スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望んでいるものが手に入らない本当の理由・・・

illust2270_thumb.gif

この数日、何かのキャッチフレーズのように、「何をそんなに恐れているのだろう」
と繰り返し浮かんできます・・・。

「恐れ」とは・・・

何かを失うことや、何かが手に入らないこと・・・

それは・・・

「悩み」とも言えますね・・・

「欲しいものが手に入らない」

「持っているものを失いたくない」

それは、人からの賞賛だったり、理解だったりも含まれる・・・

私たちは「欲しい、欲しい」と願い、「失いたくない」とギュッと!しがみつく・・・

そして、なかなか望むものは手に入らない・・・

どうすればいいのか、その答えに結びつくようなヒントが、いろいろな例をあげて
わかりやすく書いてある本がありました・・・。

一言で言えば「今までの逆をしてみる」ということのようです。

プラスを受け取るためには、まず先にマイナスを受け取る・・・

それは、「自分の中の恐れ」に向き合うということでもありますね。

例えば・・・

「いい人と思われていたい」

「役に立つ人と思われていたい=認められたい」

そんな自分を「いい人と思われなくてもいい!」

「認められる必要なんて無い!ダメならダメでいい!」と思えるかということとか・・・

「本当の自分の中の恐れ」って、例えば「お金の問題」とかをかくれみの
にしていたりすることもあるようですからね~
【隠れ蓑(かくれみの)=本心、本音などを隠すための手段】

そういえば、バシャールも「お金は象徴にすぎません」とか言っていますよね・・・。

【望んでいるものが手に入らない本当の理由】 心屋仁之助著から抜粋
《マイナスを受け取るとプラスがついてくる》

自分を抑え過ぎてきたなら、いまは悪い人になる

自分の気持を殺すということは片面ではやさしいともいえます。
でも逆から言えば、「人に嫌われたくない」と思った結果です。イヤな自分を
さらしたくないんですよ。
いい人でいることで、そうした怖れを回避し、ほかの誰かが笑顔になったかも
しれません。
でもこれを続けると、心の中に「悪いもの」がたまっていってしまいます。
うつっぽくなったり。
だから悪いやつになる。「悪い」、を受け取るのです。
マイナス発言を言い散らしたり、間違っていても知らんぷりして謝らなかったり、
言いたい放題にいろいろと言って困らせたり、面倒を人に押しつけて自分はやりたい
ようにやったりする。
心の中にいる「悪い自分」を受けとってみてください。


いつもと逆の自分をたまにやってみると、バランスをとるのがうまくなるんです。
心のストレッチみたいなものです。
凝り固まった部分を伸ばしたり、逆に向けたりしてほぐす効果があるんです。
マイナス側に偏っていた意識を、バキッと折るようにプラス側に戻す。
プラス側の意識を、マイナス側に極端に戻してみる。
すると、プラスとマイナスでゼロになる。
ゼロっていうのは、心にとって「ちょうどいい」ってことなんです。(ここまで)

 EVAのおすすめ

望んでいるものが手に入らない本当の理由

新品価格
¥1,260から
(2013/7/30 20:04時点)















関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。