スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「常識」とか「前提」とかを変えてみると・・・



先日、刺繍中、最近の「高齢の母」の様子について、ちょっと考えていた・・・

「常識」で考えれば・・・ちょっと心配かもだけれど・・・

私は、なんか「母も高次元的生き方?っぽく」なって来たのでは・・・
と、私なりの受け止め方をしていました・・・

で、もう考えるのをやめて、寝ようとした時・・・

もう午前1時を過ぎていたので、本を読む気もないのに、

「フッと」本棚から一冊の本を手に取り、パッと開いたページに・・・

なんと、「高齢の親」について、宇宙人的?高次元的?ご意見が載っていて、

私が結論付けたよーなことが書いてありました・・・

ちょっと、ビックリ・・・

でも、いつものよーに、「答えをヨロシク」と(高次元な私?に)お願いしておいた
からかもしれませんが・・・

その本【セス・ブック 個人的現実の本質】は、分厚くて字が細かいので?
最初の数ページまでしか読んでいなかった本・・・

というわけで、また、最初からボチボチ読み始めました・・・

必要な時、必要な物があらわれるという、「シンクロ」でしょうかね・・・

これからの世界は、「直感」と「シンクロ」の世界・・・

ただ、そんな世界では、今まで私たちが「常識」と、思わされてきた、
た~くさんのことを覆(くつがえ)さなければならないかもだけれど・・・

「常識」つまり「物事の大前提」

それは・・・「刷り込まれた信念」ってやつが、

キョーレツに作用して「自分の現実」を創っているのだから・・・

そんなことに気づいてきた私の「キョーレツに思い込んでいた大前提」
っていうのが・・・

「家族みんなの幸せ」が「私の幸せ」って、ついこの間まですんごい思っていた・・・

でも、それ、逆だったみたい・・・

自分が幸せでいること(幸せを感じていること)で、まわりの人も幸せ!ってこと

なぜなら、この現実を創っているのは「私」・・・「主人公は私」ってことだから・・・

自分以外の人の状況、まわりに起きることで、

自分以外の人を「どうにかしよう」「どうにかしなければ」って思っても、

それは、(よく言われているように)「鏡に写っているもの」をどうにかしようと
ムリなことしているのと同じ・・・

そう、変えるのは、「自分なんだ!」

まわりの人を変えようとか、変わることに期待したりとか、
しなくてもいい・・・

というか、できない・・・それは・・・「自分」なのだから・・・

まわりの人は、すべて「自分の内面の反映」というイミ、

わかっていたつもりだったけれど、

やっと、思いっきり「パッカ~ン」したみたい・・・

そして、「家族みんなのこと」を、私はいつも心配ばかりして、

問題が起こると「私がどうにかしなければ」と、いっつも思っていたし、
そうしてきた・・・

でも、相手を心配する・・・それは、「そのこと」によって、

「自分」がツライ思いをするのがイヤで、めんどうに巻き込まれるのがイヤで・・・

つまり、「自分の恐れ」から来ているってこと・・・・

そんなことに気づいたら、すべてがうまくいく方法にも気づいた・・・

それは・・・「私がごきげんでいること」もうそれだけで、「OK!」なんだと思う・・・

ごきげんなとき、好きなことしている時って・・・

「時間」が立つのも忘れている・・・

その時の私は「素(ホント)の私」になっているってこと・・・

「時間は幻想」だから・・・つまり「高次元的私」になっているってことですね?・・・。

the PLANET from NEBULA ~スターシード達へ~】から転載です

バシャール:フォーカスの量

2015-08-02 01:57:14
テーマ:新しい地球のスターシード達へ

目紛しいスピードで休み無く変化を遂げている中、バシャールや他の高次的存在は”今”を100%で生き、記憶を持たないと話します。記憶を持たないという意味は、やらなくてはいけない義務や責任を常に念頭にいれている私達と違って、”今”の瞬間を100%でフォーカスし、全ての波動を”今”の瞬間にエンジョイしている事にあるのです。

波動が上がってくると、シンクロが増加してくるようになります。シンクロの起こるスピードは、その時のフォーカスにどれだけ不純物(ネガティブな波動)が含まれていないかによるのだと、バシャールは話しています。ですから、100円を手に入れるのも、1億を手にいれるのも実際には“同じ”フォーカス量が必要です。ですから、1億だろうが10円だろうが、風邪だろうが重い病気だろうが、”フォーカス”の力は同量の力で十分なのです。要は、不純物を入れない事、これが重要な鍵となります。

”今”を100%で生きる事は、100%のありのままの自分でいる事であり、義務や責任を果たすために、それらを忘れないように注意を払う事ではありません。私達は、義務や責任の波動に囚われ過ぎて、本来ある輝ける”場”を自ら失ってしまっていると、バシャールは話しています。

貴方の輝ける”場”を見つけて下さい。それは外で野球をする事かも知れないし、友人とお茶を楽しむ事かもしれません。いずれにしても、貴方の”心”が全てを語ってくれるという事をきちんと理解してゆきましょう。
(ここまで)

 EVAのおすすめ

セス・ブック 個人的現実の本質

新品価格
¥3,132から
(2015/8/3 13:41時点)


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。