スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欲しいもの」を欲しがらないと・・・

illust1641_thumb.gif

前回、望む現実を創造するためには 「口グセ」を変えることもひとつの方法と書きましたが、
もう一つ・・・。

欲しいものを欲しがるのは、当たり前ですが、前にも書いたように「不足、欠乏」
から求めれば、宇宙は、「その時の感情」を感じ取るので、「欲しい!欲しい!」という
状況が創られ、ずっと不足、欠乏したままになりますね。


例えば、お腹がいっぱいの時は、「もう食べられません!満足です!」と心から言いますね。

逆に、本当は、お腹がすいているのに、「もう食べられません!いりません!」と言っては
みても、心のなかでは、「食べるものが手に入らない、食べられないどうしよう!」と、
「恐れや不安の気持ちでいっぱい」の「その時の感情」に宇宙が反応するので、手に入らない
現実が創られますね。

そんな時、ちょっと視点を変えてみると・・・。

「アレッ!今まで気づかなかったけど、ここに温かい飲み物があったじゃないか!
ラッキー!ツイてる!ありがとうございます!」と今あるものに気づき感謝する!

ここで感謝することにより、「恐れや不安の感情」から「いい気分でいること」へ移行する
ことができる。

そこにはもう、「不足していること」よりも「満たされていること」に気持ちが切り替わって
いますね。

欲しいものを欲しがり続けていると、なかなか手に入らないけれど、今、手にしているものに
感謝していると、欲しかったものも、知らないうちに手に入っているのかもしれません。

「人生を変える方法」として、「感謝に移行する」ということが、
『神よりしあわせ』 (ニール・ドナルド・ウォルシュ著)に書かれています・・・
(ここから抜粋)
【人生を変える奇跡】

判断を放棄するとは、感謝に移行することである。

これは、いつもすべての結果に感謝することを意味する。「すべて」の結果だ。
つまり自分が意識的に選んだことではないことが明らかでも、自分が望んだことではないと
はっきりわかっていても、「神よ、ありがとうございます」ということである。
ある人がこんなことを言った。
「幸せとは欲しいものを得ることではなくて、得たものを欲しがることだ」
この人はじつに正しい。
感謝は、ありとあらゆる「容易ではない(病んだ:dis-ease)」瞬間に対する奇跡的な治療法だ。
最も迅速に不安を解消し、失望を癒(いや)し、否定を肯定に変える方法である。
…………
(抜粋ここまで)


「神」(創造神)=「宇宙」=「自分の中の神性」ということだと思います。

よく言われていることですが、嫌なことがあったときにも「ありがとう!」と言うことが
できたら、奇跡が起こるのかもしれませんね。

 EVAのおすすめ

神よりしあわせ

新品価格
¥1,785から
(2013/1/23 20:14時点)












関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。