スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいものを手に入れるためには・・・

illust3297_thumb.gif

またまた引き続き「神よりしあわせ」から・・・

私は、いろいろな「引き寄せの法則」の本を読みましたが、だいたい同じようなことが、
書いてあります。

ただ、「引き寄せの法則」系の本を読むと、「ポジティブ」にならなければと、「ネガティブな
思考」に陥(おちい)ることを恐れ、逆に、「ネガティブな思考」に囚われてしまったりという
ことになりがちですよね。

なので、この本の 「対極の法則」については、ちょっと「目からウロコ!」でしたね。

「闇を経験しなければ光を知ることはできない」とか、よくスピリチュアルで言われている
ことですが、「引き寄せの法則」と結びつけて具体的に理解していなかった気がします。

たとえばお金に関して・・・

お金が入ってくる「状況・場」を創るためには、まず出ていく状況が創られる必要がある
からか、「与えること」を拒んでいると(無意識に?)、なかば強制的に出ていく状況が
創られるのかもしれません。

これもよくスピリチュアルの教えにある「欲しいもの(自分が)を与えなさい(他者に)」とか
「手放すのが先、受け取るのは後」ということがこれでよく理解できました。

ただ、「与えること」に自己犠牲の気持ちや失うことへの恐れ、見返りを求める気持ちが
あると、現実化は難しいかもしれないですね。

その時の「自分の感情は?」が鍵(かぎ)となるのでしょうね。

『感情は「エネルギー」でエネルギーは似たものを引き寄せる』とありましたね!

今、目の前に「欲しいもの」が現れていなくても、ネガティブな感情に陥らずに、宇宙
(自分かな?)を信じていれば、その思いが臨界点を超えたとき目の前に「欲しいもの」が、
現れるということでしょうか・・・。

この本には、そのためのプロセスがいろいろ書かれています。よく言われている「判断せず
感謝すること」とか「現実は自分が創造している、この世界は幻想である」などについても
書かれていますが、この本には、「私に必要なこと」が、たくさん書かれていました・・・

例えば・・・

『神よりしあわせ』 ニール・ドナルド・ウォルシュ著から抜粋

〈自分が求める経験を他者にさせる〉

自分の生涯で経験したいと思うことは何でも、他者がその生涯で経験できるようにしてやりなさい。
あなたが愛を経験したいなら、他者が愛されるようにしてやりなさい。あなたが豊かさを経験
したいのなら、他者を豊かにしてやりなさい。……………………

わたしがここで言っているのは、「パーソナルな創造」は他者から始めるといちばんうまくいく、
ということだ。
まず他者にいつも他者に焦点を絞り、決して自分を最初にしないこと。そうすれば自分が経験
したいことは7倍にもなって実現するだろう。あなたが自分のために創造したいと思うことは
何でも、他者に創造してやりなさい。そうすれば「引き寄せのエネルギー」はこのうえなく強力
になる。

どうして、そうなるのかー他者に与えるのは自己に与えることだから。
究極の現実には他者は存在しない。存在するのは「自己」それだけだ。それが理解できれば、
「神より幸せになる」ために必要なすべてを理解したことになる。(抜粋ここまで)

まず、「他者に与えること!」でも決して「自己犠牲の気持ち」からではなく!

「豊かさ」だけではなく、「成功」「パワー」「ロマンス」なども、同じことのようですよー

そして、やっぱり、この言葉「よろこんで!」がカギですかね~

この本は、「引き寄せ」がイマイチうまくいかない人に、おすすめですよー

 EVAのおすすめ

神よりしあわせ

新品価格
¥1,785から
(2013/1/16 22:22時点)


















関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。