スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“宇宙人の魂(ETソウル)”を目覚めさせる時が来た!

illust4260_thumb.gif

以前書いた「インディゴの息子」のことですが、息子は、この頃、幼い頃の記憶を
呼び覚ましたい衝動にかられるらしく、いろいろ聞いてきました。

今回そのことを書いてみたいと思います。

「エピソード1 生まれた時のこと・・・」
予定日より早く生まれたことや、へその緒が首に巻いていたことなどから、生まれてすぐ
保育器?の中に入れられていました。その時、医者から「命が危ないかもしれない」とか
「脳に異常が出るかもしれない」とか「覚悟していてください」みたいなことを言われた
のですが、すごく深刻な状態のように言われていたのに、その間、何事も無く無事1週間
くらいで退院出来ました。
私は、その時、なぜか「絶対、大丈夫!」と確信していた記憶があります。

「エピソード2 一歳くらいの夏・・・」
まだ、オムツをしていた頃のことです。当時団地の4階に住んでいて、玄関ドアの前の
通路で、三才上のお兄ちゃんや近所の子たちと一緒に遊んでいると思っていたのですが、
いつも弟を気にかけ一緒にいてくれているはずの兄が、その時に限って「一緒じゃなかった」
というのです。二人で必死に近所中を探しまわり、途中から近所の人たちも探してくれた
のですが見つからず、派出所に行ってみると無事保護されていたということで、警察署から
パトカーに乗せられてきました。
おまわりさんが言うには、家からかなり離れたバス停一つ分以上はあるところの車が行き交う
交差点のまん中あたりにいたらしく、通りががりの人が助けてくれ、近所のお店の人に預けて
警察に保護されたということだったらしいのですが、私に抱かれた時初めて泣いたらしく、
おまわりさんに「どこでもおりこうで泣かなかったんだよ。安心したんだねぇ」言われました。
その時、「どうやってあそこまで行ったんだろう」とチラッと会話した覚えはありますが、
無事だったということで、深く考えなかったと思います。

「エピソード3 二歳くらいの頃・・・」
兄の幼稚園の遠足に行った時のことです。すごく広い公園だったのですが、最初は大きな木の下
で、みんなで一緒にいたのですが、息子は知り合いの女の子(幼稚園児)と仲良く遊んでいた
ので、つい、別行動になり(今思うと信じられないのですが、なぜかそうなってしまった?)
かなり時間がたってから、そこにもどり一緒にいたはずの女の子に聞くと「一緒じゃない、
知らない」というのです。あわてて探しまわったのですが、みつからずもう一度最初にいた
大きな木のところに戻ってみると、息子が泣いてもいず、一人でポツンと立っていました。
迷子にもならずにです。
ただ、なぜかその時も私は、「絶対、大丈夫!」と確信していました。

「エピソード4 4~5歳くらいの頃・・・」
夫の実家(いなか)に行った時のことです。その夜、私たち家族は、二階に寝ていたのですが、
夜中に階下?で物音がして目がさめ、そして、階段を誰かが上がって来た気がしました。
怖くて目が開けられず、布団をかぶっていたのですが、(異質な気配を感じたからです。)
私は、「幽霊系」だと思いあまりの怖さにみんなをおこしてしまいました。
その時、息子が「緑色の(発光していたようです)小さい宇宙人が部屋の中にいっぱい
いたよ!」と言ったのですが、私は、「幽霊系」だと思っていたし、「小さい宇宙人?って
いるのかな?」みたいに思ったので、それ以上気に留めませんでした。 
息子は20年以上たった今でも鮮明に覚えているそうです。

最近、ネットで話題になっている「ザ・シリウス」という映画のことを取り上げているブログ
に、載っていた「小さい宇宙人」の映像を見て「あらァ~、小さい宇宙人いるんだ~」と今更
ながら、あの時、もっと息子の話を、聞いてあげればよかったと思いました。
「ザ・シリウス」の映画については、「ハートの贈りもの」さんのブログにあります。

その他にも数々のエピソードがあるのですが・・・。

息子が言うには、『自分は小さい頃から、みんなとはなんか違うとずっ~と思っていた。
この頃、小さい頃のことがすごく気なり、思い出したい。
生まれた時、「脳に何かがあったかもしれない。(宇宙的?スピリチュアル的に?)」
一歳頃の交差点に立っていた記憶だけが、何故かある。「神隠し的・次元移動(瞬間移動)
したのかもしれない?」』とかいろいろな思いがわいてくるようです。

確かに!、私から見ても、小さい頃から、「ちょっと普通では考えられない発想をする」とか、
「普通では考えつかないことをする行動力」もあり、「地球人」というより「宇宙人」といった
ほうが自然かもしれません。  
【私は、〈普通〉という言葉に違和感を持つ人なのですが、ここでは標準的にということで】

大人になってからの生き方を見ていても、本当に、「この三次元地球」で過ごすのは、
「大変なんだろうな~」と思うことがよくあります。

息子が、「同じような体験している人いるかな~」とか、言っていましたが・・・。

前にも紹介した『宇宙人の魂をもつ人々』〈数百万の眠れるワンダラー&ウォークインが
一挙にライトワーカーになる!〉の本をもう一度読んでみるつもりです。

EVAのおすすめ

アセンション版 宇宙人の魂をもつ人々―数百万の眠れるワンダラー&ウォークインが一挙にライトワーカーになる! (超知ライブラリー)

新品価格
¥1,890から
(2013/2/6 20:22時点)







関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。