「わかってほしくて」とーぜん反発、反論することもありましたが、
そのつど、否定、批判、説教、いろいろあったりで、めんどくさくなり、
いつしか口に出さなくなり、気づけばずいぶん潜在意識に落とし込んでいたよーです・・・。

ただ、この頃は、それも人それぞれ自由!

「わかってもらう必要はない」のだと思うようになりましたけどね・・・

もちろん、「受け入れる必要もナシ!」です。

「罪悪感」という「オマケ」もね・・・

そして、そこから学んだことは「他人や世間、常識、普通」にとらわれ過ぎると、
常に人と比べたり、競ったりと「ワクワク!」の反対の「恐れ」を基準に生きることになる
のだなぁということです。

しかし、昔の私は「何かがおかしい!」という正直な気持ちを覆い隠すように、
右にならえといくつも着ぐるみを着てしまい、この世界に合わせて生きる術(すべ)を、
得てきたよーな気がしています・・・。

でも、今の私は、もう「〇〇ねばならぬ!」という「ネバネバ」にからみつかれるのは、
もうたくさん!って感じです。

以前の記事の「鏡の中のわたし」の中で書いた反射鏡として映し出される「魂のテーマ」
とは、今の私と言うより、先祖から(前世から?)受け継がれているものが映し出されている
ものではないかと思っています・・・。

よく言われていることでもありますが、

この世界では、この世の仕組みとして「常識、ルール」という名目で、
「支配する立場の存在」が私たちを操りやすいように、支配するためのルールなのだろう
と改めて思います・・・。

それは、しっかりDNAに先祖の人たちの記憶としても刻みこまれているし、
集合意識にもビッシリつまっている・・・

「オヤ」から子へ、またその子へと・・・

学校(教育)、テレビなどのマスメディアを使って刷り込み、思い込まされ、
それが「当たり前で普通のこと」と思ったまま死んでいく・・・

そんなふうだから、肉体を脱いだ後もまっすぐ宇宙に帰れず、
またこの3次元に生まれ変わり戻ってきてしまったり、この3次元と4次元の狭間で
ウロウロしている存在もいっぱいいるのでは・・・と・・・思うわけです・・・。

でも、今この時!

目覚めはじめた人たちがた~くさん増えてきているのだと思います・・・

「何かがおかしい!」とたくさんの人が気づき始めている・・・

我が家のインディゴ息子もキグルミ着るタイプではないので、
いろいろと悪戦苦闘の末?だんだん目覚めてきた・・・

そして、このインディゴオバサン?の私も・・・

ただ、あんまり「そのこと」に「怒り」「恐れ」を持ってしまうと、
思うツボ?だと思うので・・・

以前は私も「本当のこと」が知りたくて、あっちこっちの情報をネットサーフィン?
していましたが、今では自分の直感を信じて、アチラコチラとのぞきにいかなくなりました。

特に、ネガティブな恐れを抱かせるよーな情報は見ないよーにしています・・・。

ちなみに、今の私に魂的?にフィットする部分が多い、

前世からの旅立ち・遙かなる再会】さんのブログをよく見させて
もらっています。

そういえば、そこのコメント欄に・・・

『寝ている時の方が、超リアルで自分らしく感じる・・・、
宇宙船がいっぱいで、色とりどりのライトを照らしている夢をよく見る』みたいなことが、
書かれていました。

「アレッ?、私とシンクロしているなぁ~」と、これも波動の法則でしょうか・・・。

アッ・・・なんか今これを書いていて、私の中のひとり?が、

「それも、これもすべてシナリオ通りですよー」と言っているみたいです・・・。



【今ある「悩み」をズバリ解決します!】心屋仁之助著から抜粋

「ねばーランド」から「たいランド」へGO!

人の心には、「不安」と「安心」からくる、二つの「世界」があります。
それは、不安の世界の「ねばーランド」と安心の世界の「たいランド」です。
どちらの世界に住むかで、大げさに言えば、天国と地獄ほどの差があるのです。

「ねばーランド」とは、「~するべき」「~やらねば」という「義務」と「決まり」
「恐怖」によって制限された、自由のないガチガチの世界です。
「不安」と「恐れ」「怒り」「疑い」が、まるで空気のように充満し、奪い合い、
戦い続け、飢え続ける世界です。
「ねばーランド」の住人は、「住む世界」を変えない限り、終わりなき不安に襲われる
「心のラットレース」「無間(むげん)地獄」からいつまでも抜け出せません。(ここまで)

EVAのおすすめ

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!: 不安・イライラがなくなる本 (王様文庫)

新品価格
¥600から
(2014/1/22 23:10時点)





関連記事

もうひとつの現実では宇宙人と会っている・・・らしい・・・



私にとって、UFO?らしきもの見たり、異次元体験?をしたことは、
とても「ワクワク!」することで、胸おどらせることでもありますが、
日常的には「また見られたらいいな~」くらいで、相変わらずお気楽をモットーに
過ごしています・・・。

ただ、そんな体験をすることで、「目の前の現実だけが真実ではない」と、
目の前の出来事に思考が翻弄されそうになる時、ストッパー?の役目をしてくれる
ようになりました・・・。

でも、こういった体験は、実際に自分自身が体験してみないことには、
「???・・・」状態ですよね?

だけど、私たちは結構眠っている間に「夢というもうひとつの現実」で、
UFOを見たり(見せられたり?)、宇宙人に遭遇しているようですよ・・・

それを覚えていないのは、自分で記憶に封印してしまうということです・・・

それは、まず、夢で見させて準備を整える?みたいなことのようです・・・

私も以前はよくUFO、宇宙人に遭遇しているような夢を見ていました。

以前の記事【夢で見る世界もひとつの現実?】にも書いたのですが、

もう一つ「夢ノート?」に書いてあったのですが、

『2012年 7月〇〇日 朝方見た夢
ベッドに寝ていて・・・
寝ている上空に、なぜか夜空が見えている、宇宙?
たっくさんのUFOが白い点々になりうごめいていて、
その中でオレンジ、赤、いろいろな色で光っている。

「うわぁ~、すごいUFO!」と「夫」を呼びに行き、
双眼鏡で見てみようとあわてて探しているが・・・

「アレッ?天井がない?どうして夜空が直接見えるのだろう?」・・・』

そんな夢の内容がメモってありました・・・。

これは、ひょっとしたら、意識体ではホントにたっくさんのUFOを見ていたのでは・・・

と思わされるようなことが本に書いてありました・・・。

以前も紹介した【宇宙人遭遇への扉】 (人類の進化を導くプレアデスからのメッセージ)
リサ・ロイヤル&キース・プリースト著から抜粋です。

『夢というもう一つの現実

地球人への接触を試みている宇宙人は、夢を両種族間のコミニュケーションが起きる
重要な共通基盤と見なしているという。しかし、人間は夢の中の出来事を現実とは
みなしていない。
これまでの研究を通して明らかになったことは、ちょうど物質的な世界が、
私たち人間にとって確たる現実であるように、宇宙人は夢の世界を一つの現実と
見なしていることだ。そして彼らは、その「現実」において、人間にメッセージを
伝えたり、エネルギー的な交流をはかっている。
しかし、人間は今のところ、夢のレベルで起きている宇宙人との交流を真実の出来事と
して認めるには至っていない。


ある惑星に住む種族に対して、その惑星外の文明に生きる種族が交流しようとするとき、
物質的な次元での接触が起きる前の段階で、まず夢の世界においてエネルギー的な準備を
します。人間が顕在意識のレベルで宇宙人を受け入れられるようになるには、
まず、夢のレベルにおいて宇宙人のエネルギーに慣れる必要があるのです。
現在、大勢の地球人が、夢の中で宇宙人やUFOと出会っているのはそのためです。


大勢の人々が睡眠中に異界の存在たちと交流して、彼らから教えやアイデアを得ています。
しかし大半は、目覚めた後に夢の世界での出来事を忘れてしまいます。
ボビーのユニークな点は、体験の詳しい内容を覚えていたことです。
今後は彼女のように、夢の中の遭遇体験を忘れない人々が増えるでしょう。』(ここまで)


私は、この頃・・・

起きている時の方が、「夢見状態」で、
寝ている時の方が、「目覚めている」のではないのだろうか・・・

と「フッと!」思うことがよくあります・・・。

 EVAのおすすめ

宇宙人遭遇への扉―人類の進化を導くプレアデスからのメッセージ

新品価格
¥1,680から
(2014/1/21 14:32時点)









関連記事

やっぱり、空には不思議な飛行体がいっぱい?



今日の夜7時くらいのことですが、

「UFOさ~ん、姿をみせーてくださいな~」と歌いながら、ベランダでゴミの
仕分けをしていました・・・

その時、「フッと!」何気に空を見ると、2つくらい点滅しているものを発見!

「飛行機?でも何となく違う感じ」と私の直感?が言うので、
急いで双眼鏡で見てみました・・・。

すると、その光を点滅させている飛行体が乱舞し始めたのです。

上、右、左、なんか三角形を描いている感じ?で双眼鏡で追うのに大変・・・

これは、[UFOかも」と「夫」を呼びに行こうか、どうしようかと迷った末
呼びに行き戻ると案の定もうその飛行体の姿はなく、ふつーうの飛行機が一直線?に
飛んで行くのが見えただけでした・・・。

気づかないだけでやっぱり不思議な飛行体がたくさん飛んでいるのだと
改めて思いました・・・。

ひょっとしたら、それが「不思議なこと」と思わされているだけなのかもしれません・・・

そんな風に思ってしまうような「アマテラス」というコミック本を読みました。

今この時にピッタリ!な内容で、初版は30年近く前に書かれているということに、
まずおどろきです・・・。

この作者の人はどこから情報を得たのだろう・・・

ただの作り話とはとても思えません。

宇宙的な存在?からだったりして・・・

例えば・・・今では、よく言われている「波動」とかのことも書かれています。

私たちの住むこの世界は・・・

『空気が振動している。光の粒子がすごい勢いで回転している、
空間も物体もなにもかも光の粒子で波うっている、これが本当の世界・・・

物体は個体ではなくすべてが光の粒子でできている・・・
空間も含めあらゆるものが一定の振動する周波数をもっている・・・

その光の周波数が「次元」を決める

これが私たちの生きる次元の周波数の振動・・・』(アマテラス・美内すずえ著から)

私はこの部分を読んで、「あー、そういうことか」と納得したのですが・・・

以前、体験した「異次元空間?で見た家」のことで、そういえばと、
後で思えば、あの時、道路から家の方をのぞいてみた時、空間が揺らいでいたような・・・
そして、全体が光っているような感じがしていました・・・。

この作品は未完のままで、続きは10年以上書かれていないようです・・・。

未来が未定だからか・・・

未来が変わったからなのか・・・

作者の人の都合だけなのか・・・わかりませんが・・・

ただ・・・

この作品の主人公の「クシュリナーダ」のような存在が現われて、
世界の闇を光に変えて救世主のように救ってくれるわけではなく、

私たち一人一人が「クシュリナーダ」のような存在で、

自分の中の「闇」を退治し(闇に対峙し)ていけば、外の世界は、
光りあふれる世界になっていく・・・

すべては自分の中から映しだされるものだから・・・と思うのです・・・。

「アマテラス」の詳しい内容は

天下泰平」さん、「せつ子のつれづれ奮闘記」さんのブログにありますよ。

 EVAのおすすめ

アマテラス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

新品価格
¥880から
(2014/1/19 21:27時点)




アマテラス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)

新品価格
¥880から
(2014/1/19 21:27時点)






関連記事

思考と行動で望む肉体になる?・・・



私は、かなりの近眼で、この頃はろーがんもプラスされて、大好きな刺繍を刺す時の
細かい作業が見づらくて・・・

そんな時、そういえばと・・・

どこかに引き寄せの達人?が、思考(引き寄せ方式?)で視力回復したと書いてあった
事を思い出しやってみることにしました・・・。

方法は、「ハッキリ見えるのが本当!ボヤケて見えるのは幻想!」と思考に落とし込み?
時々メガネをはずして「よーく見える!」とやっているうちに、徐々に視力が回復した
とのことです。

そして、やはりどこかに年齢による肌の衰えも思考しだい?みたいなことが
書いてあったな~と・・・

それで、鏡を見るたび「シワ、タルミは幻想!若々しいのが本当!」とやっていました・・・

が・・・・

すべては意識しだい!とすっかりお肌の手入れを怠けていたら、この乾燥の時期、
ある日、鏡を見てビックリ!

「あらら・・・ナニコレ?」状態!

それから、あわててお肌のケアーを再開しました。

私が思うに、この次元では、まだまだ、思考(意識)だけで現実化させるには、
集合意識(エネルギー)にたくさんの刷り込み、思い込みが根付いている?ので
そこを打破するのはなかなか難しい・・・

だから、やっぱり思考プラス行動する!ことも必要と再認識した次第です・・・。

なので、私は視力回復のため「ボヤケて見えるのは幻想!・・・」と言いながら、
目のストレッチ運動をしたり、目薬さしたりしています・・・。

そのおかげか?この間の健康診断で視力が数段アップしていました。

そんな昨日のことですが、テレビで画面は見ていなかったのですが、
「フッと!」あるCMが耳に入ってきました・・・

「50代からは骨密度がなんたらかんたら・・・」みたいな・・・

「あー、そういうことか、こうやってテレビなどを使って刷り込み、思い込みが
されていくのだな~」と・・・

50過ぎたら・・・

何歳になったら・・・

本当はそうならないかもしれないのに・・・

知らないうちに「〇〇だったら〇〇になる」「〇〇になるためには〇〇しなければいけない」
とか・・・

この世は物質世界で、経済世界?で成り立っているから・・・かな?

ただ、私が結構「思考(意識)」で効果あり!と思っていることもあります・・・

ひとつは「私はいくら食べても太らない!」となぜかずーっと「信念?」を持っていて、
ちょっと太ったかな~と思うと、「これ以上は絶対太らない!」といつもやっている体操を
気合?を入れてやります。

するとだいたい1~2週間で元に戻ります。

このお正月も食べ過ぎて、お正月中ジーパンを履くとパンパンだったのですが、
今はまたユルユルに戻っています・・・。

ちなみに遺伝子的には太る資質は50%以上?かな?

私がしている体操は以前も紹介したチャクラの通りを良くすると言われている
チベット体操」を主にたまに「骨盤体操」をやっています。

最近は太もも、下腹に肉がつきやすいので「クノンボール」というボールを使った
体操を太ったかな~という時だけ短期集中でやります。

座っている時、何かしながらでもボールを足のくるぶしのところに挟んでギュギュと
しているだけで、私は太ももの肉が落ち効果大です!

それと、そういえば、以前も書いたのですが、「病は気から」はホントかもですよ~

私は、小さい頃から結構虚弱体質で、風邪もよくひきそれが元で、
今では持病持ち(じんぞー病)です。

医者に「風邪をひくと持病が悪化する」といつも言われているので、
以前の私はいつもビクビクで特に冬になると電車の中で咳をしている人がいると、
そーっとそばを離れていたぐらいです・・・。

健康雑誌を読みあさり、テレビでも病気に関する番組をよく見ていました。

今では、そんな情報は必要ないって感じです・・・。

月に一回の病院での検査結果も波があったりするのですが、
この頃はあまり気にしていません。

お医者さんがいつものように「風邪を引かないようにね」という時も、

前は心の中で「でも、ひいちゃうんだよー」と言っていましたが、

この頃は、「大丈夫!ひかないから!」と心の中で答えています。

やっぱり、そのおかげか?この数年は風邪をひくとこともなく寝こむこともなく、

元気です!

でも、プラス行動!なので、人混みに行くときは、冬はマスクをして、手洗い、うがいは
かかしませんけどね・・・

特に、マスクは、ウイルスを防ぐ、ノドの乾燥を防ぐ、シワを隠せる?ということで
必須アイテムです・・・。

ただ、これからどんどん自分の波動(周波数)が上がっていけば、思考(意識)だけで、
いつまでも元気で、若々しい理想的な肉体になれるかもしれませんね~

 EVAのおすすめ

100歳まで歩ける!クノンボールエクササイズ ─「1日5分」で健康長寿【特別付録:クノンボールつき】 (JK MOOK)

新品価格
¥1,890から
(2014/1/17 15:36時点)







関連記事

あの頃みた夢のつづきとは・・・

illust1949_thumb.gif

この頃、何年か前に見た夢の内容が「フッと!」何度も浮かんでくるのです・・・。

その夢はちょっと特別で、あの「2012年12月22日〈21?)」のアセンションする?
とか言われていた頃、私はいろいろな情報を知りたくて「アセンションなんたら・・・」
みたいなワードで探索していました・・・

すると、あるブログにたどりつき、そのページを見てビックリしました・・・

ちょうど同じ時期、私が見た夢とほとんど同じ内容の夢の事が書かれていたからです。

そのブログ主さんは、スピリチュアル的なお仕事をされている方で、今ではアチラコチラに
転載、紹介されているのを見ますので、スピリチュアルブログ?では有名な方?だった
みたいです・・・。

ちなみに、そのブログは「ミカエルブレイズ」さんの
「コルマンインデックス 第9サイクルスタート」という記事です。

その夢の内容とは・・・(ほとんどミカエルさんの記事に書かれた夢と同じですが・・・)

高校生らしき私が、修学旅行のような旅で、ホテルに泊まっているのですが、
ホテルの中で私は、一人で迷ってしまい自分の泊まっていた部屋に戻れなくなってしまう。

その部屋には荷物を置いたままなので、取りに行かなければと気にしながら、食事も
取りたいのに、どこに行けばいいのかもわからず、みんなはどこにいるのだろう?
と、ウロウロしていると、昔の知り合い、友人とかに次々出会うのですが、
その人たちに「私の部屋はどこ?」と聞いても、「わからない」という・・・

すると、会社勤めの頃の仲良しだった先輩に会ったので聞いてみると、

「フロントで聞いてくれば?」と教えてくれたので、私は「そうか!」という感じで、
フロントに聞きに行きました・・・。

ミカエルさんはその後のことも書いていて、それを読んですごく納得した覚えがあります。

実は、私もその続きがあったはずなのに、
今、どうしても思い出せなくなっているのです・・・。

その夢はとても印象的だったのでノートにメモったのですが、なぜかそのノートも
探してみたけど見つからない・・・

でも、あのアセンションブーム?も過ぎ?その夢もずーっと忘れかけていましたが、
この頃やたら浮かんでくる理由が、なんとなく私なりに理解しています・・・

その頃よく見ていた夢の内容が決まって「学校」「修学旅行」「卒業」とかいう
キィワード?が出てきたり、

「卒業」するという時も、いつも「荷物」を取りに教室やロッカーに戻ろうとしていたり、

その時「荷物」を持って帰ろうとしても「荷物」が多すぎて持ちきれない・・・

その夢の中で、私は「どうしてこんなに荷物が多いのだろう?」と思っていたり・・・

つまり、それは・・・

この3次元的世界のお荷物(恐れが基本のもの)を持っては、

「新しい世界には旅立つことはできないよ」ってことかな・・・

前記事にも書いたように、

私にとっての「次のステージ」とは、もう生まれ変わらなくてもいい世界

もし、自分で選択できるというのなら・・・

また、生まれ変わり、3次元的に生きるのか・・・

もう、生まれ変わらなくてもよくて、宇宙船に乗って故郷の惑星(ほし)に帰るのか・・・
(モーソーはいってますよ~)

自分で選んで、決める時が来た!よーな気がしています・・・。

私が、数年前に見たその夢で、フロントに聞きに行った後のことを思い出せないのは、

行き先が変わったからなのかもしれないなぁ~と妄想しています・・・。

もちろん、私の望む方に・・・

次のステージに行くのなら、家族も含め今まで出会った人たちとは、

もう3次元的世界で役割を変えながら演じ合うこともない・・・

今度は宇宙船の中で再会!なんてね・・・

でも、それは、肉体を着たままなのかどうかはわからないですけどね・・・。

どっちにしても、そう思うとこの3次元的世界での暮らしも悪くはなかったと、
おなごり惜しい気もしてきます・・・。










関連記事

鏡の中の「わたし」・・・



自分のまわりの人たちは、すべて自分の内面を映し出す鏡・・・

自分は、「あーはなりたくない!」を映し出す「反面鏡」

自分は、「あーなりたかった!」と本当の素の自分を映し出している「合わせ鏡?」

特に、反面鏡に映し出されている姿は・・・

「なりたくない自分」を映して見せてくれているありがたい存在なんだと・・・

そして、時々目の前に現れる繰り返される同じような現象には・・・

まだまだ、自分が気づくべき「観念」があるのだと・・・

そこまでは、なんとか学習済み?でしたが・・・

ある日・・・

「繰り返される現象」を見ていて、つい、ひとり言でブツブツぼやいていた・・・

その時思わず発したある言葉に、私は「ハッと!」気づいたのです・・・。

「アレッ?これって反面鏡の中のワンシーン?」

ひょっとしたら・・・

反面鏡に映し出される姿は、そうならないように「なりたくない自分」を、
見せてくれているのではなく、

「鏡の中の人」は、まるっと自分自身?

「反面鏡」というより、「反射鏡」なんじゃない?みたいに・・・

そう思うとさらに・・・

もしかしたら、それって、私の魂のクセ?

つまり、「魂のテーマ?」

ずーっと、今までの「生」で、DNAに刻まれているのか、前世からの記憶なのか・・・

クリアーできずに持ち越してしまっていることなんじゃないのだろうか・・・

と思ったわけです・・・。

潜在意識の奥の奥の方に、コッソリ隠れていて、自分では気づかず、

どこかで気づいていたとしても認めたくないもの!だったりして・・・

そこのところに気づいて、認めてクリアーしていかないと、

次のステージには、進めないみたいな・・・

次のステージ・・・「もう、生まれ変わらなくてもいい」ってことかな・・・

なぜなら、自分で掲(かか)げていた?「魂のテーマ」を、もう持ち越す必要が
なくなるから・・・

そう思うと、私のまわりの人たちが、「すごい!」と感心するほど、
完璧なシナリオで、それぞれの役を演じてくれているのだと・・・

だから、「感謝!感謝!」することはあっても、憎んだり、恨んだりする必要なんか、
すこ~しもなかったんですね~

私が思う「クリアーする」ってことは・・・

ただ、気づいて、認めること・・・

そして、どんなことも「人のせいにはしないこと」ではないのかなぁ~と思っています・・・。







関連記事

きっとすてきな未来がまっている!



この間、息子(弟の方)がお気楽三昧(ざんまい)?の私を見て・・・

「お気楽でいいよね~、悩みなんてないでしょ!」と言うので・・・

私は・・・「ない!」と即答しました!

この頃の私にとって、悩みはあると思ったらある! ないと思えばない!という感じ?

つまり、過去に戻れば、憂鬱になり・・・

未来を恐れれば、悩みでいっぱいになる・・・

でも、今、この瞬間、瞬間にとどまれば・・・

悩みなんて・・・なぁ~んにもない!

今ここにいる自分が、ちっちゃなことにも、幸せを感じ、感動できるようになったから・・・

朝、ベランダで太陽の陽(ひ)を浴びたりする時(サードアイに集中!)

遠くの方の雪をかぶった美しい山々の景色を見る時

チャーちゃんのしあわせそうな寝顔を見る時

一杯のお茶を飲む瞬間も・・・

幸せを感じたり、感動することは、自分の周りにいっぱいある!のだと気づいた時から・・・

もちろん「まったく、憂鬱になることはないです!」なんてことは言えませんが・・・

ただ、この頃は過去を振り返ろうとしても、なんか過去の記憶が遠いところにある感じ?

そんな過去があったのか、なかったのか・・・

昨日のことさえたぐり寄せるように集中して思い出さないと思い出せない・・・

アッ・・・年のせいの物忘れとは、ちょっと違う感じですよ・・・

それに、ムリにすんでしまった過去を思い出す必要もないですしね。

そして、ムリに「いい未来」を創ろうとしなくてもいいんだとわかったから・・・

「今、この瞬間、瞬間」を「ワクワク!」して「お気楽!」にしていたら、

未来は自動的に?すてきな未来になっていく・・・

そんな風に思うようになったから・・・

そうやって過ごしていると、ムリして「ありがとう!」と唱えなくても、

「感謝!感謝!の気持ち」は自然にわいてくる・・・
のだということも、わかってきました・・・。

ずーっと、「どうして地球に来ちゃったんだろう・・・」と思っていたけど、

この頃やっと、この地球に来た?イミがわかるような気がしています・・・。

これから、きっと!すてきな未来がまっている!

私はそう確信しています・・・。

それは、「自分で選んで」「自分で決めれば」いいだけだから・・・
関連記事

2つの太陽???



前回書いた太陽つながり?で・・・

昨日の早朝、仕事に行くため家を出た「夫」からすぐに携帯に電話があり、

「太陽見てみて!すっごく大きくて真っ赤な太陽が出ている!」と言うので、
私は、急いでベランダに出て太陽を見ると東側に日が昇った所で、
眩しくって目がチカチカ!・・・

「え~、特別真っ赤でも大きくもないのにー」とすぐ部屋に戻りました・・・

夜、「夫」が帰ってきてから言うには・・・

車を運転していて、「フッと!」見ると、真っ赤でとても大きくて太陽が眩しくなく
ハッキリ見えたそうです・・・

急いで私に電話した後、「あれ?なぜ西側に太陽が出ている?」と思いながら、
道路を右に曲がったとたん眩しい太陽が東側にあったと言うのです・・・

つまり、太陽が2つあった?

ひょっとしたら、「夫」は別次元の太陽らしきものを垣間見たのかもしれません・・・

そういえば、最近アチラコチラに「第2の太陽ニビル?」が NASAのSOHOの映像に
映っていたとか・・・

ハートの贈りもの」さんのブログにもありました。

実は、私もこの数日太陽が沈む時、太陽の上にもう一つ太陽が乗っている?
よくyoutube動画にアップされているようなものを見ることがありますが、
太陽の光?が雲に反射しているのだろうという感じで、あまり気に留めていません・・・

私は何もかもまるっと信じることはありませんが、自分が「グッと!」くるものは、

「そんなこともあるかもしれないな~」と受け入れています・・・

ただ、「夫」も「これからはいろいろなものが見られるようになるのかもしれないなぁ~」
と言っていましたが、私もそんな気がして「ワクワク!」しています・・・。




関連記事

夕暮れ時の空は不思議で美しい・・・




私は太陽が沈んでいく瞬間を見るのが好きで、

「お陽さまぁ~、今日もたくさんエネルギー、パワーをありがとう~!
またあした~、さようなら~」とか言いながら見ているヘンなオバサンです。

沈み行く太陽は眩しくないことも多く、日によってはものすごく大きな真っ赤な太陽が
沈んで行くところは感動的ですらあります・・・。

今日も太陽が沈み行くところを見ていて、そういえばと・・・

「遠い記憶・前世からの約束」改め「前世からの旅立ち・遙かなる再会」さんのブログ

【未知の飛行体5(光の船)】という記事の中にあった赤いひこうき雲のような
飛行体のことを思い出し、今までに同じようなものをよく私も見ていたのですが、
飛行機かな~と思っていたため、あまり気にしていなかったのです・・・

今日もひょっとしたら見れるかな~と思って、「フッと!」視線を向けると、
なんと、その先に「前世からの旅立ち・・・」さんのブログに載っている画像(最後の画像)
とそっくりの物が・・・

急いで双眼鏡で見てみました・・・。

すると、やはり飛行機らしきものは見られず、ずーっと、そこにいる感じ?

寒いので上着を取りに行ってからもう一度見てみると、今度は飛行機雲のようなものは
なくなっていて白っぽいすごく大きな飛行機の胴体だけみたいなものが浮かんでいました。

光っているようにも見え「何だろう?」と思ってみていると、飛んでいったというより、

「ふ~っと」消えてしまいました・・・

時計を見ると、気づいてから15分以上はたっていて、とっくに太陽は沈んでいました・・・

ひょっとしたら・・・「葉巻型UFO???」

やっぱり、空を見ていると美しくもあり、不思議なものもあり、いろいろあって
おもしろいです!

そういえば、これを書いていて「フッと!」思い出したのですが・・・

今日は、最初から太陽が沈むところを見てみようと思ってベランダに出たわけではなく、
台所でお米をといでいて急になぜか「フッと!」太陽を見てみようと思って、
途中でやめてベランダに出たのです・・・

「前世からの旅立ち・・・」さんのブログに書いてあるように、

「見せるため」を意図して姿をあらわしている・・・らしいですからね~

その記事の中にもあるように、こうやって私が書くことにも何か意味があり、
読んでくれる人にも伝わるものがあるのかもしれないなぁ~と・・・

なんとなく思いました・・・。


【宇宙人遭遇への扉】(人類の進化を導くプレアデスからのメッセージ)
リサ・ロイヤル&キース・プリースト共著から抜粋

人間は固定観念で現実を捉えようとしますが、宇宙人の現実は人間の現実のルールでは
決して測れません。そして宇宙人との出会いの多くは、そうしたルールに沿っては起きない
のです。高度な科学技術を持つ宇宙人の多くは、たやすく姿を隠したり、変身すること
ができます。彼らは宇宙船を夜空の星々として装うこともできるのです。とはいえ、
本来そうする必然は彼らにはありません。ですから、もし宇宙船を星として装う宇宙人が
いるなら、それは意図的な行為と見るべきでしょう。もしかすると彼らは、
「もっと意識を柔軟にしなさい」というメッセージをあなたに送っているかもしれません。

しかし根本的な問題は、現在の人間が宇宙船を無害な星々としてか認識できないことに
あります。前章で述べたマゼランの逸話にもあったように、島民には着岸に使われた
小船は見えても、大型帆船は見えませんでした。それらは彼らにとって日常生活で使う
カヌーに似た形の小船は、抵抗なく受け入れることができたからです。
同様に現在の地球人は、日ごろから馴染みのある星や飛行機として宇宙船を認識します。
言い換えると、人々は宇宙船のエネルギーを星や飛行機としてしか「翻訳」できないのです。
とはいえ、たとえジョーという男性がUFOを飛行機として見なしても、彼にUFOを
本来の姿で認識する能力が欠けていたとは断定できません。
彼の受け止め方は、地球人全員の認識方法を反映するからです。
つまり、集合意識が大きく変われば、あなたにもUFOのエネルギーが飛行機以外の姿で
見えるようになるでしょう。(ここまで)

 EVAのおすすめ

宇宙人遭遇への扉―人類の進化を導くプレアデスからのメッセージ

新品価格
¥1,680から
(2014/1/6 19:43時点)





関連記事

今年もよろしくお願いします!



あけましておめでとうございます!


今日は、毎年行っている近くのお寺に初詣に行ってきました。

そのお寺は、謂(いわ)れでは龍王が一夜にして造ったお寺とか・・・

そして、弘法大師空海が神社から剣を納めたということで、神社の奥の院となって
いるようです・・・

お参りをしている時、「このお寺は神社と合体?されています・・・」とか、
アナウンス?されていました・・・。

2014年の始まり、私はとても穏やかな感じがしています・・・

スーパーに行っても、お正月ということでか空気感(気?)がいつもと違って、
穏やかないい感じのエネルギーを感じました・・・

私は、いつもスーパーで買い物していると、すごく疲れてしまい、
「エネルギー、ゼロ~」とグッタリしてしまうのですが、

人が少ないこともあってか、のんびりと買い物できました。

そんな?今朝は、テレビで「蒼山日菜(あおやまひな)」さんという切り絵作家の方の
ことをやっていたのですが・・・

若い頃から家庭の事情で苦労もあり、外国でフランス人の男性と結婚してやっと幸せを掴んだ
と思ったら、フランスで暮らし始めた頃からいろいろなつらいことが重なり、
大病したりと、ドン底?気分で家に引きこもるようになってしまった・・・

その時、「たまたま」以前友人から教わっていた「切り絵」をやり始める。

「切り絵」をやることで、無心になれるということで、ずーっとやっていたそうです。

そして五年後、住んでいた市の要請で個展を開くことになり、その時、作品がたくさんの
人に評価され・・・

今では、何百万、何千万円?とか値がついている作品もあるそうです・・・

それと、「世界が尊敬する100人の日本人」に選ばれているとか・・・

私も及ばずながら、クロスステッチ刺繍を夢中になってやっていると、

結構、無心になれる・・・

夢中になってやれることがみつかったということは・・・

すばらしい!ことなんだと改めて思いました・・・。

何がきっかけで、見つかるかはわからない・・・

「蒼山日菜」さんも最初は、ただ色々な嫌なこと忘れたくて始めたのかもしれない・・・

そして、友人に「たまたま」おそわっただけで、独学?っぽい感じで、
今に至る・・・

芸術的センスは人から教わるものではないですしね~

そんなところにも私は、励まされました・・・

私は、もし刺繍教室とかで習っていたら、針の刺し方のルール?とか、
教科書?通りにやってくださいとか言われたら、すぐ嫌になってしまって
いただろうから・・・

布の裏側まできれいに見える刺し方よりも、

ただ、楽しくやっていたい!人だから・・・

そんな私でも・・・

何年か後には・・・

ひょっとしたら・・・・

なんて、2014年も、妄想大好き!夢見る夢子!の私ですが、

今年もよろしくお願いします!


今年元旦の朝、眠っているような起きているような半覚醒状態の時、
浮かんできた一句?・・・

『過去なんて、ない!ない!、未来なんて、わから・・・ない!ない!』

 




関連記事
プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。