スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやら、やはり、この世界は「すべてがホログラムの投影である」ようです・・・



先程、あるところで、ある記事を目にしました・・・

そこには、私がくら~い部屋の中で光の粒子が充満し、自分の手も部屋の中の
物もホログラム化して見えるという体験のよーなことが、ある男性にも起こっている
ようで、その現象をカメラの高倍率写真で撮った画像について書かれていて、
そこに載せられていた元記事の所【http://toruscloud.com./jp/】には、
いろいろな映像、動画などがありました。

私が目にしている状態も高性能?のカメラで撮るとそんな具合に映るのかな・・・

その記事は【新時代の夜明け前にアセンションに向けて・旅立ちへ】さんの
ところにありました。

その記事の中から一部転載です・・・
(ここから)

最近大変興味深いサイトを発見しましたので紹介しておきます。
これはある男性の周囲に起こる現象を研究したものですが、主にカメラの高倍率写真に
映った画像パターンを示していて、そこにはまだら模様のものが映っていますが、これが
意志を持っているというのが、この研究の言わんとしているところです。そしてその画像
パターンに類似性が見られることから、この3次元世界を構成しているのはこれらの画像
パターンが構成するホログラムであり、これらの粒子がホログラムを映し出す情報を備え
ているということです。
http://toruscloud.com/jp/

詳細はリンクをたどって読んでいただきたいのですが、ある意味、私たちの世界はある
情報を持つエネルギーが反映されたホログラム世界であるということです。そこに多くの
意思が介在し多くの現実を創り上げているようです。


(参考記事)

私たちは日々の生活をしている中で、全てがホログラムの投影であることに気が付いていないのではないでしょうか。私たちが実在していると信じている全てのモノ、つまり私たちの物質世界は、実際は、ホログラムでできた宇宙が創りだすイリュージョンなのです。これは、20世紀における最も注目すべき理論です。

私たちの脳は、エネルギー・フィールドを解読し3次元の映像に変換しますが、その時に物質世界のイリュージョンを創造します。実際に宇宙には物質が存在するように見えますが、これは、一種の3次元の投影でありホログラムの世界でしかありません。私たちの脳は、空間と時間を超えた、より深い式次第である他次元からの周波数を数学的に解読することにより客観的実在を創りだしているのです。

脳自体が、ホログラムの宇宙に包まれたホログラムの世界なのです。
(これは、新たな方法で世界を見るボムとプリブラム理論の要点を説明したものです。この理論は驚異的かつ刺激的ですが、世界で最も有名な2人の科学者の生み出した理論です・・・科学者についての詳細は省略。)


この2人の科学者は、量子物理学で遭遇する様々な事象や脳の神経生理学に関する”なぞ”を説明できない標準的な理論に不満でした。そこで、1982年にパリの理論応用工学学会の物理学者アライン・アスペクト氏をリーダーとした研究チームが、注目すべき実験を行いました。

私たちの宇宙を構成する素粒子の集合によって形成されるウェブ(リアリティーの織物と呼ばれます。)は、まぎれもなくホログラムの特性を持っています。宇宙に関するホログラム理論は、私たちが知るリアリティーだけでなく、説明のつかない事象も総合的に説明しています。また、超常現象、臨死体験、テレパシー、リアルな夢、その他数々の現象についても説明することができます。このホログラム理論は、科学的にも実験により証明され多くの支持を得ています。それらの実験結果により、宇宙はホログラムであり、決して実在するものではないことが証明されました。これは、20世紀における最も重要な実験の一つであり、科学に対する考え方を永久に変えることになるでしょう。また同僚である他の2人の研究者(ジーン・ラリバードとジェラルド・ロジャー)とともに行った実験では、ある一定の条件下では、電子などの素粒子は、互いの距離に無関係に瞬時に交信できる特徴があることを発見しました。お互いに10フィート離れていようが、100億マイル離れていようが関係ありません。素粒子は常に他の素粒子が何をしているかを常に把握しています。

この研究結果は、光の速度よりも早く到達する伝達手段はないというアインシュタインの有名な理論をくつがえすことになりました。光の速度よりも速く進むということは、時間のバリアを壊すことに等しいのです。このような手ごわい研究結果に反論するために巧妙な言い逃れをしている物理学者もいます。しかし、その後、物理学者の中には、さらに急進的な理論を展開している人もいます。つまり、物質が存在するように見える宇宙は実在せず、全ては幻想であり、巨大で素晴らしく巧妙なホログラムであるとしています。研究者のカール・プリブラムは、この宇宙には少なくとも私たちが見たり、理解している物質世界は存在していないことに気が付きました。
プリブラムは、「宇宙は、波動と周波数しか存在していません。それらを私たちの脳がイメージに変換することで、物質に見える世界が創られているのです。私たちの脳が、私たちが見たり体験する全てのモノを創りだしているのです。私たちの脳は物質を創りだすだけではなく、空間と時間も創っています。」と言っています。
2人の共通した研究結果であるホログラムの宇宙理論 は素晴らしい理論です。しかし、研究者のボムでさえ、自分の理論も含め、どの理論も絶対に正しいとは言えないと信じてきました。将来、最先端テクノロジーが開発され、これらの科学者の理論に基づく試験が行われ、実際に正しかったのかどうかが分る日がくるでしょう。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51824590.html

(ここまで)


このブログ主さんも書かれているのですが、
『この世界は私たちの意識が創りあげているホログラムということ
つまり、自分の意識しだいで変えられる』みたいなことですね・・・

ちなみに、私はそういったホログラム現象がよーく見えるのは・・・

眠る前や眠りから目覚めたばかりのボーっとしている時や
夜中にフッと目が覚めた時など・・・

つまり・・・左脳がお休みモードに入っていて、右脳全開?モードに切り替わった時
のよーな気がしています・・・。

過去記事良かったら読んでね

部屋の中にもキラキラがいっぱい
すでに5次元にいるのかもしれない
右脳全開?で見るときは
万事良好!すべてはシナリオどおりです
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。