スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭のなかでしゃべり続けるのは誰?

illust734_thumb.gif

昨夜、珍しく寝付きが悪く、少し寝不足気味です。

というのは・・・

「フッと!」「おしゃべりを続ける思考」「それを観察している私」が、確かにいるわけで、
すぐに、不安、恐れ、心配などネガティブなことばかり頭の中で、しゃべり続けるのは・・・
誰?

確か、「ニュー・アース」エックハルト・トールさんの本に「思考のおしゃべり=エゴ」
についていろいろ書いてあったはず・・・とか考えだしたら眠れなくなったのです。

ただ、しばらくして、眠っているのか起きているのかわからない状態の中で、納得していた私
が、いたようですが・・・。

望む現実を手に入れるためには、「思考のネガティブなおしゃべり」つまり、「顕在意識の
あーだ、こーだ」を何とかしなければいけないわけです。

そのおしゃべりは、頭の中だけも、人に愚痴ることでも、独り言であっても、すべて
潜在意識に落とし込まれ、「忠実で正直者の潜在意識」がそのまま具現化してくれる。
特に、強くパターン化されたネガティブな思考ほど・・・

理屈や理論ではもうみんなわかっていても、この思考のおしゃべりを止めないことには、
望む現実の創造は難しい。

そこで、どんな言葉(マントラ)でもいいから、自分なりの言葉を見つけて言ってみる!

私はこの頃、「目の前に起きる現実」や「過去のイヤ~な映像」から「思考のおしゃべり」
が、始まると、「だから何?それが何?それがどうした!」と言ってみたり、
望むもの引き寄せ中の私は、思考が「そんなの無理!どうやって?」とか言い出すと、
「何だか知らないけど、手に入るんだよ!」それでも否定しだしたら、「だから!それが
宇宙の法則なんだよ!」とか言って黙らせます。

そして、私はこの頃「思考をエゴさん」「潜在意識をウニさん(インナーチャイルド=
ウニヒピリから)」と呼んでいるので、「エゴさん、ウニさんに迷惑かけるんじゃない!」
「ウニさんが苦しい思いをするでしょう!」とか言っているうちに、スイッチが切り替わる
ようです。

「頭の中でおしゃべりをしている」のは誰?

それは、たぶん、私たちが、社会、世間一般、常識的な親などから刷り込まれた思考によって、
反応してしまう「顕在意識の私」なのだと思います・・・。

【ニュー・アース】エックハルト・トール著から抜粋

ほとんどの人は依然として、絶え間ない思考の流れ(大半が無意味な繰り返しである)や
衝動的思考に自分を完全に同一化している。この思考プロセスとそれに付随する感情から
離れて「私、僕」は存在しない。これはスピリチュアルな無自覚状態を意味する。
頭のなかには片時も止まらずにしゃべり続けている声があると言われると、人は「それは
どんな声か?」と聞き返したり、そんなことはないとむきになって否定する。聞き返したり、
むきになったりするのはもちろん、その声、考えている無意識な心だ。それが人々を乗っ取っ
ていると見ることもできる。
自分の思考と自分自身とを切り離し、一瞬であっても、考えている心からその背景にある
気づきに自分自身のアイデンティティが移行したことがある人は、その体験を決して忘れない。
またアイデンティティの移行が非常に微妙だったためにほとんど気づかなかったり、
理由はわからないままに喜びや内面的な安らぎだけを感じ取る人もいる。
(抜粋ここまで)
《アイデンティティ=自分とはこのような人間であるという明確な存在意識》

 EVAのおすすめ

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

新品価格
¥2,310から
(2013/3/22 21:17時点)


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。