スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今の自分にちょうどいい・・・

illust4692_thumb.gif

先日のこと・・・

いつも行くスーパーの駐車場の前が、木々がたくさんある結構広い公園になっていて、
その公園の木々の上をたくさんの小鳥たちが集団で一定方向にグルグル回りながら
飛んでいました・・・

私はそれを見て、「フッと!」「あ~、鳥たちは“宇宙のリズム(流れ)”にのって
いるんだなぁ~」と・・・

1~2羽遅れながらも一生懸命?仲間たちについて飛んでいる、それでも方向は同じ・・・

それを人間に置き換えてみると、鳥と同じように“宇宙のリズム”にのれば、
人間も楽に飛んで?行けれるのに、流れとは逆方向に飛ぼうとするから、
嵐にあったりしてしまう・・・

でも、鳥と違うのは人間には、「あ~だ、こ~だ」と考えすぎる“思考”という
産物?【ある状態、環境、ことがらから、結果として生まれたもの】があるからね~

ただ、鳥も人間も同じ宇宙の仲間、“宇宙のリズム“にのるための“カギ?”は、
たぶん“DNA”なんじゃないかな~・・・と思うわけです・・・

“DNA”について興味深い記事が、 【新時代の夜明けに、アセンションに向けて】さん
のブログの「“DNA”の正体と覚醒へ至る道筋」にありました。

私が思うに、“DNA”には先祖から前世?も含めてた~くさんの記憶が埋め込まれている、
その記憶から?映しだされる物語を生きているよ~な気がしています・・・。

それぞれ“テーマ”を決めて、この世に生まれてくる、でも・・・
その“生”の間にそのテーマをクリアーできないとまた次の世代にとバトンタッチされ、
面々と続けられていく・・・

しっかり“DNA”に記憶を埋め込みながら・・・


どこかに『自分に起きることは、その時の自分にちょうどいい』書いてありました・・・

自分が“そのテーマ”をクリアーすべき時、自分にちょうどいい具合に、
「問題?が起きる」、でも、そこで何も気づかずに自分が変わろうとしなかったり、
逃げてしまったり、波に飲まれてしまったりして、その“生”の間でクリアーできず
ゲーム・オーバーとなり、“コンティニュー(続く)”となる・・・

そして、「そのテーマのゲーム」がクリアーできるまで、ずーっと続けられていく・・・

私は以前よく私の後ろにたくさんの先祖から前世?の方々が連なってくっついている
イメージ映像が浮かぶことがありました。

後ろの方々が辛い時、応援してくれていたり、励ましてくれたりしているような感じで?

でも、時々「なんで私?、ムリだって!自分たちでクリアーしておいてよ!」と
その方々に聞こえるように?あてつけのように声に出して言っていた時もあったっけ・・・

でも・・・

この頃は、「私だから」なんだと思えるようになりました!

「私だからクリアーできる!」

そして、「あんただからクリアーできる!」と見込まれて?この世に降り立ってきた・・・

よーな気がしているからです・・・。

考えてみれば、ずいぶん前から私は私がこの生で経験していること、「テーマ(課題?)」を
次世代には繰り越さない!と思って生きてきたし、私がクリアーすればもう生まれ変わら
なくてもいいのだとどこかで知っていたような気もするのです・・・。

そして、そのためにその時の私にちょうどいい塩梅(あんばい)で、問題が起きていた・・・
【塩梅=味かげん、ほどあい、つごう】

家族も含め、たくさんの人たちが様々な役を演じてくれてね・・・

「あんたならやれるよ!大丈夫!」ってことだったのかな~

と・・・またまた妄想モードに入ってしまいましたが・・・

その時の自分に必要なちょうどいい情報も、何らかのカタチでもって、
シンクロしてくるのでしょうね~

そんな今の私にちょうどいい本に出会いましたが、また次回にでもということで・・・







     


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。