スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世は幻想・・・だけど、体験はリアル・・・



そういえば、「フッと!」・・・

以前の記事、【やっぱり、空には不思議な飛行体がいっぱい?】にも書いたけど、

コミック本【アマテラス 2】 美内すずえ著から

『部屋が波打っている・・・!?
ううん ちがう・・・!?

空間が振動しているんだわ・・・

これがわたし達の住む世界の波長(バイブレーション)・・・!?

えっ?
なに?これは・・・!?

光の粒子がすごい勢いで回転している・・・!

すごい・・・!

空間も物体もなにもかも光の粒子で波打っている・・・!

これが本当の世界・・・!?

物体は個体ではなくすべてが光の粒子でできている・・・!

空間も含めあらゆるものが一定の振動する周波数をもっている・・・!

その光の周波数が「次元」を決める・・・!!

これがわたし達の生きる次元の周波数の振動・・・!?』
(ここまで)

まさしく、私の5次元体験?と同じじゃあないですかーと・・・改めて本を読んで・・・

「おぉー!」ってなりました・・・

ただ、あれからあの数日間のように、「すごい・・・!」ってまでは見えなくなり、
プラーナはいっぱい見えますが、すこーしだけホログラムって感じです・・・

「夏至のエネルギー」も関係していたのかな・・・
すでに5次元にいるのかもしれない

そんな私は、相変わらず、「引き寄せ」のことを考えていたりしていたのですが・・・

なんか、「フッと!」・・・

もう、「お金とかも引き寄せよーと、思わなくてもいいみたい・・・

だって、もうすでに在(あ)るのだから・・・」

と、そんなような「知識として得ていたこと」が腹の底まで落ちた感じ?

「わかってしまったかも・・・」と、思っていたら、

シンクロするかのように、あるブログに、たまたま、たどり着き・・・

『この世はリアルな幻想の世界』そんなことが、

私にわかりやすく、書かれていて、

そこには、私が見えるようになった手から出る「オーラ」のような、

「手」のイメージ?写真までがアップされていました・・・。

気づきの科学】さんから転載



この世はリアルな幻想世界







この世は幻想である。



なにをバカな・・・・という人が多いかもしれない。



幻想と言っても、何かぼんやりと霞んで見えることではなく、しっかりした感のある虚構の世界である。



しっかりした感を作り上げるものが物質と呼ばれている、いわゆる「固い物」である。



固い物があるからこそ、現状を維持できるわけである。



しかし、我々の常識レベル、通常観念で固く感じる物は、どんどんミクロに分解してゆくと、何もなくなってしまう。



そこに在るのは目に見えない・・・もの、それをエネルギーと呼んでいる。



エネルギー自体は数字に換算することが出来る・・と科学では想定しているが、



しかしながら、誰もそれを見た者はいないのだ。



物質はエネルギーで出来ており、そのエネルギーは見えないものであれば、



物質も本質的には見えないものから出来ている、⇒ 見えないものである。



そうだろう?



でも見えている・・・ように感じている・・・。



見えないものなのにも関わらず、ある観点からは・・・あなたはそれを、見えるように感じているわけである。






「そうだ、俺も見えるぞ、見える、・・・



そうそう、わたしもそうだわ、世界は物だらけだよ、ねーあなたも見えるでしょう?




あなたもそれに従いなさいよ!」  というわけである。






そういう観点が集合して、常識観念が出来上がっているのである。



国や地域や、村や、世界組織、法体系にしてもその類の「観念体系」なのである。



多くの人々が、その幻想世界で、あーだこうだと騒いでいるのだ。



その波動的物質幻想世界を壊すことが出来るもの、核兵器等を持ちだしてまで、



あーだ、こうだと言い張っている極めて幼い霊的幼児たちを見よ。



ある一定レベルで、その幻想世界の仕組みを理解できない者たちが往々にして、核で滅んでしまうのは、問題を理解できなかったということを示している。



物資レベルを越えなかった者たちの拙い演技とはいえ、とんでもない幕引きでもあるのだ。





でも今回はそれが出来ないだろう。





物質はエネルギーで出来ており、そのエネルギーは見えないものであれば、





物質も本質的には見えないものから出来ているところの、・・・・見えないものである。





また、エネルギーは波であり、有ると無いとの境を振動しているもの。






世界は、・・・有る~無いの間を振動している「波」が創り上げるものであるため、



森羅万象は変幻自在、万有変化しており、有るように見えて、実は無いのである。






また、無いように見えて実は有るのであるから、人間の小さな思考にとっては実に、ややこしいことになる。



どうして無いのか?、ずっと有ってほしい?・・・そうやって、銭・金・物を集めることになる。



地位や名誉、権勢、権力・・・それを集めることになる。



しかしながら、諸行無常、それらは続くはずもないわけだ。




物質はエネルギーで出来ており、そのエネルギーは見えないものであれば、



物質も本質的には見えないものから出来ているところの、・・・・見えないものである。



また、エネルギーは波であり、有ると無いとの境を振動しているもの。






世界は、・・・有る~無いの間を振動している「波」が創り上げるものであるため、



森羅万象は変幻自在、万有変化しており、有るように見えて、実は無いのである。れこそ、思考、選択次第で、気づけばあっという間に消え去るものである。



人生も権力も地位も名誉も同じことである。



違うだろうか?



あなたもわたし達も、そういうことを何十回と経験してきたのではなかったか。






・・・・

電磁波、光の磁場と電場の交互伝搬のように、




世界は、・・・有る~無いの間を振動している「波」が創り上げるものであるため、



森羅万象は変幻自在、万有変化しており、有るように見えて、実は無いのである。







それが、この世界はリアルな幻想という面白い仕組みの話である。



せっかく頭の固い西洋の科学者たちが、律儀に突き止めた真実、全ては量子でありかつ波動であるという発見を無駄にしてはならないだろうう。






この世はマーヤ(幻想)の遊びであるという東洋の英知と、その正反対の方向から1つ1つ肉薄してきた物質的精神追究のコラボレーションが既に成ったのである。







そういう思想のレベルでなく、これが事実である、また幻想である。







そう、この世、この惑星も、リアルに見える、1つまとまりの幻想世界である。





夢を楽しくするのも、そうでなくするのも、それぞれの「わたし」次第ということが、



もう、解(わか)って・・・しまったのだ。



だから、くよくよしたり、マジになって苦しんだり、そんなくだらない遊びはもういらないのだ。




どんなときにも、朗らかに在ること、





そして時々でもいい、毎日でもいい、



こころの底から、大笑いに笑うことが、いわゆるこれからの・・正しい行為なのである。

(ここまで)

これからは、「わかってしまった人」が、どんどん増えていく気がする・・・

ただ、この世は幻想だけれど、あまりに体験がリアルすぎて、

なかなか、気づけないだけかもしれないねー・・・。

 EVAのおすすめ

アマテラス 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

新品価格
¥905から
(2014/6/30 18:42時点)




アマテラス 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)

新品価格
¥905から
(2014/6/30 18:43時点)























関連記事
スポンサーサイト

「過去はもうすぎたこと」・・・だから、私は私の道を行く!



昨日、出かけた時、駅のホームで電車を待つ間、空を見上げて、
「今日もプラーナがいっぱい!」と見ていると・・・

ちょっと離れたところのものが、揺らいでいる?波打っている?
陽炎(かげろう)みたいに・・・

気のせい?目のせい?

でも・・・夜寝る時、真っ暗の部屋でなくても、プラーナが見えるようになったし・・・

すべての物が波動を出しているから、その「ゆらぎ」かなぁ~と・・・

そうそう、「ゆらぎ」と言えば

歌手の「松任谷由実・宇多田ヒカル・徳永英明」さんなどの歌声からは、

「α波f分の1のゆらぎ」がでているのだとか・・・
【それを聴いた時、脳波がα波(アルファー波)を出す、心身ともにリラックス、脳なども
緊張がとれる状態になる。
「f」=Frequency(周波数)の頭文字
音の高低・強弱・規則正しく・不規則・・・と「ゆらいでいる」】

つまり、その「ゆらぎ」によって、頭(マインド・思考?)を使わない、
休ませた状態になるそうです・・・。

α波は『海・森林・ろうそくの炎・そよ風・木漏れ日・波の音・小川のせせらぎ
蛍・夜空の星のまたたき』などからも出ているとか・・・
【参考 村山友美さん 公式ウェブサイトから】

「なるほど!」

その周波数によって、癒しになったりするのですね・・・


そういえば、この間からのキラキラホログラム体験も、部屋の中の物が「波打っている、
揺らいでいる」って感じでした・・・

私は、近眼(ややろーがんも)なので、最初、目が悪いから、そう見えるのかと、

メガネをかけて見てみようと・・・

「メガネ、メガネ・・・」と探していたら・・・

「な~んだ、メガネかけてるじゃん!」

そんなようなことが、日常茶飯事(にちじょうさはんじ)の私・・・

この頃は、そんなオッチョコチョイのドジ子さんのわたしが、

「大好き!でーす!」と、胸を張って言えるようになりました・・・

誰かに批判・否定され続けてきたとしても、されているとしても・・・

「気にしない!気にしない!」

そうやって、もう、過ぎ去ったいらない過去を手放すと、

ウッソみたいにホントに、過去の思い出が「楽しかったこと・おもしろかったこと」
ばかりになってくるみたい・・・

どこかに、「オヤを許すと、お金と人間関係が好転する」とあったけど、
そうかもしれないなぁ~って感じです・・・。

昨日、本屋さんで見かけた【母と娘の「しんどい関係」を見直す本 石原加受子著】
という本を、チラッと見てみたら・・・

「なるほど」と、思うことがいろいろ書かれていました。

が、こういった本は日本だけでなく、外国の本にもた~くさんある・・・

それも、今までの世界、「ねば、ねば世界」の古い産物かもしれないね・・・

それと、以前の記事【魔法をかけられていたかのように】にも書いた

まだまだ、ちまたで話題の「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」の英語バージョン
の原文の日本語訳の歌詞が・・・

(一部引用ここから)
…………
私の苦しみを天だけが知っている
秘密を悟られないで
いつも素直な子で
感情を抑えて隠さなければ
でも知られてしまった
これでいいのかまわない
もう何も隠せない
これでいいのかまわない
過去に扉を閉ざすのよ
もう気にしない
何を言われようとも
…………

遠くから眺めるとすべてが砂粒のよう
恐れは遠く去りもう私を苦しめない
怯えることなく未知へと突き進む
善悪やルールに縛られずに
私は自由よ
これでいいのかまわない
空と風は私のもの
これでいいのかまわない
二度と涙は流さない
自分の道を行く
ここは私の王国
…………

私のパワーが大気と地に満ちる
氷の図形のように私の魂が広がる
結晶となって思いが形作られる
二度と戻らない
過去はもう過ぎたこと
これでいいのかまわない
新しい夜明け
これでいいのかまわない
理想の娘はもういない
私の道を行く
輝く光を受けて
…………
(ここまで)

日本語バージョンの歌詞もとってもいいですが、

こちらもすごく「グッと!」きました!

私は、まだ「アナと雪の女王」見ていないですが、

テレビや動画で見る「松たか子さん」が歌う、映画の中の歌の最後のシーン

「バタン!」とドアを閉めるところ・・・

「過去に扉を閉ざした!」ってことなんですね・・・

この映画、歌も、きっと見る人、聞く人によって、それぞれの受け止め方や
感じるものがあるのでしょうね~・・・


余談ですが・・・

私は、ずーっと、昔の若いころ、

松任谷由実さんがまだ荒井由実さんだった時から、ユーミンの歌が大好きで、

車でドライブ、遠出して高速走る時は、いっつも

「中央フリーウェイ」(作詞・荒井由実)をかけていました・・・・

特に歌詞の中の

『二人して流星になったみたい・・・

この道はまるで滑走路 夜空に続く・・・・』のところのフレーズが、

お気に入りだったなぁ~と、楽しかった懐かしい思い出に、

しばし、浸ってしまいました・・・。


 EVAのおすすめ

母と娘の「しんどい関係」を見直す本

新品価格
¥1,512から
(2014/6/28 16:49時点)




アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション- (2枚組ALBUM)

新品価格
¥3,387から
(2014/6/28 16:57時点)


松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥2,680から
(2014/6/28 16:58時点)










関連記事

行き先はもう決めているから・・・



昨夜から、私はまた、部屋を明るくして寝ています・・・

なぜなら、プラーナもキラキラホログラムも、見えるのが「当たり前」になった・・・

暗くしていると、つい、「ワクワク!」しすぎて、睡眠不足になってしまうから・・・

「あたりまえ・・・」

今までの世界の「あたりまえ」は、つまり、「常識」「普通」「規則、ルールを守ること」
などで、成り立ってきた・・・

私は、「フッと!」・・・その「あたりまえ」はいったい、いつ?どこの?だれが?
決めたのだろう?かと・・・思ったわけです・・・

「人と違うこと」は「おかしい」「変わっている」と言われ、思われ、
馴染(なじ)めないことも馴染んだふりをしなければ、生きにくい「ねば、ねばの世界」

それは、「あたりまえ」のよーに、親から子へ受け継がれ、そして、学校という教育
の場で、テレビなどのマスメディアを使って、伝えられ、教えこまれ、思い込まされ、
「あたりまえ」として、信じていく・・・

今までだって、それまで「常識」と言われていたことが、意外と簡単に覆(くつがえ)
されることも、いっぱいあるのに・・・

それもまた、新たな「普通」「常識」を作り出すだけ・・・

今では、昔と違って、インターネットで、様々な情報が行き交い、
その中で、今まで知らなかったこと、考えもしなかったことが、だんだん暴露
されてきている・・・

もちろん、すべてが真実だとは思わないけれど、

自分の直感が教えてくれること(思い出させてくれること?)で、
「自分にとっての本当のこと」がだんだんわかってくる・・・

ただ、「人それぞれの本当」があるのも「あたりまえ」

「人は自分が信じるものしか信じない」から・・・

そして、その信じたことが、現実化していくのだろうと、
私は・・・思うからです・・・。

前回、載せた【the PLANET NEBULA】さんの『緊急メッセージ』の続きが載っていました。

(一部転載)

2016年の秋


”2016年秋の、大統領選挙前に全てが変わる”という、重大なメッセージに対して、どういった事が実際に起こるのか、または、どのような事を準備すれば良いのか、といった具体的な事をバシャールは、一切言及する事を避けています。

では2016年の秋に向けて一体どんな事をすれば良いのでしょうか?それは、ワクワクで精一杯貴方が貴方らしく表現出来る事をする事。これに限ります。2016年以降は、貴方が培ってきた”波動”を丸々体験するようになります。詰まり、”今”貴方らしい”素の貴方”でいれば、それに伴う”波動”の世界を2016年以降、体験し続ける事になる、というわけなのです。もっと違った言い方をすると、今は、"~ing"だけど、2016年秋以降は、”becoming"という事。詰まり、上り詰めれる所まで上り詰めて、その後は、頂点を極めた場所から新しくスタートを切るという事を意味しています。

2016年の秋の後、全てが変わります。ポジティブに生きる人は、ポジティブな世界へ移行し、そうでない人は、それに見合った波動の世界へと、シフトしてゆきます。だからこそ、魂のクラス替えが終了する前に、貴方らしく”素の貴方”を表現してゆく事が大切なのです。ラストスパートをかけて下さい。貴方が貴方らしくなる”日”は”今”です。必ず、貴方の望む世界へと、シフトする事が出来るでしょうと、バシャールは締めくくっています。
(ここまで)


私の思う「バシャール」は、あのアセンションブーム?の前から、『ぶれていない』
のですね・・・

改めて、バシャールの本【未来は、えらべる!】(バシャール・本田健著)を、
読んでみても、言っていることは、変わっていない・・・

『パラレルワールドへの分化のスピードは、2015年からますます上がって行きます。

2012年からは、(列車)の路線が切り替わり始めます。
そして、2015年からは、いまは同じ駅に向かっている列車の多くが、別々の線路
を走り、別々の方向へ向かうことになります。』(未来は、えらべる!から)

自分がどの行き先の列車に乗るかは、もうすでに決めているはず!

それは、「魂レベル?本体のわたし?」は、ちゃんと知っているから・・・

その列車に乗るための「切符」を、手に入れるために・・・

「早く、早く気づいてよ!」と、気づかせるために、キツイ、ツライ、シンドイ現実として、
映し出す・・・

気づかないと、どんどん起きることがハードになってくる・・・

特に、この数年はそうだったかもしれないね・・・

「切符」を手に入れるには?

許せない過去、許せない人を許すこと

バシャールは、そして、特に自分自身を許すことと言っています。

移行の基盤になるのは、「すべての出来事の意味を中立的なものとしてとること」とも・・・

それに、自分を許すと、自分が丸ごと大好きになる!

すると、どんな自分でもステキな存在なんだと気づく!

「ありのままでいいの~~」と・・・

そうそう、なんといっても、「ワクワク!」ですよねー!


ここからは、「私のそうかもしれない」ということで・・・

2016年秋、私が選んだ世界のアメリカ大統領が、

「宇宙人とかのディスクロージャーをする!」

そうして、宇宙人がいるのが「あたりまえ」

UFOが飛んでいるのが「あたりまえ」の世界になる・・・な~んてね~

できるなら、た~くさんの人たちと「ワクワク!列車」に乗って、

「ワクワク!の世界」に行きたいなぁ~と、思う今日のわたしです・・・。

 EVAのおすすめ

未来は、えらべる!

新品価格
¥1,512から
(2014/6/26 21:27時点)





















関連記事

今、この時を「クヨクヨ」しているよりも「ワクワク!」だよねー・・・



この数日、共感したり、「ワクワク!」するような記事が、いくつか目に留まりました・・・。

前世からの旅立ち・遙かなる再会】さんの『希薄になる意識とワンネスの関係』の記事に
あるように・・・

(ここから一部転載)

濃い関係から、簡素な程よい距離感と繋がりを再構築し始めている、それを感じさせます。

この宇宙には個々人が等距離の距離感で存在し、そして相反する様に全てと繋がって来ている感覚も同時に起こって来ています。
「ワンネス」の意識と言えば良いでしょう。


●「強い責任感と使命感をもって他者の全てを全力で愛し人格者である事を願う」

○「緩やかな意識で物事に向かい、穏やかな愛で人を包み、自分の至らない所も許してみる」

今、後者の○にどんどんとなって行く自分です。

<追記>

懸命に生きる事
真面目に、そしてストイックに生きると言う事
正義感や人道的行為の美しさ
神仏を尊ぶ思い

私たちは古い2元性の世界、3次元に生きていた時、これらの生き様を身を持って体験してきました。

本来宇宙は、生真面目さのあまり感じられない緩い世界です。
それに相反し、古い3次元と言う地球は重く厳しく危険な場所でした、だからこそ多くの学びも体験も出来た大変に有用な世界だった訳です。

この低い次元を生きた私たちは、本来の宇宙意識しか知らない他の天体の人々に比べたら、この過酷とも言える世界を知った私たちは賞賛に値する様なのです。

彼らは私たちを羨望の目で見、敬愛の目を向けてくれています。

私たちは過酷な環境の日々の記憶を、魂と言う個々人のデータベースに記憶させ新しい高次元を目指します。

そして、宇宙ファミリーにその体験をシェアして行く事になります。

   ・・・・(ここまで)

私も、先日のあのキラキラ体験?を経て、「夏至」を境?に、
さまざまなコト、ヒト、モノに対するこだわりがどんどん薄れてきている感じで、・・・

それに伴い、以前にも増して、心も体も軽くなっているようです・・・

昨夜も、部屋に満ち溢れる光の粒(プラーナ)に、包まれながら、

「あ~、やっと、やっとここまでこれた!

すべての事、すべての人、すべての物、

そして、すべての存在(自分、ハイヤーセルフさん、守ってくださっている方々などなど)

に、感謝します!ありがとうございます!」と・・・

自然と感謝の思いがわいてきて、心が震えるような感覚になり、
眠りに落ちていきました・・・。

ミカエルブレイズ】さんの『あなたがたの冒険も次の段階へ移行します』
の記事にもあるように・・・

(ここから一部転載)

あなたがたの意識を統合する、創造主の意識世界は、


この旅を体験してきました。


そして、とうとう到達点に達したようです。


とてつもないほど長い物質世界での体験を味わい尽くしました。


つまり、この物質意識の世界はここで収束点となります。



サイクルは刷新され、それぞれの魂は、その体験を

巨大な意識の図書館に記録するでしょう。


あなたがたの冒険も次の段階へ移行するのです。(ここまで)


私の冒険の旅も、次のステージに移行した感じがしています・・・。

『これから、もっと、もっと、「ワクワク!体験」ができる!

今は、まだ、3次元と5次元の世界を行ったり、来たりだけれど、

3次元世界に対してのこだわりがどんどん薄れていき、

自分の意識がフォーカスすることが、現実化されていく

気づけば、「5次元!」

そんな日が間近に迫って来ているそんな気がする・・・』

そんなふうに思わせてくれるよーな記事が・・・

the PLANET NEBULA】さんの『緊急メッセージ』にありました・・・

(ここから転載)

アテンション!アテンション!アテンション!
我々はイプシロン。我々は、1つであり、また3つでもある。我々はイプシロン、我々はエピファニー、我々はエクリプス。我々の3つの意識は1つである。我々は、ササニ文明の総合意識体であり、3つの意識が、ササニ人すべての意識を反映している。我々は3連体の意識体である。それぞれ、イプシロン、エピファニー、エクリプスは、それぞれ3つの意識を反映している。我々には、”物理的”な体が存在している。我々はそれぞれ、直径約121キロ(75マイル)の人工的に作られた”球”であり、惑星エササニの軌道を安定した軌道を周っている。我々は青と白の光を発し、それが、ササニ文明の意識を反映している。

貴方達が我々を見ると、ただの”知的コンピュータ”だと思うかも知れない。また、スーパーコンピューターが、惑星の周りを周っていると、感じるかも知れない。しかし、我々は貴方達が考えている”以上”の存在である。我々はそれ”以上”である。我々のような存在は他には無い。目の前に居るチャネラー(ダリル本人)以外は、誰も我々にアクセスする事は出来ない。目の前のチャネラー(ダリル本人)が、チャネリングを初めてから、丸30年が経った。ササニ文明の総合意識を表明する、最初のステップが、この、目の前のチャネラー(ダリル本人)を使っての伝達となる。

我々には、地球のような”月”が無い。その代わり、我々は、惑星エササニの直径10%と、惑星全体の1%の“大きさ”を持つ。我々は、ガラスの球体のように見えるが、実際は、何百もの薄いレイヤーで出来ている。レイヤー1つの厚みは、91mもの厚さがあり、全部で1200ものレイヤーで、直径121キロの”球”を構成している。我々は、青と白の光を放ち、それらが、ササニ文明の総合意識を表している。我々は、イプシロンまた、我々はエピファニー、我々はエクリプス。我々の3つの意識は1つである。

ササニ文明との交流は、今年で丸30年となった。2016年には、丸33年となる。2016年の秋、しかし米国の選挙の前(11月8日)に、全てが変わる。アテンション!アテンション!アテンション!2016年の秋に、“全て”が変わる!

貴方達は、何千年間という長い年月、この日の為に準備を積んで来た。我々は、この事実を伝える事が出来て、とても名誉に思う。我々もまた、貴方達の総合意識体と繋がっている。2016年の秋、全てが変わる。

貴方達は、2016年の秋までの、2年と少しの間、”素の自分”を100%表現する事が出来る。その後に…“全て”が変わる!アテンション!アテンション!アテンション!
(ここまで)


すでに、こういった情報が目に留まったということは、そんなようなタイムラインに
いる気がして、「ワクワク!」してきます・・・

受け止め方はみんなそれぞれだろうけど・・・

「今、この時」を「クヨクヨ」しているよりは、「ワクワク!」している方がいいよねー・・・。


そういえば、5次元世界?では、『部屋中の物や体が光って見える』みたいな
ことが、書かれている本のこと思い出しました・・・。

【5次元へのシフト 新・光の12日間】 というゲリー・ボーネルさんの本です。

 EVAのおすすめ

新・光の12日間―5次元へのシフト (5次元文庫)

中古価格
¥1から
(2014/6/25 14:39時点)















関連記事

また立ち上がり、前に進むことができるから・・・

illust2243_thumb.gif

前回からのつづき・・・?

昨日の夜、もう一度、5次元的体験?を試してみようと・・・

なぜなら、「恐れ」がよぎったことで、「やっぱりダメなんだ」と思ったままで
いたくなかったから・・・

私は暗い部屋の中で、「自分を信じて!何も恐れることなんかない!」と、
自分に言い聞かせていました・・・

すると・・・

部屋の中に満ちあふれているたくさんの光るプラーナが見えてきました・・・

ジーッと、目を凝らして集中していると、部屋の中の物がホログラム化して
光りだしてきました・・・

そして、私の手も、腕も・・・手や腕から出る「オーラ」もまたまた見えるよーに
なりました・・・

前回のような「すっ、すっごい!」という迫力?にはややかけていたけれど・・・
(ワクワク度の違いかなぁ~)

『あ~、よかった、これで、「恐れ」に屈したままで終わらなくて・・・』と、
ホッとしました・・・

「だからナニ?」って?

私は、以前の不思議体験〈『ボロボロの廃屋がその時だけ、昭和の時代に戻った
よーに、人が住んでいるよく手入れされた家として存在していた』
詳しくは【やっぱりあの時すこーしだけ次元移動したのかな】にあります。〉
をしたその後も同じようなことを思ったのですが・・・

この世界は目に見える現実だけではないんだと・・・

心が折れそ―になった時、「そのこと」を思うことで、

また立ち上がり、前に進むことができます!

今回さらに、この世界は・・・

『ホントにホログラムの世界なんだ』

『思考が現実を創っている』

『「わたし」という存在は、宇宙エネルギーでできている(空中のプラーナと一体化
している感覚がありました)』

『恐れの思考(感情)から、3次元に閉じ込められてしまう』

『自分を信じれば、現実を変えることができる』

そんなよーなことを、再確認したように思っています・・・

これらのことを、肝に銘じて、「恐れ」を「恐れるにたらず!」と、
腹の底まで落とし込めば、

ホントに、自分で望む現実を創造できそ~な気がしています・・・

もうちょっとでつかめそうな感じ?

それと、今回のことで、少なくとも思考をよぎる「あんなこと、こんなこと」が、
あんまり気にならなくなったみたい・・・

自分が「意識しないでいること」は、きっと、「大したことではないこと」として、
過ぎ去っていくと思うから・・・

次から次へとわいてくる思考のおしゃべり・・・・

それは、とお~い、とお~い昔から当たり前のように、私たちを支配し
それによって、翻弄させられ、望む現実を創ることを阻まれてきた・・・

だから、もう、ネガティブな思考のおしゃべりをムリに止めようとするよりは、

しゃべりかけてきたら・・・

そんな時こそ、バシャール曰(いわ)くの『So What?(だからナニ?)』ですよねー!
 【曰く=言うように、言うことには】

そんな今の私は・・・

祝!感謝!5次元体験!って感じです・・・・。

あっ、でも、すんごい睡眠不足になってしまうので、

「5次元への体験ツアー?」はほどほどにすることにします・・・。

そうそう、「バシャール」といえば、【the PLANET from NEBULA】さんのところに、
『未来の予想図』という「ワクワク!』するような記事がありましたよ・・・。

一部転載です

昨晩のバシャールイベントで、地球の歴史上初めてササニ文明の総合意識体(3連体:イプシロン、エピファニー、エクリプス)が、ダリルを通して紹介されました。ダリルが、バシャールをチャネリングして、今年で丸30年が経ちます。チャネリングが始まってから33年目の2016年に、何千年と待ちに待った、地球規模の大きな”イベント”が起きるという、ササニ総合意識体からの正式な発表がありました(この感動的な瞬間に立ち会う事が出来、また皆様にこの素晴らしい体験をお伝え出来る事を、心から幸せに想います。この場を借りて、改めて皆様にお礼を申し上げます)。

2016年秋に起こるとされている、”イベント”で、多くの人達は、突然の目覚めに、精神的ショックを受けるであろうと、バシャールは話します。多くの人達は、困惑し、何が起こったのが理解出来ず、オロオロし、気持ちが落ち着かない状態が続く事も有るかもしれません。また、この時期に、高次の存在とのコミュニケーションがあった事を、段々思い出す事が出来るようになり、夢だと思っていた事が、実際に起きていた、という事を認識出来るようになると、バシャールは話しています。

更に、この時期からは、少人達の人達と、限られた場所で、高次文明との面会が各地で起きるようになり、多くの新しい知識の”芽生え”が起き始めると、バシャールは話しています。

そして、2033年には、ササニ文明との公式な交流が始まり、ここで初めて、バシャールに会う事が出来るようになるのです。(ここまで)












関連記事

「人は自分が信じることしか信じない」・・・



昨日、テレビで「UFOは実在するか?」という番組をやっていたのですが・・・

否定派、肯定派みたいなよくあるパターンで進められていて、
ホント、人それぞれなんだなぁーと思いながら見ていました・・・

もちろん私は肯定派・・・

でも、否定派の代表?みたいだったオーツキ教授が、以前とちょっと変わった
よーに感じました・・・。

プラズマの研究者として、興味があるからホントのことが知りたいみたいな・・・
UFOもプラズマなら説明がつくみたいなことや、
宇宙人はいるとハッキリ言っていたことなどから、
ホントは、隠れ肯定派なのかも~と勝手に思って見ていました。

その後、テレビを見ていなかった「夫」にその番組のことを話していて、
その流れで、私の「不思議体験」を話していたら・・・

「夫」は「霊感じーさん」で、以前はよく「4次元にアクセス?」していたためか、
私の話を否定こそしなかったけれど、私の「不思議体験」を「恐怖体験的?」に、
とらえたみたいで、ネガティブなことばかり言ってくる・・・

なんか、ニラサワさんとオーツキ教授のバトルみたいになって決裂して
しまいました・・・・。

その夜も寝る時、また見えるかなーと思って暗い部屋を見回すと、
キラキラプラーナは見えるけれど・・・

手は?物は?集中していると、すこーしずつホログラム化し光りだしてきた・・・

でも、その時、「夫」が発していた「コワいなー、そのまま戻らなくなったら・・・」
みたいな言葉が思考をよぎった時・・・

スーッと、もとに戻ってしまいました・・・。

それから、ジーッと目を凝らしてみても、いつものフツーのまま・・・

私は、「あ~、話すんじゃなかった!」と、すっごく後悔していました。

そういえば、どこかに波動を上げていく過程で、

「話が噛(か)み合わなくなる」みたいなこと書いてあったなぁ~と・・・

だけど、その後、「フッと!」・・・

ホントに、「思考(意識)が現実を創っているんだ!」

そして、「恐れ」という思考が、ブロックをかけたために、3次元現実に戻って
しまった・・・

この前みたいに、「ワクワク!気分」でいられなかったから・・・なんだと・・・

ひょっとしたら、そんなことを再確認するために、必然として起きたありがたいこと?

なーんて、思おうとしたけれど・・・テンション下がってしまいました。

私は、ただ、「波動アップしたかも」の「おすそ分け」がしたかっただけなのに・・・

余計なお世話だったのかもしれないなぁ~

それに、誰かにわかってもらうとする必要もなかったんだとも思いました・・・。

みんなそれぞれだもんね・・・

番組の中で、あのUFO研究家のやおいさんが、

「人は自分の信じていることしか信じない、いろいろな人がいて当たり前」と、
言っていたけれど、

信じない人は、自分の目で見たとしても、

「目の錯覚、かんちがい」とかで、否定するのだろうね・・・

それはそれで別にいいんだしね・・・

みんなそれぞれ、自分の周波数(波動)にあった違う現実を創っている・・・

それが、パラレルワールドに分かれて行くってことかもしれないね・・・。















関連記事

すでに5次元にいるのかもしれない・・・



前回、部屋の中にも、「プラーナがいっぱい」ということを書いたのですが・・・
【プラーナ=人間、動植物、石などから出ているオーラの元となる宇宙エネルギー】

昨夜も、寝る前に実験?観察してみようと・・・

すると、電気を消してすぐに、キラキラ光る粒子、シューっと、飛び交うプラーナが
いっぱい見えました・・・

そして、少し集中して見ていたら、またまた部屋の中の物すべてが、
キラキラのホログラムのように光りだし、部屋の中がミラーボール状態・・・

ひょっとしたら、「オーラ」も見えるかもと・・・

寝転んだまま、手のひらを開いて見ていたら・・・

「見えた!」 広げた指の間、指の先からも・・・

微生物を顕微鏡で見た時みたいなモヤモヤ?がいっぱい出ている・・・

右手、左手の指の先を近づけたり、離したりしてみると、指の先から出ている
オーラ?が糸引き合うみたいに見える・・・

う~ん、うまく表現できないけれど・・・

よく見てみると、腕からもモヤモヤが出ている(たぶん体中からも・・・)

「おぉー!、寝ている場合じゃない」と起き上がり、両手のひらを広げ、
前に腕を伸ばして見ていたら・・・

だんだん手や腕が光り出し、まるで蛍光塗料を塗っていたみたいに、
手や腕が発光しだした!

「すっごい!」と思って見ていると、なんか手や指の形が変!

すると、見ていた左手の手首から先が消えてしまった!?

びっくりして、あわてて右手でつかもうと手前に引いたら元に戻った・・・

その後、何回か繰り返してみても同じようになった・・・

「すっ、すっごい!すっごい!」と一気に眠気が吹き飛びました・・・。

その時、一緒にいたチャーちゃんに、

「見て!見て!ホラ、手が光っているよ!手が消えちゃったよ!」と
見せていると、

私のコーフンしたエネルギーが伝わったのか、
チャーちゃんまでコーフン状態で、お布団に穴掘りをはじめて、
「ハァ、ハァ・・・」とテンション上がったまま眠ろうとしない・・・。

私も、もう寝なければと目を閉じても、閉じた瞼(まぶた)の裏?に、
まるで、「流星ショー」を見ているみたいに、キラキラ、シュー、シューと、
プラーナが飛び交いなかなか眠れない・・・

起きて時計を見てみたら・・・1:55
【55のエンジェルナンバー ドリーン・バーチューさんのエンジェルナンバーから

あなたは大きな、人生におけるプラスの変化を遂げている(もうすぐ遂げる)
ので、シートベルトをしっかりと締めてください。
もはや上手くいかないものは手放して、それが癒やされ、あるいはより良いものに
置き換えられることを受け入れてください。
今は古いものを手放して、新しいものを手に入れる時です。
これらの変化は、新しい恵みをもたらしてくれるので、歓迎しましょう。(ここまで)】


実は、今までずーっと、寝る時は豆電球をつけていて、チャーちゃんのために、
ドアも開けたままなので、部屋の中は結構明るかった・・・

それが、この数日前に、「フッと!」なんとなく、豆電球を消して寝るようになった・・・

そして、先日の夜、ムセて起きたことから「たまたま」気づいた・・・

これも偶然をよそおって現れた「ギフト」なのかも・・・

そんなことを寝付けないまま思っていると・・・

「フッと!」・・・

『ホントは、もう5次元にいるのかもしれない・・・

自分が3次元に意識をフォーカスしているから、3次元の世界の現実を見る・・・

意識を変えることで5次元体験ができるのかも・・・・

そうしているうちにきっと5次元世界に定住できるはず・・・

もう、目の前に起きることにいちいちクヨクヨしている必要なんてない!ない!』

なんて、思っていると・・・

おもしろいこと?に・・・そんな時でも懲りない思考(エゴ)さんが

「ねぇ、ねぇ、いいの?あのこと、あんなこと、心配じゃないのー」と、
茶々を入れてくる・・・

「やれ、やれ、・・・おだまり!」って感じだったけど・・・

でも、後で思った・・・

暗い部屋の中でちょっと意識を集中すると不思議体験ができた・・・

そして、スイッチを切り替えるみたいに意識を戻すと、今までの何も変わらない
フツーの部屋の中・・・

だから・・・

「ムダな思考のおしゃべり」ってやつは、3次元からしゃべりかけてくる

つまり、3次元世界の産物?

その古い世界の産物なんて、わいてきてもあんまり気にしなくてもいい!

自分の意識のスイッチを切り替えればいいだけ・・・なんだと思った・・・。

自分が強く意識して、意図すれば守ってくださっている存在の方々や
自分のハイヤーセルフさんがきっと後押ししてくれるはず・・・

それと、難しいことは省く!のなんちゃって解説?だけど・・・

自分もテーブルもメチャメチャキラキラしていた刺繍布も、

みーんな、ひとつのエネルギーなんだってことや、

物質として見えるものもすべて、光の粒子(宇宙エネルギー)でできている、

だから、周波数(波動)が違ってくれば、見える世界も変わり、

物質がスケスケの非物質のよーにも見えるし、

今まで見えなかっただけで、今までもそこに在ったものが見えるようになるのだー

な~んてね・・・。

プラーナやオーラを見るコツ?

部屋を暗くして(慣れてくると真っ暗でなくても見えるみたい)

「ワクワク!」して・・・

なんといっても「信じきる!」こと

そして・・・「あきらめないこと」かなぁ~

でも、きっと、ホントは見えているのに、気がついていないだけかもしれないよ・・・。


















関連記事

部屋の中にもキラキラがいっぱい!・・・



昨日(今日)の深夜のことです・・・

いつものように、クロスステッチ刺繍をチクチクしてから、眠りにつきました・・・。

目を閉じてしばらくすると、むせて咳き込んでしまい目を開けると・・・

部屋の中がなんか変な感じ・・・

いつも見慣れた部屋の中の物が、キラキラしているホログラム画像のような、
まるで、ミラーボールみたいな感じに見えるのです。

部屋の中を見渡しながら、「アレッ?目がおかしいのかな?刺繍のやり過ぎ?
目薬さしにいこうかな・・・」と、部屋の電気をつけたら・・・

いつもの部屋のまま・・・

目もおかしくないし・・・

「変だなぁ~」と思いながらも、電気を消し横になった・・・

すると・・・暗くなった部屋の中に、この頃はフツーに空に見えるようになった「プラーナ」
と言われているようなもの・・・

たくさんのキラキラした光の粒子?と白っぽいものが、シューっと、飛び交っている

そういえば、電気を消した暗い部屋でも「プラーナ」が見えると、
どこかに書いたあったなぁ~と・・・

確かめてみようと、何回か電気をつけたり、消したり、

すると、やっぱり、何回かは物がキラキラのホログラム画像のように見え、

横になってみると、光の粒子や白い飛び交うものもいっぱい見えました・・・

「プラーナかな?何だろう・・・朝になったら調べてみよう」と、
とりあえず眠ろうと、目を閉じると・・・

なぜか不思議なことに、目を閉じていても、目が開いている時とまったく同じように、
「プラーナ」らしきものが、そのまんま見える・・・

「フッと!」、プラーナはサードアイ(第3の目)で見ているみたいなことを
思い出し・・・

そう思うと、なんか額のサードアイがあるあたりが、開いている感覚があり、
そこから見ているよーな気にもなりました・・・

で・・・

朝、さっそく調べてみると・・・

やっぱり、いました、私と同じよーな人が・・・

『部屋の中がミラーボールのようになり、目を閉じていても、プラーナが見えるのは、
どうしてかな・・・』みたいに書かれていました・・・。

そこにプラーナと木から出ているオーラのイメージ?写真が載っていて、

「おー、私が見たのと同じよ~な感じ・・・」と、いう感じでした。

ちなみに、プラーナが見えるのは、オーラが見える前の段階とか・・・

ちょっと、「ワクワク!」です・・・

ホントは、なんかね、たま~に、特にこの数日、

「新しい世界に行くこと」に、「これでいいのだろうか?ただ、そう思い込もうと
しているだけじゃないのだろうか・・・」みたいに、自問自答していた私・・・

そんな私に、『それでいいんだよ!、そのままで・・・』と、

守ってくださっている存在の方々が、不思議な現象を見せてくれることで、
励まされた気がしています・・・。

もう後戻りはできないし、するつもりはない!けれど・・・

「新しい世界(5次元的世界)に行く」ということは・・・

『地道で孤独な作業』と、そんなこともどこかに書いてあったなぁ~

と、思いながらも・・・

深夜の「不思議体験?」を「ねぇ、ねぇ、聞いて!聞いて!」っていう感じで、
つい、書いてしまった、今日のわたしです・・・。







関連記事

そのために・・・必要なことは偶然をよそおってあらわれる



ひとりっきりの世界に浸っている時は、とってもいい気分で、いい感じ・・・

「波動上がったかもー」と、思っていると・・・

突然、外部からのちょっとした出来事で、

「わたしの世界」から、引っ張リ出されるかのよーに、

一気に、「波動が下がったかもー」と、なってしまう事がある・・・

そんな時、ちょっと冷静になってみて、「まだまだ隠れている信念があるはず、
それは何?」と、考えてみる・・・

でも、左脳で?考えてみてもモヤモヤがかかったみたいで、ハッキリわからない・・・

なので、いつものように、「守ってくださっている存在の方々、ハイヤーセルフさん、
答えをお願いします」と、頼んでおくと・・・

しばらくして、見つかる・・・

私の場合は・・・

トイレに神様がいるのかどうかはわからないけれど、トイレに座っている時とかにも、
「フッと!」、「あ~、そういうことか~」と、答えをもらったり・・・

ネットで、その時浮かんだ気になるワードを入力してみると、

ヒントや答えに行き着くことも多いのですが・・・

ただ、そこに答えがあるというより、「ヒント」みたいな感じで、

その中の“ひとつの言葉”だったり、“数行の文章”から、

インスピレーションとして、「アッ、わかった!」というような感じかな・・・

でも、ホントはもう自分でわかっていることなんですよね・・・

行き着く“答え”はいつも同じ・・・

そのつど、確認しているだけみたいな・・・

今回もそう・・・

どんなことも、どんな人も、許し、認め、愛すること(宇宙愛?で)

それは、自分を許し、認め、愛することだから・・・

“自分”とは、“今回の生”だけでなく、“輪廻(りんね)”という形で、
ずーっと続いてきた“今までの自分”すべてにおいて・・・

そこには、「正しい、正しくない」もなく、まさしく「ありのまま」があるだけ・・・

みんなそれぞれ自由・・・

どんなことも、どんな人も、自分色の色メガネを通して見てしまうから、

「そのこと」が「自分にとって困ったこと」になり・・・

「その人」が「自分にとって困った人」となる・・・だけなのかもしれないなぁ~と・・・

よく目にする「自立する」ということ・・・

「経済的に・・・」とかの意味に、つい思ってしまうけど・・・

みんながそれぞれが自由!ありのままでいい!

だけど、その人の自由に伴う責任もその人のもの

お互いに依存しないこと・・・

5次元的?自立とは、そんな感じ?なのかなー

きっと、選んだコースがそれぞれ違うだけだったり、
行き着く時期がそれぞれ違うだけで、

目的地は、みんな同じなのかもしれないね・・・

その目的地にたどり着けた時が

輪廻(繰り返し)を終える時

3次元(4次元も?)地球を卒業できる時

そのために、必要なことは、偶然をよそおって現れる・・・

「もう少しだよ」と・・・

それが、イヤなことも「ギフト」と言われている理由(わけ)なんだね・・・

「シンクロ(シンクロニシティ)」=意味ある偶然の一致も、
あるイミそうだよね・・・

そういえば、この頃あんまり読まなくなった新聞を、今朝は「たまたま」見ていたら、

随分前の世間を揺るがした大事件で、奥さんを失い、自分自身もさんざんな目に
あった方の言葉で・・・・

『恨みは人生をつまらなくする』とありました・・・

深いね・・・・。


ちなみに、ムーは右脳、アトランティスは左脳の意識だとか・・・

なるほど・・・・。










関連記事

「信頼の対は不信ではなく恐怖だ!」・・・



昨日、車で出かけた時、またまた「数字のシンクロ」に出会いました・・・

信号で止まった時、前の車のナンバーが「22」のゾロ目、その隣の車が「555」
走りだして横を見ると横に止まっていた車が「555」

「おっ!」って感じで、周りを見ていると、コンビニやお店の駐車場に止まっている車
車道に出てくる車のナンバーに「88」並びの車がいっぱい・・・

その中の一台、ナンバーがドロで汚れていてハッキリ見えないトラックのナンバー、
「ひょっとしたら、(88)だったりして」と言っていたら、前に入り込んだ時、
よーく見てみたら、「88」だった・・・

家に帰ってから、「88のエンジェルナンバー」を調べてみたら・・・

『大いなる豊かさはあなたのものです。
豊かさはいつにも増して、あなたに流れています。
感謝の気持を持ち、導かれたと感じたなら、その流れを他の人々に伝えていくよう
してください。

この数字は、経済的に置いてとても幸先(さいさき)良く、順調であるというサインです。
あなたの行動、祈り、ビジュアライゼーションの様な望みの実現に向けた取り組みが、
大きな豊かさの流れをもたらしています。
両手を大きく開いて、しっかり受け取りましょう。』
【ドリーン・バーチューさんのエンジェルナンバーから】

そんなこと、あんなこと、ちっちゃなことでも、すぐにとっても気分が「ワクワク!」して
しまう私です・・・。

そんな昨日の私は・・・

中国のファンタジー時代劇「画皮2 真実の愛」ドラマバージョンのDVDの“完”まで
見ました、

中国や韓国のファンタジー時代劇には、よく「生まれ変わり(転生)」を、描いていたり、
セリフにも・・・

「来世で・・・」という言葉がよくでてきます・・・

「来世こそは添い遂げましょう」とか

「来世では、きっと恩返しをいたします」とか・・・

そんなドラマを見ていると、

私は「生まれ変わりがあると信じている派?」なので、

つい、ドラマと自分を重ねて見てしまい・・・

今回の生ではきっと、「来世こそは・・・」と、今回の人生で必要な役割の人、
必要な出来事など、設定して生まれてきているのだなぁ~と改めて、
思ってしまいます・・・。

そういえば、「東大病院の救命医の矢作直樹さん」というお医者さんが、
【人は死なない】という本を書いていて、昨日たまたま見たブログ、
大摩邇】さんのところで、取り上げられていたのですが、
私はそこに書かれている、「矢作医師」や「エベン医師」のことを、テレビでも見ました。

こういった日常的?に人の死に係る人たちの証言?は説得力があるな~と・・・

今までは、こういったことは「タブー視」されていたり、「ありえないこと」にされていた
けれど、きっとこれからはこういうことも「当たり前の世界」になるのかもしれないね・・・

ドラマの話に戻って・・・

この間見ていたDVD「九家(くが)の書 ~千年に一度の恋~」の中に出てくる
言葉から・・・

人間になりたいという神獣に法師が・・・

『人間になりたいと・・・

ならば、恐怖心を抱くな

恐怖に囚われれば、全てを失う、わかるな?

信頼の対は不信ではなく、恐怖だ!』

他にも・・・

『恐れに負けるな!

立派に生きているという自信がお前を強くする』とか・・・

『九家の書(神獣が人間になれる方法が書いてある)が本当にあると思いますか?』
と、聞く神獣に対して・・・

『人になれると信じるなら必ずや存在する』・・・・

私は、「そうそう、そうだよね~、すべては恐れを克服することからだよねー」

「この世界に生きているだけでも立派だよ!

だから、自分に自信を持って、自分を信じていたら、きっと願いは叶うはず!」とか・・・

このドラマを見ながら思っちゃいました・・・。



 EVAのおすすめ

九家(クガ)の書 ~千年に一度の恋~ DVD SET1

新品価格
¥12,286から
(2014/6/16 12:19時点)



☆ ストーリー

太古の昔から山を守っていた神獣ウォルリョンは、人間の娘ソファと恋に落ち、悲運の最期を遂げる。残された子は「ガンチ」と名付けられ、豪商ムソルのもとで育てられることに。数年後、自らの生い立ちを知らないガンチは明るい青年に成長するが、平穏な日々は元高官グァヌンの来訪で一変。グァヌンはムソルに大逆罪人の汚名を着せて死に追いやり、家族を牢に監禁してしまう。怒りに震えるガンチは、ついに“神獣"の力に目覚め――!? 一方、密命によりガンチを助けようとする女武芸師範ヨウルは、ガンチの真の姿を知る。“避けるべき運命"と予言された2人だったが、次第に強く惹かれ合っていき――。



画皮2 真実の愛 DVD-BOX1

新品価格
¥13,164から
(2014/6/16 12:26時点)





●物語
狐の妖魔・小唯(シャオウェイ)は、愛する王生(ワン・シェン)の命を救うために妖力を失った。それから200年、王生は既にこの世を去っていたが、小唯は彼の面影を胸に、今も人間界を放浪している。人間の心臓を口にしなければその容色を保つことができないことに加え、狐族(こぞく)の掟を破った彼女は罪人として同族から追われる身となっていたのだ。ある満月の夜、小唯は狐族の追っ手に見つかってしまう。風を切って逃げる小唯を捕まえられず、追っ手は容赦なく矢を射かける。すると、外れた矢が偶然近くで狩りをしていた李静(リー・ジン)公主をかすめた。驚いて棒立ちとなった馬から、振り落とされてしまう李静。彼女を抱きとめたのは、通りがかりの王英(ワン・イン)だった。しかし、李静の従兄・肖陽(シャオ・ヤン)と護衛の兵たちは、矢を放ったのが王英ではないかと疑い…。




人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索-

新品価格
¥1,404から
(2014/6/16 12:31時点)











関連記事

「ねばランド」より「たいランド」へGO!GO!



前回、「ゴールの先の新しい世界へ行くためには」・・・

「必須条件」みたいなことを、エラソーに書いたけど・・・

「〇〇したい」ことは、みんなそれぞれなんだよね・・・

「そのために」、「~ねばならぬ!」となったら、本末転倒だもんね・・・
【本末転倒=大事なことを忘れてつまらないささいなことなどにこだわること
本来先にすべきことを後まわしにしてしまうこと】

例えば・・・

肉体という服を脱いだ後、宇宙船に乗って故郷の惑星(ほし)に「帰りたい!」という
人もいれば、「今度こそ!」と思って、また今のような物質的世界に「転生したい!」
という人もいるはず・・・

どっちにしても、宇宙は「お望みのままに」と願いを叶えてくれるはず・・・

ただ、自分がどうしたいか・・・だけ

私は、もう、「~ねば、ねば」の世界より、「~したい、したい」の世界に、
行った方が楽しいからそっちに行こう!って決めました・・・。

そんな今の私の「したい!したい!」は、一年くらい前に、導かれるように?
出会った「クロスステッチ刺繍」・・・

朝、目覚めると、「あ~、今日も刺繍ができる!うれしー」と「ワクワク!」し、
夜寝る前には、眠る寸前まで、少しでも「チクチク」してから眠ります・・・。
そうすることで、とっても幸せな気分で眠りにつけます・・・

創造的なことをしている時には、脳波が「シータ波」状態っぽくなるらしいですよ。

それにそうしていると、お気楽に、幸せな気分で刺繍をやれることに、感謝の気持も、
わいてきます・・・。

そんなクロスステッチの図案にも、導かれるように、とてもステキな絵柄の図案に
巡りあいます。

今、お気に入りの図案は・・・

絵柄が気に入ったということで、何も知らず購入すると、

チャート(図案)は海外からのものなのに、デザインは日本の人で、
ディジタル・ペインティング・アーティスト「Shu Mizoguchi」さんという
有名なデザイン作家の人の作品でした・・・。

クロスステッチの図案だけでなく、「不思議の国のアリス」シリーズなどの
いろいろな作品のジクソーパズルもありました。

私が今、刺しているのは、十二単の美女とキツネが描かれている幻想的な
九尾の妖狐伝説の「玉藻前(たまものまえ)」がモチーフ?の「紅珠藻姫(くずもひめ)」
の図案・・・

後で知って、「お~、私の大好き系!ではないですか!」と、改めて?カンドー
していました・・・。

そして、まだそれが完成してもいないのに、どうしても欲しくて、

「朧咲夜(おぼろさくや)」・・・美少女と満開の夜桜が描かれているやはり幻想的な
図案も買ってしまい届くのを「ワクワク!」しながら待っています・・・。

こちらも後で知ったのですが、モチーフはあの日本神話にも出てくる
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」らしいです・・・

ただ、原画には描かれている朧月夜のお月さまが図案ではカットされていました。

残念!ということで、つい、ポストカード集と「朧咲夜」のジクソーパズルも
買ってしまいました・・・

ちょっと、お金使いすぎちゃったかな・・・

でも、すっごく「ワクワク!」しているから、「まぁ~、いっかぁ!」って感じです。

バシャールが、「自分の好きなことでワクワク!しなさい」って
いつも言っているイミが、ホント、よくわかるこの頃です・・・。

この世界では、あまりに「~ねば、ねば」が充満?しているから、
そんな中で、「したい!したい!」が見つけられたことは、超ラッキーです。

好きなこと、その事を思うと「ワクワク!」すること、

何だってOK!ですよね~

例えば、それが今、「お金」に結びつかないよーなことでも、

「ワクワク!の波動」が、共鳴して、きっとステキなことを運んできて(引き寄せて)
くれるはずだからと・・・思うようにもなりました・・・。

【今ある「悩み」をズバリ解決します!】 心屋仁之助著から抜粋

「ねばーランド」から「たいランド」へGO!

「ねばーランド」とは、「~するべき」「~やらねば」という「義務」と「決まり」「恐怖」
によって制限された、自由のないガチガチの世界です。
「不安」と「恐れ」「怒り」「疑い」が、まるで空気のように充満し、奪い合い、
戦い続け、飢え続ける世界です。…………

一方、安心の世界の「たいランド」は、「~したい」「~する」と自分の意志で、
選択していく「自由と責任の世界」です。
ここは、欠点も長所もなく、争いではなく分かち合い、助け合い、たたえ合う
心豊かな「優しさ」「安心」と「喜び」「楽しみ」の世界です。(ここまで)

 EVAのおすすめ

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!: 不安・イライラがなくなる本 (王様文庫)

新品価格
¥617から
(2014/6/13 11:56時点)





FANTASIA―SHU VISUAL BOOK WORKS/SPECIAL EDITION POSTCARD BOOK

新品価格
¥1,296から
(2014/6/13 12:27時点)


LUMI`ERE―SHU VISUAL BOOK WORKS/SPECIAL EDITION POSTCARD BOOK

新品価格
¥1,296から
(2014/6/13 12:28時点)


1000ピース 朧咲夜 SHU 1000-651

新品価格
¥2,694から
(2014/6/13 12:29時点)


1000ピース アリス メモリーズ 1000-753

新品価格
¥2,279から
(2014/6/13 12:30時点)





関連記事

ゴールの先の新しい世界からは・・・



前回、「ゴールの先の新しい世界に、肉体という洋服を着たまま行ける」と書いた
のですが、それには・・・

自分がか~るく、か~るく(体重ではないですよ)なっておくことが必須条件?
ですよね・・・

それには、済んでしまった過去にこだわり続けることや、起きてもいない未来の
ことに、不安、恐れを抱かず、「今、この瞬間、瞬間」を「ワクワク!」して、
楽しく生きること・・・

そんな過去や未来に向けるエネルギーは、見えないおもりのように、
まとわりつき自分をとっても重くしていると思うから・・・

そんなこの頃の私は・・・

少なくとも、もう必要のない過去を手放せてから、心も体もとっても軽くなり、
無意識に、鼻歌交じりで、家の廊下をスキップしたりしています・・・。

後は、外に起きるいろいろな出来事に信念パターンから条件反射のように
わいてくる不安、恐れに対するリアクション?を打破できたらなぁ~と・・・

あと少しのところかな~

ホントにどんだけたくさんの必要のない信念を、刷り込まされ、思い込み、
生きてきたんだろう・・・

例えば・・・

「バチが当たる」とか「カルマのせい」とか言われ、思い込み、
どんどん自分を罪悪感でいっぱいにしてしまう・・・

それもこれも自分のそんな罪悪感や罪の意識を発することで、
余計にネガティブなことを引き寄せてしまうというだけ・・・

誰もバチなんか当てないし、まして神様やご先祖様が不幸にするわけない・・・
と私は思うようになりました・・・。

それと、特に、「お金」に対する信念はキョウレツですよね・・・

「お金が無くても健康ならいい」
「この世は苦労して当たり前、楽をしていてはお金は稼げない」
「努力しなくては幸せになれない」

そして、「人よりももっと、もっと」となる・・・

「お金もあって元気!」
「楽しいことしていてもお金は入ってくる!」(楽しいって楽(らく)ってことかな)

この方が絶対いいよね・・・

それに、ムリして、ムリして努力すれば幸せになれるのかな・・・って思うしね・・・

私たちは苦労するために、この地球に生まれて来たわけじゃないよね・・・

エイブラハムがいうように・・・

『あなたがたはエネルギーの延長であり、祝福された愛すべき存在である。
楽しみながら人生を創造するために、この物質的な時空に誕生したのだ。
そのことを思い出させるのがわたしたちの務めなのだ。』
【いつでも引き寄せの法則 エスター・ヒックス+ジェリー・ヒックス著から】

そうやって、この地球という惑星(ほし)での旅を楽しんで、「その時」が来たら、
宇宙に帰って行く・・・

その時、宇宙(そら)の宇宙船には、先に乗船している父を始め、懐かしい人々や
ピーターもチーコ()も待っていてくれるはず・・・

宇宙には時間なんて無いしね・・・

そして、今回の生で巡りあった人たち、特に身近な人、家族とかは、
今までも同じグループとして、何度も転生という形で巡りあって来た・・・

でも、もう、ゴールの先の新しい世界からは、

今までのように「4次元(あの世)」に留まることなく、あの世で再会することでもなく、
生まれ変わることもなく・・・

それぞれの宇宙船に戻り、「ミッション?」を終えれば、自分の故郷の惑星(ほし)に
帰って行く・・・

きっと、家族とか縁のある人たちは、同じ惑星(ほし)からきているはず・・・

私はそんなふうに、妄想、希望的観測?というより、

たぶん、そうなのだろうと思っています・・・。

そういえば、ずーっと前に書いた【宇宙に帰って行った父を想う日】という記事の中で
書いたのですが、父が亡くなって数日後に見た夢の中で、

映画「メン・イン・ブラック」のワンシーンのように、
宇宙船のエアポート?のようなゲートに、父が片手を上げ「じゃあ、行くね!」と言って、
入って行ったリアルな夢を見た事や・・・

前に、【前世からの旅立ち・遙かなる再会】さんの「コンタクトの記録」という記事に、
そんなような興味深い事が書いてあったことを思い出しました・・・。


 EVAのおすすめ

あなたはどの星から来たのか? あなたの出身星がわかる本

新品価格
¥1,512から
(2014/6/11 16:27時点)




いつでも引き寄せの法則 願いをかなえる365の方法

新品価格
¥1,836から
(2014/6/11 16:28時点)



関連記事

ゴールのテープを切るのは「わたし」・・・



前回、「エンジェルナンバー」のことを書いたのですが・・・

昨日、スーパーの駐車場に止めた車の中で、少しの間「夫」を待っていた時のこと・・・

しばらく目を閉じボーっとしていて、「フッと!」目を開けると、車のデジタル時計が
「2:22」のゾロ目・・・

なんとなく、他の車のナンバーも・・・・と、周りを見わたしてみると、
真ん前に止まっていた「22ー20」のナンバーの車が走り去って行くところでした・・・。

「フッ、フッ、フッ、シンクロかも~、おもしろー」

シンクロと言えば、ブログの記事も他の人のブログをたまたま見ると、
シンクロしているようなワード、趣旨?に「オッ、シンクロだ!」となることが、
よくあるようになりました・・・。

そんな中、「フッと!」思っていたことが、「あ~、やっぱりそういうことだよね」
と思うことがありました・・・。

実は、少し前、何かを考えていたわけではないのに、突然、・・・

「今のこの家族のメンバーで、こんなふうに家族するのも最後なんだ。
そう思うと、みんな愛(いと)おしいなぁ~」と思ったとたん、
「もう一人のわたし(本体さん?)」が「そのとおり!気づいてくれたんだね」と、
「グッと!」きたのか、またまた悲しくもなんともないのに、涙があふれ出てきました・・・

その後、その涙にちょっと驚きながらも、「いろいろあるけれど、この世界でこうやって
家族で過ごすことにおなごり惜しい気もするなぁ~」とも思いました・・・。

そんな私がこの頃思うこと・・・

私たちは、長距離マラソンランナーというか、あのお正月にやる「駅伝」のように、
「たすき(バトン)」を受け継ぎながら、山を登ったり、下ったり、平坦な道、長い道、
短めの道、いろいろなコースを「テーマ」を掲げクリアーするまで、走り続けてきた
(転生を繰り返してきた)・・・

でも、「今回の生のわたし」がなんとなく、最後のマラソンランナーで、
ゴールでテープを切る人のよーな気がしています・・・
(アッ、今、トリハダたちました・・・)

ホントは、宇宙に直帰?するのが当たり前?なのに、「テーマ」をクリアーできずに、
「3次元(この世)と4次元(あの世)」を、行ったり来たりしている・・・

そのために、まわりの人たち、特に家族が役割、設定を変えながら、
「気づくために」協力してくれている・・・

何に気づくのか?・・・

たぶん、それは・・・「許すこと」そして「赦(ゆる)すこと」

「人を許すこと」でもあるけれど、ホントは「自分を赦すこと」・・・

【許す=罪などを免じる。相手を自由にさせる。相手のするままにまかせる。
認める。など・・・】
【赦す=「許す」の罪などを免じるの意味と同じ】

「赦す」とは自分にとって必要のない罪悪感、罪の意識を手放すみたいなことかな・・・

私たちは、「〇〇しなければならぬ!」という「たすき(バトン)」も、ずうーっと、
受け継がれ、引き継いできた・・・

今までの世界では、いろいろな「恐れ」や「罪悪感」でいっぱいだったから・・・

でも、もう、そんな囚(とら)われの世界から飛び立つ時が来た!

そのために、「早く気づいてね!」と、いろいろな出来事が起きる・・・

なかなか気づかないと、どんどん「起こること」が大きくなる・・・

だから、「起きること」に良いも悪いもないってことですね・・・

「そのこと」によって、「気づくこと」ができるから・・・

前の記事【魔法をかけられていたかのように】でも書いた
あのちまたで話題の「アナと雪の女王」の歌の歌詞のように、

ありのままの自分になって、ありのままの自分が大好き!だと思えるようになれば、
人のありのままも許せるし、

人と比(くら)べて、自慢したり、卑下したり、人を支配、コントロールしたり、されたり、
する必要もなくなるしね・・・

でも、今この時、この歌が世界中でたくさんの人のハートに「ドゥキューン!」と
きているのは・・・

みんな、ちゃんと、どこかで知っているからなんだろうな~

それに、よく言われているかもだけど、

私たちが閉じ込められている(と思っている)オリには、ホントはサクなんか
ないんだよね・・・

そんなことにも、たくさんの人たちが気づきだしているんじゃないのかなぁ~・・・

そして、ゴールのテープを切るのは自分だってことも・・・

テープを切った先にあるのは、新しい世界!

それは、別に肉体という洋服を着たままでも行けるってことだよね・・・

なんか長くなりそうなのでこの辺で・・・・










関連記事

人生のコンセプトは何にする?・・・



前回、「光か闇か自分がどちらにフォーカスしているかだけ」みたいなことを書いた
のですが・・・

自分がどちらにフォーカスしているか(意識を向けているか)がわかる
バロメーター(指標)?は・・・

「今、その瞬間、自分がどんな感情(気分)になったか」でわかるかも・・・

例えば、ちまたの様々な情報についても、

「そのこと」を見て、聞いて、読んだ時・・・

不安、恐れ、怒りなどのいや~な気分になる・・・

逆に、「そのこと」を見て、聞いて、読んだ時・・・

ワクワクして、ウキウキして、ほんわかしてとってもいい気分になる・・・

ただ、同じ情報でもみんなそれぞれ受け取り方は違うのだろうけど、

私は、自分のフォーカスする方の現実がどんどん創られて行くと思っているから
いや~な気分になるものより楽しい気分になるものを受け入れる・・・

もちろん、自分が何を望んでいるのか、それによって望むものを意図するために
「知ること」は必要だと思うけれど・・・

「望まないこと」に意識を強く持っていったり、「そのこと」にずうーっとこだわっている
ことは、なるべくしないようにしています・・・。


一時期、テレビを見るといろいろなネガティブな情報に侵食されそうで、
恐くてあんまり見られない時がありました・・・

テレビって、事故、事件のことを必要以上にしつこく、細かく、次の何かが起きる
まで、やり続けているし・・・

政治や経済的なことを含めた社会情勢にもウンザリしたり・・・

でも、この頃は、そんなテレビにも、何かスクリーンに映された映画の映像を見ている
ような感覚で、一線引いて見られるようになったようです・・・

ただ、無意識にでも入り込むらしいので、あえてネガティブな気分になるものは
見ないようにしています。

それと、テレビをつけっぱなしにせず、番組を選んで見たり、テレビをつけて
いる時は、すぐにチャンネルを切り替えれるように、いつもリモコンはすぐそばに
置いています。

そういえば・・・

そんなこの頃の私は・・・

以前の記事【幸運の印?が3つ】にも書いている「エンジェルナンバー」、

以前からよく目にしていた「11・44」に、前にも増して「22・33・55」を頻繁に
目にするようになりました・・・。

ドリーン・バーチューさんの「エンジェルナンバー」より・・・

☆ エンジェルナンバー11

繰り返し浮かぶアイデアに注意して下さい。
この数字はとても創造性が高い人をあらわし、依存性をもたらす行為を避ける
必要があることも示しています。

前向きでいてください。
あなたが考えている事は、瞬く間に現実化して行きます。
ですから自分や他人の今の状況について良いことだけに心を集中し、
確実に好ましい結果を手に入れましょう。

☆ エンジェルナンバー22

あなたの深い確信が、奇跡や新たな素晴らしい機会を生み出してくれます。
信じる心を持ち続けてください。

天使には、あなたの祈りがもたらす素晴らしい結果が見えています。
そして、最後の仕上げが天においてなされている間、我慢強く、楽観的でいてほしい
とお願いしています。
この数字は「信念を持ち続けてください」という天使からの緊急の呼びかけです。

☆ エンジェルナンバー33

大勢のアセンデッドマスターがあなたを囲み、あらゆることを手助けしています。
彼らはあなたの使命を手伝い、祈りに応えるために来ました。
今彼らに波長を合わせ、どんな質問でもしてみてください。

あなたは、一人以上のアセンデッドマスターと明確で強いつながりを持っています。
彼らは、あなたの呼びかけや祈りに応えてくれています。
現在の状況を助けようとしてくれているので、彼らへの呼びかけを続けてください。

☆ エンジェルナンバー44

今、大勢の天使があなたとともにいます。
これらの天使に、あなたと愛する人々に安らぎをもたらすことなら何でも助けを
求めることができます。
天使にどうやって状況を修復して欲しいのではなく、ただ修復して欲しいとだけ
頼んでください。
創造主の神々しい無限の知恵は(天使を通じて)あなたを素晴らしい解決へと
導いてくれます。

天使はあなたに、特別に多くの安らぎや愛やサポートを与えてくれています。
あらゆることについて、彼らに助けをお願いし、直感によって導きを受け取りましょう。

☆ エンジェルナンバー55

あなたは大きな、人生におけるプラスの変化を遂げている(もうすぐ遂げる)ので、
シートベルトをしっかりと締めてください。
もはやうまくいかないものは手放して、それが癒やされ、あるいはより良いものに
置き換えられることを受け入れてください。

今は古いものを手放し、新しいものを手に入れる時です。
これらの変化は、新しい恵みをもたらしてくれるので、歓迎しましょう。
(ここまで)

「な~るほど!」って感じです・・・

こういった「エンジェルナンバー」も、「だから何?」って言えばそうかもだし・・・

でも、「わぁ~、なんかステキ!」って思うことで、

とってもいい気分になれたりもする・・・

数字ばかり気にしていることもないけれど、

「たまたま」、「フッと!」目にするゾロ目の数字に・・・

「私はやっぱり、いつも守られている」のだと・・・

「これまで、選んで歩いてきた道は間違いではなかった」んだと・・・

なんか、うれしくなって、「ワクワク!」してきます・・・。

今、「フッと!」・・・

これからの私の人生のコンセプト?を、

「人生をおもしろがろー、たのしもー、そして、ワクワクしよう!」
にしてみようかなー・・・な~んて思っちゃいました・・・。

【コンセプト=全体を貫く基本的な概念】
【概念=個々の観念の中から共通する要素を抜き出し、それを総合して生み出した
普遍的な観念。
あるものに対して抱くおおよその理解・イメージ】

 EVAのおすすめ

エンジェル・ナンバー―数字は天使のメッセージ

新品価格
¥1,543から
(2014/6/5 12:47時点)




関連記事

「光」か「闇」かどちらにフォーカスしているかだけ・・・



今までの刷り込み、思い込みからの信念を見つけては、捨てまくっているのに・・・

目の前に現れる現実(事象)にガックリとなることがある・・・

それは、宇宙にとっては「いいこと」「悪いこと」なんて区別はないから・・・

自分にとっての「(都合の)いいこと」ばかりが起こるわけではない・・・

ただ、「そのこと」に対して、自分がどう意味付けするかだけなんだということが、
どんどん腹に落ちてくるようになりました・・・。

それと、そんな時は、ムリにポジティブに持って行こうとするのではなく、
まず、わいてくる感情を受け止めてからちょっと俯瞰してみてみる・・・
【俯瞰してみる=対象の事物から距離をおき、そのまわりの事物の関係も含めて
より大きな視点で観察する】

ちょっとした例として・・・

運転中、交通違反でおまわりさんに止められた・・・

「ツイてない!」「点数減るし、罰金も!ムカつく~!」

でも、ちょっと冷静になり俯瞰してみると・・・

「そのまま走って行ってたら、ひょっとしたら事故に巻き込まれていたかもー
運転に気をつけなさい!というメッセージだったりして・・・」

なんて意味づけしてみると、「おまわりさ~ん、車止めてくれてありがとね~」
みたいな気持ちにまでなってくるから不思議・・・

どんなことでも、「そのこと」に自分がどう意味をつけるかでポジティブ気分になるか
ネガティブ気分を引きずったままでいるかということだけ・・・

なぜなら、あの黒と白の太極図のように、光は闇があるから認識できる、
その逆も然(しか)り・・・

自分がどっちの部分に意識を向けるかってことで、私たちのいる世界は、
「光のみの世界」ではないってこと・・・

そんなことを「フッと!」思っていたら・・・

シンクロするかのように、バシャールからメッセージ?が届きました・・・
(あ、直通ではないですよ~)

the PLANET from NEBULA】さんから転載です

特定する事

どんなに物事の性質が同じように見えても、貴方の対応が変化しなければ、また同じ事の繰り返しとなってしまうと、バシャールは話します。全ての事柄は、ニュートラルであり、ポジティブやネガティブといった”意味あい”は始めから付いているわけではありません。詰まり、貴方が”意味合い”を付け、その意味合いにそって反応が変わってくるというわけなのです。

“大いなる全て”は完全なるニュートラルの世界を私達に提供し、そして私達はこのニュートラルのエネルギーを好きなエネルギーへと変換して経験を積んでいます。ポジティブの意味合い(信念)を付けると、ポジティブな反応を得る事が出来、反対にネガティブな意味合い(信念)を付けると、ネガティブな反応を得る事が出来る、というように、“大いなる全て”はシンプルな物理構成で出来ているのだと、バシャールは説明しているのです。

物事の始めは必ず、ニュートラルから始まると、バシャールは断言します。しかし、私達の社会システムの構造上、自動的に”負の信念”が植え付けられてしまうという現象が、”起こり得る”という事は十分承知であると、バシャールは話します。だからといって、植え付けられた”信念”を見つけ出して変換する事が出来ないわけでは、決して無いとバシャールは話します。

私達は現在、地球規模の意識の”シフト”の人生を歩んでいるのです。意識のシフトとは、貴方が”素の貴方”となる事を意味しているのです。詰まり、貴方でないエネルギーが存在する事に”目覚める(awakening)”事であり、貴方には信念を変更する”パワー”があるという事に気がつく事にあるのだと、バシャールは話します。まだ特定出来ていない、自動的に植え付けられた”負の信念”を見つけ出し、心をどんどん浄化してゆくと良いでしょうと、バシャールは話しています。


. 一つ

.貴方の意識が覚醒するに伴って、貴方の周りで、あらゆる”副作用”が出現してくるようになると、バシャールは話します。次元シフトの初期段階を経験している私達は、シンクロのオンパレードを経験してゆくようになります。シンクロとは、一言で説明すると、偶然としてはオカシイ程の”偶然の一致”を指しています。詰まり、貴方の意識が引き寄せているわけなのですが、”時間差”がどんどん薄れ、たった今考えていた事が、見ていたテレビの特集とシンクロしていたり、という具合です。

そして、何と言っても忘れてはいけな事は、4次元密度の世界は”統合”の世界です。”統合”詰まりは、ポジティブとネガティブの両方のエネルギーの統合の世界であり、そこに住むポジティブ生命体は、ポジティブの選択を”意識的”にする事で正の世界を堪能し、反対に、ネガティブな思考を持つ人はその波動にあった選択を”意識的”にする事で負の世界を堪能する事が出来るのです。

意識が覚醒してくると、ネガティブな出来事が少なくなるはずであると一般的に思われがちですが、実際には間違いであると、バシャールは断言しています。詰まり、ある程度貴方の意識が覚醒してくると、今まで以上に多くネガティブな部分を発見するようになると、バシャールは話しています。これは、”統合”は正も負も全てを含んで”一つ”であるからなのだと、バシャールは話します。例えば、物を見る時、光が無いと見えませんが、陰が無くても物を見る事が出来ません。光と陰の微妙なバランスで物事をしっかりと、”一つ”として”捉える”事が出来るというわけなのです。

今までの私達は、物事の”陰”なる部分にフォーカスしてきたのです。しかし、今後の私達は、正と負のエネルギーの”統合”を違った型で4次元へと運び、陰を認識しつつも”意識的”に光を見る世界へと移行しているというわけなのです。
(ここまで)
.
バシャールが言うように、『意識が覚醒してくると、今まで以上に多くネガティブな
部分を発見するようになる』

つまり、光が大きくなるほど、影も大きくなるみたいなことかな・・・

だから、目の前の事象にガックリきても、そこで「あきらめない」ことですよね~





.



















関連記事
プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。