スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥のように自由になるために・・・



“今”この変動期?パソコンの中にも、本の中にもたくさんのいろいろな情報が
あふれています。

私はみんなそれぞれだと理解しているので、自分が「グッと!」来るものを参考にしています。

その時の自分にあったもの、必要なものが引き寄せられてくると思っているので、
その時「グッと!」来るものが、その時の私に必要なのだという感じです・・・

昨日も【遠い記憶・前世からの約束】さんの「コンタクトの記録(1)」という記事を
読んで「グッと!」ときました・・・

なぜなら、過去記事【宇宙に帰っていった父を想う日】にも
書いたのですが、私の亡くなった父も宇宙船に乗ってミッションしているよ~な気が
しているからです・・・。

そして、この記事の中で、もう一つ感じたことは・・・

私も父の乗っている宇宙船に早く戻りたい?と時々思ってしまうのですが、
みんなそれぞれのミッション(役割)があって、私には私のミッションを行うために
まだ、この地球でやるべきことがあるのだと再確認した感じでした・・・

私がミッションを果たすためには、自分の奥の奥にあるまだしつこく残っている三次元的
要素(恐れのもと)をクリアーにしなければいけないのだなぁ~と・・・

そう思うと、この間までの怒涛(どとう)のように押し寄せる「怒り」「憤(いきどお)り」
【怒涛=荒れ狂う大波、激しく打ち寄せる大波】などの激しいネガティブな感情が吹き出て
いた事も理解できます。

今は、【すべては“そこ”から始まるストーリーだった
に書いたように、あの頃の激しいネガティブ感情が嘘のように消えて、ただ、「感謝!感謝!」
の気持ちがわいてくるまでになりました。

が・・・・

一つクリアーすれば、また一つ、そしてそれをクリアーするとまた一つ・・・と
何かしら別のパターンの「恐れ」の感情が出て来る・・・

そんな私の中にある「恐れ」の元の元は何だろう?と考察してみたら・・・

そこにあるのは「罪悪感」なのでは?と思ったわけです・・・

まだ自分を赦(ゆる)していないということ・・・

そういったもろもろの重い波動のものを、捨てて、捨てて、捨てまくらなければ、
重くって上昇できない・・・

そのために、次から次へと「恐れの感情」に向き合う時が来たのかもしれないなぁ~

そして、つまりミッションとは、少しでも波動を上げることかな?・・・

今日そんな私に「答え」になるような記事を見つけました・・・

【 ほんとうがいちばん】さんの「アイシャ・ノース活路の見付け方 いま、全てを打破する
真に唯一の手段とは”身を委ねる”こと」から一部転載

皆さんは懸命に古いパターンや昔の車の轍(わだち)を追おうとしています。どれほど
そのパターンから押し出されそうになっても、です。そして、そこから抜け出す必要があるの
です。

昔の人間は同じ古い轍上にとどまるように何度も何度もプログラムし直されてきました。
目の前に設定された境界線は決して超えようなどとしないようにです。ですから、皆さんに
はまだ厳重な限界から出ないようにする傾向がまだまだあります。限界のように見せかけて
いたものは全て取り払われた今となっても、です。皆さんの独房の壁はずいぶん前にもう
撤去されたというのに、皆さんはあらゆる意味においてまだマインドの囚人なのです。

重ねていいますが、これは非難などではありません。ただ、長年にわたって皆さんの本質で
あったその部分に逆らってください。何度でも繰り返し、言います。そして、皆さんが
古い自分を手放すまで押され、転がされ、引っ張られたり、押しつぶされたりするでしょう。
そうして人間の持つ生来の限界を手放してゆくのです。そのため、突然エネルギーの大洪水
に浸からされ、全く予期もしなかった時に下から引っ張られることになります。
古い基盤から皆さんをほどくために、皆さんがありとあらゆる手助けを必要としている
からです。

古いものからすっかり開放されたと自分では思っていても、まだ小さな自分がいてしっかり
と古いものにしがみついています。ですから皆さんが掴んでいる最後の古い幻想から皆さんを
離すために、私達にできることをしてお手伝いしましょう。皆さんが自分の現実と定義して
いるものは、もう皆さんの役には立たないのですから。いかに非現実的に見えようとそれに
しがみつくよう皆さんは根深くプログラミングされているのですから、これを限りに皆さん
を制約から開放するためには相当皆さんを振り回す必要がありそうです。

ですから覚えておいてください、元気いっぱいの子供が人形を弄(もてあそ)ぶように
皆さんは振り回され、引っ張られて耐えられないと思うかもしれませんが、全ては一つの
ゴール、真に皆さんを自由にするためのプロセスです。執拗に古いものにしがみつく部分も
ありながら、といった見せかけの自由のことではありません。
鳥のように自由にならなければなりません。
この言葉の持つ意味全てにおいて、です。ほんの僅かであろうと古いものを掴んでいたいと
いうなら、次の光の大波が来て皆さんをさらに高みに引き上げようとした時に、皆さんは
下へと引きずり降ろされることでしょう。いま、全てを打破する真の唯一の手段とは
身を委ねること、ほかにありません。(ここまで)

鳥のように自由に羽ばたくには、やっぱりかる~くなっておかないとね~

そしたら、宇宙まで行けちゃうかも~




関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。