スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金のいらない暮らしをしているあこがれの人たち・・・



昨日テレビで、「タンザニアのハッサ族」という、世界最古の狩りの部族のことを
やっていました・・・

長老の名前からとった「シャクワー族」の一族は、村とか大きな集団を作ることもなく、
農耕もせず、気の合った者同士、20数名の大人、子供、イヌたちのグループで
移動しながら暮らしていて・・・

食事は、その日食べる物を、狩りで調達し、その日穫れた鳥、ガゼルなど
の中型動物をみんなで分け合って食べます。

狩りにはイヌたちも同行し狩りのお手伝いをしています。

動物好きの私としては、狩りのシーンでは、つい、動物たちに「早く、早く逃げなー!」
と、テレビに向かって言ってしまうけれど・・・

生きていくために、「いただいている」という感じで、ムダに獲って、蓄えようとかは
していない様子・・・

そして、服は、インパラという動物の皮で作ったものを身にまとい、
狩りで必要な鉄の矢じりは、鍛冶屋さんのような別の部族の人と、

獲った獲物の足一本と、矢じり一本というように、「物々交換」で手に入れる・・・

そこでの生活を体験させてもらっていたお笑い芸人のカスガが、
「トゥース!」のギャグで、笑わせて、矢じり一本と交換してもらっていた・・・

テレビ的にかもしれないけれど、別にモノとモノで交換しなくてもいいんだもんね。

そのハッサ族は、1ヶ月くらいで狩りをしながら移動する生活を、一万年前から
変わらず続けているのだとか・・・

ムダに贅肉のついた人もいず、子供たちも大人もイヌたちも、
とても自然で、イキイキ、ノビノビしていて、そしておおらかで、あたたかい・・・

私は、以前の記事【物を持たないしあわせ!】の夫婦の暮らしよりも、
さらに、もっと、「うらやましー!」と、思って見ていました・・・

この頃、特に、私の暮らすこの幻想の世界?が、モノに溢れ、ルールばかりで、
めんどくさいことばかりで・・・、

「大昔の暮らしに、もどりたいなー」とか、思っていたら・・・

先日から、テレビで、「ナサケナイ、オモシロすぎる政治家たち」を目にして、

「政治家必要?長老ひとりいればいいんじゃない?」とか、
思っていところだったので、よけいにあこがれてしまいます・・・

私のあこがれる人たちは・・・

時計で時間を気にすることもなく、日の出とともに起き、暗くなれば、火を焚き、
食事を終えれば、寝る・・・

たぶん、死も自然に受け入れていて、かしこまったソーシキ、ホージ、なんてしない
だろうし・・・

「お金」というものも存在していなくても、ちゃーんと、生きている!

まるで、高次元の新しい世界のようではないですかー・・・と、
番組を見終えた後も余韻に浸ってしまいました・・・。

と・・・・思いながらも、

寝る前に、つい、「引き寄せの法則」に伴う「対極の法則」について、
本を読み直している・・・

まだまだ、「お金」に執着している私のようです・・・。

 EVAのおすすめ

神よりしあわせ

新品価格
¥1,836から
(2014/7/5 17:15時点)










関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。