スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あきらめないで、今できることをせいいっぱいやったから・・・



2日間、なんとか夜明けまで起きていて、男子フィギアスケートをテレビで見て、
応援していました。

羽生選手はすごい!ですね~ 「おめでとう!」ですね!

私の大好きな髙橋大輔選手は、メダルには手が届きませんでしたが、

笑顔を浮かべながら滑る彼を見て、「グッと!」来て涙がでそーになるほど、
感じるものがありました・・・。

滑り終えた後のインタビューでは・・・

『最後まであきらめない気持ちで精一杯滑った。あきらめずにやってよかった!』

そして、ケガのせいとか言い訳もせず・・・

『これが僕の実力です。でも、気持ちを込めて滑りました。

辛いことのほうが多かったですが、これが次に繋がる舞台になると思うので、
悔しかったり、辛かったり、本当にいろいろな思いがあったソチでしたが、
自分にとっては最高のソチだったと思います。』

と、清々しいとてもスッキリしたいい顔をしていたように感じました・・・。

朝、テレビで元スケート選手の女性が解説している中で、

『試合の後、後輩たちからも髙橋選手への感謝と感動したというメールがたくさん来た。』

『髙橋選手は後輩たちにとても慕われていて、尊敬されている。
男子が初めて金メダルをとれたのも、髙橋選手の貢献があったから・・・』

みたいなことを言っていました。

だから、メダルは取れなくてもたくさんの人に感動を与える事ができるのだと・・・

きっと、現役を引退しても、「記憶に残るスケーター」になるのだろうと、
私は思います・・・。

今回、髙橋選手から・・・

「どんな状況であれ、最後まであきらめないこと」

「今、自分にできる精一杯をやれば、周りの評価や、結果はどうあれ、
その結果に対して、自分自身が納得し、満足できるということ」

そして・・・

どんなことにもきっと意味があり、ムダではなく次に繋がるのだということ・・・

そんなことを改めて教えられ、心に刻みました・・・。

そういえば、髙橋選手がソチに行く前に、あるテレビ番組の中での質問コーナー?で、

色紙に「・・・あるもよし、なしもよし、自分がどうあるか」

みたいなことを書いていたと思いますが、

つまり、目の前のことにどう自分が肯定的意味付けをするかという、

「バシャール的?」生き方のできる人なんだなぁ~と感心したことも思い出し・・・

またまた、オリンピックを見ながら、勝手にいろいろ思っていました・・・。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。