スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと、偶然ではなく必然的な出会いなんだね・・・



この数日間、また息子の息子のチッピーちゃんも一緒に過ごしていました。

チャーちゃんと並んで眠っている姿にとても癒やされます。

私は動物好きの両親のもと、物心ついた時からたくさんの動物(生き物)に、
囲まれて育ちました・・・。

庭には父の手作りの犬小屋、池、大きな小鳥小屋、にわとり小屋などがありました。

池の金魚は金魚すくいでとった金魚が大きく育ち、小鳥小屋には卵からかえった小鳥たちも、
たくさんいました。

お祭りの縁日で兄と私に一羽ずつ買ってもらったひよこがにわとりになりました・・・。

そのためか?小さい頃から今でも“鶏肉”が食べられません・・・。

私の大好きな犬は、物心ついた時から一緒です。

庭で飼っていたチーコ(女の子)は、私が1~2歳頃、父がどこからか
もらってきたのですが、なぜかその時の情景・・・

「家の玄関の前に自転車を引いた父がいる。自転車の荷台にはダンボール箱に入った
子犬がいる。」

その情景が今でも鮮明に浮かんできます・・・。

もう一匹の犬ピーター(女の子)は家の中で飼っていたこともあり、
私の姉妹?のように育ちました・・・。

今の私にはチャーちゃんがいてくれて、息子にはチッピーがいて癒してくれている・・・

そして、ひとり暮らしの母のところには、最近、黒猫くんが新しい家族になりました・・・

そのクロくんは、実家の庭に何代にもわたって訪れていた野良の黒猫一家の
一匹のようですが、その子だけ母になついて家族になった・・・

母はクロくんが来てから若返り元気になった!

そういえば、どこかに「突然住み着く黒猫はスピリチュアルな存在です。」と書いて
ありました。

縁あって巡り会う動物たち、例えペット屋さんから来たとしても・・・

私は偶然ではなく意味があって「その子」が来てくれると思っています・・・。

ただ、いつの日にかその子たちともお別れしなければいけない時がくる・・・

そんなことを思うだけで涙が出そうになる・・・

そんな時には、ずーっと昔、犬が主人公のドラマの中で見た、「虹の橋」という詩を
思い出します。

でも、随分前のことでハッキリ覚えていない・・・そんな私でしたが・・・

この頃、私のお気に入りになった「葉祥明(ようしょうめい)」さんの挿絵の「虹の橋」の
絵本があることを「たまたま」知り、さっそく買いました。

「買ってよかった!」、とても素敵な絵と詩に心が癒やされました・・・。

この本にあるように、『愛するペットとの別れは、永遠のものではありません。
どうしてって?
だって、いつか、「虹の橋」で再会できるのですから。』ということを再確認?
できたから・・・

それに、「虹の橋」のある世界は「時間」なんてありませんからね・・・

その後、また、「たまたま」本屋さんで見つけた同じく「葉祥明」さんの絵本

「ヒーリング・キャット」もとても素敵な絵と詩で心が癒やされます・・・。

【The Healing Cat( ヒーリング・キャット)】YOH Shomei(葉祥明)著
から抜粋

あとがき

人は、安らぎや、生きる歓び、そして自分らしくあることを願うものです。
しかし、現実には孤立感と人間関係のわずらわしさの中で、あせったり、落ち込んだり
しがちです。
そんなとき、もの言わぬ動物たちは、だまって私たちをなぐさめたり、元気づけてくれたり
します。
ブルーキャットは、現実のネコだと思ってくれてもいいし、心のなかのもうひとりの自分、
あるいは自分を守るスピリチュアルな存在だと思って下さってもけっこうです。
どうぞブルーキャットのささやきに耳をかたむけてください。 葉祥明 (ここまで)

本の帯には『「きみは守られている」 魂を癒す 葉祥明の世界』とあります。

 EVAのおすすめ

ヒーリング・キャット

新品価格
¥1,575から
(2013/11/26 18:12時点)


虹の橋―Rainbow Bridge

新品価格
¥1,470から
(2013/11/26 18:13時点)











関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。