スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かのためより自分自身のために・・・



今日の深夜(明日かな)、オリンピックの男子フィギアスケートが始まるので、
「ワクワク!」です。

2日間は何とか夜中まで起きていてテレビを通してですが、応援しようと思っています・・・。

オリンピックといえば、ちょっと思ったのですが、

「金メダル」が確実?みたいに言われていたのに、メダルを取れなかったスキージャンプの
女の子を見ていて、なんか痛々しくてかわいそうだったなぁ~と・・・

メダルが取れなかったことではなくて、背負うものが多すぎための、プレッシャーからか・・・

吹いた風も「ラッキー!」とはならず運も味方してくれなかったようですね・・・

私は、テレビを見ていて、彼女があまりに「〇〇のため」と口にしていたことを思い出し、
「〇〇ねば」となり本来の自分の力が出せなかったのかなぁと・・・

逆に、メダルを取った2人の少年?たちは、「楽しめた!」と言っていましたが、

「〇〇のために」という気持ちより、少しだけ?「自分自身のために」という気持ちが
勝(まさ)っていたのかもしれないなぁ~と・・・

「誰かのために」より、「自分自身のために」という気持ちで、立ち向かったほうが、
どんな結果であれ、「やりきった!」という満足度が違ってくるし、後悔も少ないのでは・・・

と、かってな憶測、傍観者的意見ですが、「フッと!」思ってしまいました・・・。

ただ、その子たちに共通することは、オリンピックは親の夢ではなく、本人たちの夢であり
環境的には親の影響があったかもしれませんが、親がやらせたいことではなく、
子ども自身がやりたいこと、好きなことを親が出来る限りの協力、応援をしていたというのを
知り、「愛」がなければできないことだなぁ~と・・・

だからか、子どもたちも親に心から感謝していた様子でしたね・・・。

そういえば少し前に話題になっていた「なんとか細胞?」を発見した若い女性も、
人とは違う視点を持ち、妄想好き?だったようで、たぶん、その親も子どもの頃から、
その子の個性を認め、褒めて伸ばしてあげようとする子育てをしたのかなぁ~とか・・・

彼女の上司?が服装も個性的で「学者?」らしくないので目立っていると言っていましたが、
きっと「〇〇でなければ」なんて思わない人なんだろうな~とか、思っちゃいました・・・。

人にどう言われようと、どう思われようと、自分を信じること!

本当の意味での「愛」と「感謝」は「自己犠牲の気持ち」や「見返りを求める気持ち」からは、
生まれない、「愛」と「愛情」とは違うもの・・・

そして、「誰かのため」よりも「自分自身のために」生きること!

そんなことをオリンピック競技を見ながら、思っていた私です・・・。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。