スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥勒菩薩(みろくぼさつ)のような人・・・



まだまだ、ネットでもテレビでも浅田真央さん効果?について取り上げられて
いるようですね・・・。

先日のテレビでの浅田真央さんの記者会見の様子を見ていて、

私も真央さんからたくさん教えられ学ぶものがありました・・・

やはり、それぞれ受け取るものは皆違うのでしょうけれど・・・

私は、真央さんはつくづく「光の人」なのだなぁ~と改めて思いながら見ていました・・・

真央さんに対していろいろなところで・・・

妖精から女神になった・・・

青い衣をまとったミカエル・・・

そして、菩薩のようだとも表現されていましたが・・・

そんな昨日、「フッと!」目にしたブログに、

真央さんが「弥勒菩薩とそっくり」ということで、
真央さんと弥勒菩薩の写真が並べてアップされていました。

私も見てビックリ!でした。

本当にソックリなのです。

すべてはひとつ】さんのブログで見ました。

ただ、真央さん自身も言っていたように、(肉体をまとっている)「人間」なので、
私たちの知らないところでは、きっと、たくさんの涙を流したり、たくさんの苦悩があった
のだろうと思いますが・・・

真央さんから出されるエネルギー(波動)に同調して、弥勒菩薩のような
高次元のエネルギーが、真央さんを通して発せられる・・・

浅田真央さんという人間であるけれど、ときどき「弥勒菩薩」になるみたいな・・・

そんなお役目の人なのではないのかなぁ~と・・・

あの、フリースケートの演技を見て、世界中の多くの人たち、

小さな子から若い人、お年寄りまで感動させ、そして、涙した人も多いと聞きます・・・

きっと、そこには「スケートの演技」を超えたものを感じ・・・

みんなそれぞれ自分の中にある「光の部分」が反応(同調)して、浄化されたのかも・・・

ショートスケートの失敗について、あれこれ言われているようですが、

すべてのことが「神一厘(かみいちり)のしくみ」だったのかもしれません・・・。

それと、その後、私は「フッと!」気づいたのですが・・・

「光」とは「闇」と戦うのではないのですね・・・

「光」は「闇」を包み込んであげる・・・懐に抱く?とか抱き参らせるみたいな感じ?

「大きな大きな愛」というもの(エネルギー)でね・・・

だから、私は「闇」がいくらどんな手を使ったとしても、

決して「闇」は「光」に打ち勝てない!

「愛という光」に包まれ消滅?吸収?されていく・・・

それは、自分の中の「光」と「闇」に置き換えても同じことなんじゃないのかなぁ~と・・・

そんなことも思っていたら、またまた「フッと!」・・・

「浅田真央さん」という人から・・・

これから始まる物語のプロローグのような予感を感じました・・・

それは、もちろん・・・

「光に満ちた新しい世界の物語」のはじまり~、はじまり~・・・


『強い意志を持ってあきらめなければ、自分の目指すものができると

改めて強く感じることができました。

これができたことで、今後の人生にも生きてくると思います。』

記者会見において浅田真央さんの言葉から・・・









関連記事
スポンサーサイト

負けたらあかん~、負けたらあかん~



オリンピック、終わってしまいましたね~

浅田真央さん始め選手の皆さん感動をありがとうございました・・・です。

なぜか、昨日から「負けたらあかん~、負けたらあかん~」という、
あの飴のCMソングのよーなフレーズが頭の中にこだましています・・・。

ちなみに、CMは「なめたらあかん~、なめたらあかん~・・・」でした・・・。

競技に負けたらあかん~、ではなくて、「自分に負けないこと」

目の前の現実において、「これでもか!これでもか!」と、

見せつけられたとしても・・・

そんなようなことをオリンピックを見ていて改めて学びました・・・。

そんなこの頃の私の中には、「三人の私」がいるようです・・・。

一人は・・・ネガティブな思考からグチったり、悪態をついているネガちゃん

二人目は・・・ネガちゃんを「まぁまぁ~」となだめて、どうにかポジティブな意味付けを
見つけようとするポジちゃん

そして、三人目は・・・そんなふたり?を静かにただ見ているだけの本体さん

日々、自分の中でネガちゃんとポジちゃんのやりとりが続いているのですが・・・

きっと、少しずつ、少しずつ、ネガちゃんとポジちゃんが合体して本体さんに
なっていくのだろうなぁ~と、どこかでちゃんとわかっている私もいるようです・・・。

その間にまだまだいろんなことが起こるかもしれないけれど・・・

そんな時は・・・

「負けたらあかん~、負けたらあかん~、人生、自分に負けたら・・・あかんのよ~」
ですよね~

それと、以前も紹介した【ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが
思い通りになる】
という本のパート2に、

『場面別 問題解消の仕方&望みの叶え方』がチャート式でわかりやすく書かれています。

「お金」についての項目も書いてあります。

その中から「人間関係」の項目から抜粋します。

【ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる2】 うさぎ著から抜粋

他人は変えられないというけれど

自分の内面を最も如実にあらわしているのが、今の自分をとりまく人です。
多くの現象は、自分の意識によって同調したエネルギーが増幅して現象としてあらわれた
ものです。
あの人が悪い、ではなく、多くの場合、自分の内面をあらわしていると、勇気を持って
認めれば、自分を取り巻く状況は劇的に変わってゆきます。
自分の意識と言葉を変えれば良いだけだからです。
量子物理学の大原則である、現象は確率的に生じるというところからすれば、
どんなに良い生き方をしていても、良くも悪くも当たるときには当たるのです。
ただ、確率的、つまり良い意識でいれば、良いことに当たる確率が上がって、良いことが
起こる傾向にあるというものです。
加えて、人生が学びならば、学ぶレベルも上がってきます。傍(はた)から見れば
悪いことでも、その人にとってみれば、大きな学びであって、それを乗り越えれば、
さらに飛躍的に成長するというケースは、いくらでもあります。
さて、相手を変えたいのなら、まず、自分の意識を変えましょう。
自分の意識を変えれば相手は劇的に変化します。これもあくまで普通の日常での人間関係
の中での話です。
相手が直して欲しい、相手が変わって欲しいと思っていませんでしたか。
自分が相手の中に意識しているそのエネルギーが、さらに相手の価値を否定する言葉を
重ねることによって増幅して現象としてあらわれます。いわばマイナスのエネルギーが
マイナスの現象を生んでいる、まずそこを認識しましょう。
相手の悪い面に意識を向けず、良い面に意識を向ければ、そして、良い面の価値を認める
言葉を重ねてゆけば、そのエネルギーが増幅して、現象としてあらわれてきます。
簡単です。(ここまで)

 EVAのおすすめ

ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる2―場面別 問題解決の仕方&望みの叶え方

新品価格
¥840から
(2014/2/25 14:56時点)











関連記事

やっぱり、すべてのことには意味がある・・・



昨日から、ソチオリンピックでの女子フィギアスケートが行われましたね。


昨日の浅田真央選手のショートプログラムの失敗には、胸が痛みあまりよく
テレビを見られませんでした・・・

すごく努力して頑張っていた様子をテレビで見ていたので・・・

真央さんにとっては最後のオリンピックだと言われている舞台で、
うまく行かなかったのは何か意味があるのだろうかと・・・

私はきっと何か意味があるはず・・・

それは、なんだろうかと思っていました・・・。

真央さんはアスリートとしてスケートを極める姿だけではなく、
人柄の良さや心の純粋さ、美しさがオーラとして出ている感じがして、
応援していましたので、フリーの演技ではメダルとかより自分自身のために
納得いく演技ができるといいなぁ~と思っていましたが・・・

今朝、テレビで真央さんの感動的なフリーの演技を見て・・・

「あ~、こういうことだったんだ!」と・・・わかりました・・・。

メダルとか順位とか点数とか、もう違う次元の話のように感じ、

私は、涙がでそーになるほど「グッと!」きました。

どんな状況であれ、どんなことも、逃げずに最後まであきらめないこと!

どんな時も自分に負けないこと!

そして、自分を救うのは自分自身!なんだということ・・・。

みんなそれぞれ受け止め方は違うかもしれないけれど、

浅田真央選手はたくさんの人にたくさんの感動を与えてくれたのではないかな~

メダルを取ることよりも、多くの人を感動させることはとてもすばらしい!ことですよね。

たくさんの世界中の元メダリスト、現役スケーターも応援メッセージを
真央さんに送っていたとか・・・

きっと、認められ愛されているのでしょうね~

そして、「記憶に残る伝説のスケーター」になったと思います・・・。

私は、やっぱり、すべてのことにはちゃんと意味があり、

人生にムダなことなどひとつもないのだと、改めて思いました。

あるスケートブログのコメント欄にあったのですが、

「人智を超えた何かの意思のようなものが働くのを目の当たりにしました。
真央さんはこれを自分の力で引き寄せた」とありました。

私も、「フッと!」・・・

滑り終えた後の氷上の浅田真央選手の姿に・・・

『風の谷のナウシカ』のあのワンシーンが浮かんでしまいました・・・

『その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし、

失われし大地との絆を結びついに人々を青き清浄の地を導かん・・・』
 (風の谷のナウシカ)より







関連記事

幸運の印?が3つ・・・



以前、小指の爪に出た白い点について書いたのですが、
2~3日前に左手薬指の爪に白い点が出ていることに気がついて調べてみると・・・

結婚運アップ、名声、名誉運とあったので、ちょっと関係なさそーだなと、
さらに調べてみると・・・

「配偶者の出世、幸運、金運アップ」とあり、「幸運、金運」はおすそ分け?に
預かれるから「これだ!ラッキー!」といい気分になりました・・・。

そして、今朝「フッと!」左手を見てみると、

なんと、中指と小指の爪にも白い点が出ているのです。

小指はまだうっすらという感じですが・・・

それでまた調べてみると・・・

3ヶ所に出ている場合はとても「ラッキー!」なことが起こる?らしいです・・・。

白い点が出ている大体三ヶ月くらいの間に、待っているだけでなく行動に移す!ことが、
「ラッキー!」につながるとか・・・

例えば・・・「宝くじ」を買ってみるとか・・・

ちなみに、左手の爪に出るのは「受け取る手(キャッチャー)」

右手は「与える手(ピッチャー)」らしいので、

もし、ペンなどで白い点を書くならば、幸運を受け取るために左手に書くのが、
良いようですよ・・・。

左手を見るたび、「なんかいいことあるかも~」と思うだけでも、
なんとなく「ワクワク!」って感じになれます・・・。

それと・・・

以前の記事【気になる数字はありますか?】にも
書いたのですが、私は「フッと!」アチラコチラにあるデジタルの時計の数字を見ると、

「44」を表示している確率がとても多いです。

後、「44」にプラス「11」とか「33」「55」のゾロ目も、時計だけではなく、
やはり「フッと!」車のナンバーとかで目にすることがとても多くなりました・・・。

どうやらこういった何気なく目にする数字には深い意味や宇宙や天使たちからの
メッセージだったりするようです・・・。

「エンジェルナンバー(天使の数字)」などでは、

『0は神や祈り、創造、1は始まり、前進、前向き、2は信じる心や勇気、
3はアセンデッド・マスター(キリストや観音、聖人など)4は天使、5は変化、変容
錬金術、6はお金や物質に関すること、7は神聖さ、虹、OKサイン、聖なる魔法、安全性、
8は宇宙や豊かさ、成功、9は無限、才能、すべて揃っているという意味があります。

これらの数字が重なると、メッセージの意味が深く広がります。
つまり「33」ならば、イエス・キリストのようなアセンデッド・マスターたちがあなたを
取り囲み、見守ってくれていたり、サポートしてくれていることを表し、
「44」ならば天使があなたと共にいることを表しているといった感じです。
私たちが数字と遭遇するメカニズムは、宇宙が采配しているのです。
数字の方から私たちにサインやエネルギーを発信してきます。つまり宇宙からのメッセージ
でもあるのです。
正確には、宇宙と私たちの潜在意識との共鳴によって、数字との遭遇がシンクロニシティと
して起こります。宇宙との共鳴をうまくキャッチできた人が、その数字やメッセージに
目を向けたり、気づいたり、振り返ったりすることで、重なった瞬間の数字を目にする
ことができるのです。つまり、これらは、瞬間瞬間に起こっている「奇跡」でもあるのです。』
『』内ここまで、【宇宙の魔法 Alice著から抜粋】

「44」の数字に『天使があなたと共にいることを表している』

やっぱり、「羽雲」やヒラヒラ舞い落ちてくる「白い羽根」を見たことや、

「夫」が私の後ろに見た「透明な羽根」のようなものも・・・

天使が見守ってくれているのだと・・・

爪の白い点とともに、自分の受け止め方、気持ち次第で、

なんか、「しあわせ~」な気分になれるものですね・・・。


天使の数字、エンジェルナンバーについての本もあるようですよ・・・。

EVAのおすすめ

改訂新版 宇宙の魔法 Magic of the Universe

新品価格
¥1,995から
(2014/2/17 16:46時点)




エンジェル・ナンバー―数字は天使のメッセージ

新品価格
¥1,500から
(2014/2/17 16:47時点)








関連記事

あきらめないで、今できることをせいいっぱいやったから・・・



2日間、なんとか夜明けまで起きていて、男子フィギアスケートをテレビで見て、
応援していました。

羽生選手はすごい!ですね~ 「おめでとう!」ですね!

私の大好きな髙橋大輔選手は、メダルには手が届きませんでしたが、

笑顔を浮かべながら滑る彼を見て、「グッと!」来て涙がでそーになるほど、
感じるものがありました・・・。

滑り終えた後のインタビューでは・・・

『最後まであきらめない気持ちで精一杯滑った。あきらめずにやってよかった!』

そして、ケガのせいとか言い訳もせず・・・

『これが僕の実力です。でも、気持ちを込めて滑りました。

辛いことのほうが多かったですが、これが次に繋がる舞台になると思うので、
悔しかったり、辛かったり、本当にいろいろな思いがあったソチでしたが、
自分にとっては最高のソチだったと思います。』

と、清々しいとてもスッキリしたいい顔をしていたように感じました・・・。

朝、テレビで元スケート選手の女性が解説している中で、

『試合の後、後輩たちからも髙橋選手への感謝と感動したというメールがたくさん来た。』

『髙橋選手は後輩たちにとても慕われていて、尊敬されている。
男子が初めて金メダルをとれたのも、髙橋選手の貢献があったから・・・』

みたいなことを言っていました。

だから、メダルは取れなくてもたくさんの人に感動を与える事ができるのだと・・・

きっと、現役を引退しても、「記憶に残るスケーター」になるのだろうと、
私は思います・・・。

今回、髙橋選手から・・・

「どんな状況であれ、最後まであきらめないこと」

「今、自分にできる精一杯をやれば、周りの評価や、結果はどうあれ、
その結果に対して、自分自身が納得し、満足できるということ」

そして・・・

どんなことにもきっと意味があり、ムダではなく次に繋がるのだということ・・・

そんなことを改めて教えられ、心に刻みました・・・。

そういえば、髙橋選手がソチに行く前に、あるテレビ番組の中での質問コーナー?で、

色紙に「・・・あるもよし、なしもよし、自分がどうあるか」

みたいなことを書いていたと思いますが、

つまり、目の前のことにどう自分が肯定的意味付けをするかという、

「バシャール的?」生き方のできる人なんだなぁ~と感心したことも思い出し・・・

またまた、オリンピックを見ながら、勝手にいろいろ思っていました・・・。


関連記事

誰かのためより自分自身のために・・・



今日の深夜(明日かな)、オリンピックの男子フィギアスケートが始まるので、
「ワクワク!」です。

2日間は何とか夜中まで起きていてテレビを通してですが、応援しようと思っています・・・。

オリンピックといえば、ちょっと思ったのですが、

「金メダル」が確実?みたいに言われていたのに、メダルを取れなかったスキージャンプの
女の子を見ていて、なんか痛々しくてかわいそうだったなぁ~と・・・

メダルが取れなかったことではなくて、背負うものが多すぎための、プレッシャーからか・・・

吹いた風も「ラッキー!」とはならず運も味方してくれなかったようですね・・・

私は、テレビを見ていて、彼女があまりに「〇〇のため」と口にしていたことを思い出し、
「〇〇ねば」となり本来の自分の力が出せなかったのかなぁと・・・

逆に、メダルを取った2人の少年?たちは、「楽しめた!」と言っていましたが、

「〇〇のために」という気持ちより、少しだけ?「自分自身のために」という気持ちが
勝(まさ)っていたのかもしれないなぁ~と・・・

「誰かのために」より、「自分自身のために」という気持ちで、立ち向かったほうが、
どんな結果であれ、「やりきった!」という満足度が違ってくるし、後悔も少ないのでは・・・

と、かってな憶測、傍観者的意見ですが、「フッと!」思ってしまいました・・・。

ただ、その子たちに共通することは、オリンピックは親の夢ではなく、本人たちの夢であり
環境的には親の影響があったかもしれませんが、親がやらせたいことではなく、
子ども自身がやりたいこと、好きなことを親が出来る限りの協力、応援をしていたというのを
知り、「愛」がなければできないことだなぁ~と・・・

だからか、子どもたちも親に心から感謝していた様子でしたね・・・。

そういえば少し前に話題になっていた「なんとか細胞?」を発見した若い女性も、
人とは違う視点を持ち、妄想好き?だったようで、たぶん、その親も子どもの頃から、
その子の個性を認め、褒めて伸ばしてあげようとする子育てをしたのかなぁ~とか・・・

彼女の上司?が服装も個性的で「学者?」らしくないので目立っていると言っていましたが、
きっと「〇〇でなければ」なんて思わない人なんだろうな~とか、思っちゃいました・・・。

人にどう言われようと、どう思われようと、自分を信じること!

本当の意味での「愛」と「感謝」は「自己犠牲の気持ち」や「見返りを求める気持ち」からは、
生まれない、「愛」と「愛情」とは違うもの・・・

そして、「誰かのため」よりも「自分自身のために」生きること!

そんなことをオリンピック競技を見ながら、思っていた私です・・・。

関連記事

与えられたチャンスだと思って・・・



この頃、ちょっとお気楽で多忙な?毎日を過ごしています・・・。

とうとう?クロスステッチ刺繍の全面刺しという完成すると絵画のようになる超大作
「HAED」とか言われているものをやり始めてしまいました。

一目が1mm位なので、完成するのは1年後?くらいかな・・・

でも、月と天使と黒猫が描かれているお気に入りで、完成して「絵画」となるのを、
想像していると「ワクワク!」してきます・・・。

それと、ソチオリンピックのフィギアスケートを見るのもドキドキ、ワクワク!です。

そういえば、今日テレビで元?フィギアスケート選手の人が言っていたのですが、
試合前にリラックスするために、監督から縫い物をするように言われるとか・・・

やはり、私にとってもクロスステッチ刺繍はかなりの癒しになっているようです・・・。

ただ、実は、ちょっとしたことから、自分の中で「終わった」と思っていたことが、
またまた、再現?されてしまい、思考の中ではあまりお気楽に浸りきれない状態が、
続いているのです・・・。

私は、この頃よく「ハイヤーセルフ」さんや「守ってくださっている存在の方々」に、
「私はどう対処したらいいのでしょう?」とたずねています・・・。

今まで知識として知っていることで、「わかってはいるのです」・・・

でも、思考の中では納得できないから・・・

そうすると、少しずつ「ヒント」になるようなことが見つかるようです・・・

その中の一つ・・・

今日、またまた、【前世からの旅立ち・遙かなる再会】さんのブログの中にも
見つけることが出来ました・・・。

転載です・・・

◆自らの戦いの中にある皆さんへ◆

「日々感謝」
「弥勒の世」
「現世修行」
「御霊磨き」

そうした小綺麗な言葉に違和感を感じ、救いは無いと感じる自分を今は受け入れて下さい。

愛は語るものでもなく、表記するものでもなく、内にありて体現するものです。
内在の自我が愛であればそれで良しです。

潔癖に向かって毒を吐き、泥の中でのたうち、もがき、苦しんでいる事。
しかもそこから逃げず、外に助けを求めず、その術を知らず、孤高の戦いを続ける自分に最大の敬意を払い愛して下さい。

自分との最後の戦いに挑むあなたを敬愛します。
あなたの勇気に祈ります。

誰一人この世界に不要の者は居ません。

傷つき疲れ、幾度もくじけそうになりつつも、それでも前に進もうとするあなたの到着を天は忍耐を持って、慈悲深く待っています。

無理無く自分の歩幅で良いのです、急ぐ必要は有りません、でも必ず進んでいる事を信じて下さい。
(ここまで)

この記事の中にある、「日々感謝」ということには、わりと意識しなくても自然に、
受け止めれるようになったようですが・・・

でも、改めてここに書かれていることを読んでみると、私の中にいる一人が?

「弥勒の世」は・・・「ヤレヤレ、いつのことやら・・・」

「現世修行」「御霊磨き」・・・「なんでやねん!」「やってられへんわー」と・・・
(関西の人ではないですが・・・関西弁風?で書いてみました)

なんとなく違和感を感じていたのだとわかりました・・・。

『自分との最後の戦いに挑むあなたを敬愛します。
あなたの勇気に祈ります。』

「グッと!」来て涙がでそーになりました・・・。

「自分との最後の戦い」・・・

自分の気持ちに正直に、自由になるための・・・

いつも、自分以外の人の気持ちを優先してきてしまった私に、

サヨナラするために・・・

「ちょっとしたあること」はそのチャンスを与えられたということなのかも
しれないなぁ~と思っています・・・。






関連記事

この惑星、地球に生まれてきた理由(わけ)・・・



昨日の夜、「前世からの旅立ち・遙かなる再会」さんのブログ記事
「真実を知る者の沈黙(ガブリエル)」を読んで、

今の私にとって、「モヤモヤしていたことへの答え」のように感じ、何度も読み返し、
コピーまでして、寝る前にも読んでいたら・・・

その時、「そのために生まれてきた!」というフレーズが何度も、何度も、浮かんできて・・・

体の奥から湧き出るような思いがあり、魂がふるえる?ような感覚となり、
めずらしくしばらく寝付けませんでした・・・。

自分がどうして、「こんなにも」制限、束縛だらけの環境を選んで生まれてきたのか・・・

『伝えたくても伝えられない、伝える術を持たない、それがどれ程の苦しみであるかを
本人はよく知っている事であろう。

しかし、新次元への道は苦しみからの離脱と解放を必須とし、自己欺瞞はその道を閉ざす』
【欺瞞(ぎまん)=人の目をあざむきだますこと。ごまかすこと】

とあり・・・

私は、ずーっと、誰に、何を言われようとも、

「自由が大好き!、縛られるのなんか大嫌い!」と大声で叫びたかった!

今まで、私はどれだけ自分を欺(あざむ)いてきたのかと・・・

この頃の私は、今までしてきた「〇〇しなければ」が、思考ではしなければと思っても
ハートが拒否って?、前のようにはどうしてもできないことが、ちょっとあって、

それは、もうこれ以上、自分をだましたままではいられない時が来た!

『生まれ来たその約束を果たす時が来た』

まさしく、そうなのだと思いました・・・

いろいろな思いがよぎり、その後眠りにつく時に、涙がひとすじ、頬を伝っていきました・・・

この『真実を知る者の沈黙』に書かれていることは、

読む人によって、それぞれ思い当たることや、受け止め方が違うのだろうと、
思いますが・・・

このブログを通して、私にもメッセージが届けられたのだと、
そのお役目をしていてくださるブログ主の「farmemory」さんに、改めて感謝です。

もしも、「ライトワーカー」という役目を担(にな)って、生まれてきているのなら、

その人たちは、そこに存在しているというだけで、光を放ち、周りに影響を与えることが
できるというようなことを読んだことがあります。

「ライトワーカー」、ちょっと調べてみたら、いろいろな解説?がありましたが、

『この惑星(地球)に住む人々を、「恐れ」が与える影響からとき放す手助けを
することを自ら選んで生まれてきた人』

というのがありました・・・。

『真実を‥・』に書いてある事を読んで、「グッと!」来た!・・・

そんな人は、きっと・・・「ライトワーカー」なのかもしれないなぁ~と

私は思います・・・。

『真実を知る者の沈黙(ガブリエルより)』【前世からの旅立ち・遙かなる再会】さんから
転載です。

真実を知る者の沈黙(ガブリエルより)◆

伝えたくとも伝えられない、伝える術を持たない、それががどれ程の苦しみであるかを本人は良く知っている事であろう。

しかし、新次元への道は苦しみからの離脱と解放を必須とし、自己欺瞞はその道を閉ざす。

真実を知る者は、知るべき者、知りたいと願う者に伝えねばならぬ責務を持ちここに生を受け、今時が来た。

伝える事、真実を語る事は時に高い壁となろう、しかしその壁を前に引き返さず進むと決めた自らの遥かなる約束を思い出しなさい。

それがここに居る意味と使命である。
伝える事の喜びは、あなたの手の中に握られている事を知ることだ。

・・・・・・・・・

伝える事が出来なくても、その真実に基づいた生き方をすれば、それだけで離脱と解放を意味します。
そして、そう生きると言う事で言葉に頼らなくても、自らの生き方が多くを語り、多くを告げて行きます。

焦る事は有りません、強い使命感も不要です。
ただただ内なる自分に

「生まれ来たその約束を果たす時が来た、自分はそれを望み受け入れる、恐れる事無く真実を体現する」

そう伝えて下さい。
ハイヤーセルフはその言葉を待っていた筈です。




関連記事

罪悪感なんていらないよね!



今日は「節分」ですね。

以前は、私もそのいわれとかもあんまり知らないまま、ただ世間の流れ的?に
豆まきしていました。

今回、「フッと!」「鬼はそと~」と言うけれど、鬼って本当に悪者?だったのかな?
と思っていたら、

楽しいアセンション・次元上昇】さんのブログのおすすめ記事に、

「節分の嘘と国常立尊大神の復活」とあったので、読んでみるとなんとなくしか
わからなかったのですが、ただ、今までのこの世界は何が正義で、何が本当かなんて
もうよくわからない世界ですよね・・・

ちょうど、【ミカエルブレイズ】さんのブログにもそんな記事が載っていました

一部だけ転載です。

『あなたのなかの罪悪感、否定感に気付くタイミング』

いま、世の中には「正義」の言葉で人々をコントロールしようとするエネルギーが
増幅しています。

だれもが内側に抱えている、

罪悪感や自己否定感を巧みに利用する意図をもつ存在が動いています。

そのことに気付いて、コントロールの渦から自由になってください。

あなたは自分自身に忠実であって、いいのです。

だれの指図も、だれの指示にも従属する必要はなく、

女性も男性も、どんな立場にいようとも、

自由であることに罪悪感を抱く必要はありません。

あなたが自由であるということは、

あなたの周囲のすべての人たちの自由をも認めることになります。

自分自身への自己信頼の弱さ、自立することへの怖れが

周囲の人びとの自由を奪う「正義」の言葉への同調になることに気付いてください。

ほんとうの強さとは、「正義」を叫ぶものではなく、間違いを糾弾することでも
ありません。

他者の自立と自由を認め、自らの自由を信じる自己信頼の確かさがほんとうの

強さであり、強いということは、固く、大きくあるという「強さ」とは真逆であるという

パラドックスを内包しています。つまり、優しくしなやかにあることが、

真実としての強さになります。

結果、一人ひとりが自らの自己信頼の強さを内側に求めることが、

これからの皆さんの社会の楽しさ、豊かさをつくるパワーになるのです。(ここまで)


この世界にはどんだけ正義という名の下の「支配・コントロール」
そして、それに伴う「罪悪感」が蔓延しているのだろうか・・・

と、そんな私も自分のハートに正直に、自由でありたいと思う時に、
襲ってくる?「罪悪感」にウンザリしていて・・・

そんな時は、飲み込まれないように「その感情」をなるべく俯瞰して見るように、
しています・・・。

そんな集合意識(エネルギー)に飲み込まれてしまうと、

私たちは今までのように眠ったまま・・・

「もう、眠ったままはイヤだー!、私は目覚めるのだ!」と意図するだけでも違ってくる・・・

そこから始まるよーな気がしています・・・。


関連記事
プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。