スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夜のちょっとだけ不思議なこと・・・



昨日の夜、「霊感じーさん(夫)」に、その日私がやってしまったミスったことを
話していた時のこと・・・

「夫」が突然、「おッ、肩を誰かトントンしとるぞ」と言うのです・・・

私は、「何言ってんだろ」と「夫」に「だれが?だれの?わたしの?」となり・・・

「夫」は楽しそうに?「あんたのですよ~」みたいな・・・

つまり、見えない存在の方がどうやら私の肩をトントンしているような感じがした(見えた?)
ということのようでしたが・・・

その後、私は気になり「夫」にその時の様子を詳しく?聞いてみると・・・

(夫) 『「(私の)話を聞いてたいした問題じゃないよー気にするな~」ってことだろー
イヤな感じがしなかったし、明るくってなんかふわっとしたいい感じだったぞ。
だから、コワイとかじゃない、違いがちゃんとわかるから大丈夫だ!』

(私) 『通りすがりとかじゃなくて、私の守護霊とか、守ってくれている存在みたいな
感じ?』

(夫) 『そうそう、そんな感じー』という感じ?

そして、「夫」に見えたのは、私の肩に置かれた手のようなものと・・・

なんと・・・「透明な羽のようなもの」だったそうです・・・。

それを聞いた私は・・・「なんか、うれしー!」と「夫」の話に喜んでしまいました・・・

以前の記事、【ずーっと守られていたし、今も守られている】に書いたことが、
「やっぱりな~」と思えてうれしかったです・・・。

そういえば、これを書いていて「フッと!」思い出したのですが・・・

1~2年前の夏?、チャーちゃんを連れて行く公園で、いつもチャーちゃんがした
ウ○チを帰りに駐車場にあるトイレに流しにいくのですが、そのトイレはちょっと古くて
昼間でもくら~いところです。

その日は、もう夕暮れ時でさらに薄暗く、私はトイレの建物の入口で「フッと!」
「あ~、なんかいや~な感じがする」と一瞬思い、それとなんとなく絶対上の方を見たら
ダメだ!と感じ・・・

すぐ、ダッシュできるよう警戒しながらウ○チを捨てていると、その時、なんと頭をポンポン
されてしまいました・・・

「うあ~~(心の声)!」と叫びながらも?急いでトイレのレバーを押してから、
走って外に出ました。

「夫」に「トイレのドアの上になんかいた感じー!頭ポンポンされちゃったよー!」

「でも、ちゃ~んと、ウ○チは流してきたよ、それも2回もレバー押してきた!」と
コワかったと言うことより、「そんな時でも私はなんてマナーが良いのでしょう」みたいに、
会話をしていたような・・・

その時、「夫」はたしか「あ~、いたか~、アイサツしてきたんだな~」みたいな・・・

その後・・・

(私) 『あそこに住んでいる人?なのかな~?』

(夫) 『そうかもしれんな~』

(私) 『臭くないのかな~、臭いのが好きなのかもしれないね~』

(夫) 『臭いのが好きなんだろ~』みたいな会話をしながら帰ったような・・・

そんなことを思い出しました・・・。

私は、自分の世界に存在する見える人?も見えない人も、自分が出す波動によって登場?
してくると思っているので、自分の波動を「ド~~ン」と落とさないでいれば、
見えない存在の方々もそんなにコワ~い方々は寄ってこないと思っています。

たま~に、波動が「ド~~ン」と下がってしまっても、その後、上げ↑、上げ↑にすれば
OK!OK!だと思います。

ただ、なるべくなら「にくしみ、うらみ」などのオドロオドロした感情は、
ずーっと、持ち続けないほうがいいかも~ですね・・・

なので、今日もできるだけ、楽しく、明るく、お気楽に!すごしましょー











関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。