スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「母という病」にサヨナラにしましょう!

illust4027_thumb.gif

以前、「母という病」という本を紹介したのですが、私も「母病」にかかって何十年にも、
なります。
この頃、やっと「母病」を客観的に見られる様になりました。
きっかけとなった一つには、「たまたま」ネットで見つけた
ほっとひといき こころとからだのほけんしつ」というセラピ―の方のホームページに
『どんな人が精神的虐待を行うの? 心が不健康な方々です。』とあったんですね。

「あ~、そういうことか」と・・・

そして、そこに書かれている事、ほとんど「すべて」が当てはまりました。

「心が不健康な人」は、たぶん、いつも「他者」を基準にして生きているので、いつも
緊張している人なんですね~。

そして、「あ~しろ、こ~しろ、こうするな!」「~してあげるから、こーしなさい、
あーしなさい、それが当たり前」とか、

常に、「否定・批判・支配」する理由もわかりました・・・

そんな時、ちょっといろいろあって、感情にフタをしておくことが、難しくなり・・・

思い切ってセラピーの先生(前世療法・インナーチャイルド)の元を、
訪れました・・・

前世療法してもらおうと・・・

その先生は、ネットでいろいろなところを調べていて、なぜか、「この人だ!」と、
ピンときたのですね・・・

そして、会ってみると、本当に、暖かいハートの持ち主の素晴らしい方でした・・・

波長があった!という感じでした・・・

料金度外視で時間制限もなく、3時間以上も私の話を、聞いてくれました。

私の希望で、2回目のときは、「たまたま」趣味や、「地球での学びのコース?」が、
同じだったりして、昔からの知り合いのように話が盛り上がりました。

「フッと!」気づくと、お互いに、「その場の波動が上がっている?」みたいに、
感じました・・・

そして、時間がたつのも忘れていたようで、気づいたら5時間以上たっていました・・・

その後、駅までの帰り道、背中に羽が生えたように、体が軽くなり、宙に浮いたような、
ウキウキした足取りだったことを覚えています・・・

結局、「前世療法」は・・・

先生 『する~?』

私 『しなくてもいいみたい~』となり・・・やらなかったですけどね・・・


ただ、私は、1回目の後、思ったことをノートに綴り、その中で、気づいたことを、
2回目の時、セラピーの先生に見てもらいました。

「すばらしい!」と先生にたくさんほめてもらい、肯定してもらい、
とても自分に自信が持てた気がしました・・・

先生との雑談の中で、印象的だったのは、
私が、「2012年のマヤ暦の終わりのアセンション(次元上昇)について、
どう思いますか?」と聞いてみたら・・・

『そのことはわかりませんが、最近、相談に来られる多くの人は、本人は
バランスがとれているのに、どうして大変な思いをされているのだろうと
不思議でした。わかったことは、その人たちは「お役目の人」なんだと思いました。
つまり、それは、・・・「愛」なんですね。』というようなことを言われました。

本当にもうギブアップしそうな時は、専門家の人に助けてもらうことも
ありだと思います。

フタをして閉じ込めていた思い、感情を出しきることは必要なことだと思うから・・・

ただ、他の家族や友人とかに、ぶちまけることは、その後、『罪悪感」に
襲われるので、あんまりオススメではないかもですね・・・

それと・・・

「母病」は「母」の「母」から受け継ぎ、また、「子」へと引き継がれてしまうことも、
多いようです・・・

私は、「ストップさせるお役目の人」なのかもしれません・・・

そんな私の中にも、「受け継がれた種」があるはず・・・

「その種」を成長させないために、「母」は「そういう役を演じて見せてくれている
お役目の人」なのでは・・・と思うようにもなりました・・・

日本以外にも、たくさんの「母病」に関する本があります。

そこからも、たくさんの人たちが、症状の差はあれ、罹っているのかもしれません・・・

その中でも、受け止めすぎて苦しんでいる子どもの立場の人は、

「心が優しく、純粋な人」なのだと思います・・・

だけど、もう、自分を犠牲にすることもないし、罪悪感も持つ必要もない
と思います。

今までの世界は「恐れ」をベースに成り立っているので、ずーっとさかのぼっての
「親たち」を責めることも、できないかもしれませんね・・・

「セラピーの先生」の言っていた「愛」とは、「許(赦)す愛」「包み込む愛」
「人類愛」など・・・「愛情」ではない見返りを求めない「愛」のことだと思います・・・

私たちがめざす「究極の愛」、つまり、「無条件の愛」っていうのですね・・・

そして、すべてに『感謝』できるようになった時、

「母という病」は「完治した」と言えるのかもしれませんね・・・

少しでも、ひとりでも多くの人が、「母という病」に、サヨナラできますように・・・

そして、もう過去にとらわれずに、新しい世界に行きましょう!



EVAのおすすめ

この本は、いろいろな実例をあげて、書かれています。
解決の糸口が見つかるきっかけになればいいですね。

母という病 (一般書)

新品価格
¥1,470から
(2013/2/8 17:32時点)


















関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

eva

Author:eva
好きなことは本を読んだりDVD見たりすることです 元気で豊かに暮らすには? 日々妄想しながらお試し中です ワンちゃんが大好きです        

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。